猫が飼い主の枕の上で眠る7つの心理

猫が飼い主の枕の上で眠る7つの心理

猫が寝る位置で飼い主さんとの関係がわかります。あなたの猫はどこで寝ていますか?もしも猫が、飼い主の枕の上で寝ていればこんな心理があるようです。

20091view

猫が飼い主の枕の上で眠る心理

枕に寝る猫

1.安心感から

猫にとっての飼い主さんは、安心できる存在なのです。

飼い主さんの枕の上は、自分のテリトリーのようです。

飼い主さんのそばは、落ち着いて寝られるのでしょう。

2.大好きだから

人と顔をつけて目をつぶる猫

猫は好きな相手とは、距離感を縮めるようです。

枕の上で、同じような格好で寝ていたり目の前で寝るのは、大好きな存在なのです。

猫と飼い主さんは、親密な関係性と言えるでしょう。

3.甘えたいから

人と一緒に寝る猫

猫が飼い主の枕の上で眠るのは、甘えたいからです。

飼い主さんに顔を近づける仕草は、子猫気分なのです。

猫は、子猫時代に顔をくっつけ合って寝る習性があります。

つまり、飼い主さんに安心感や温もりを感じていたいのです。

4.寂しいから

ふて猫

猫は寂しいと寄ってくることから、寝る時も飼い主さんの枕の上で寝たいようです。

寂しい気分の時は、飼い主さんの近くにいたいようです。

飼い主さんの枕の上で眠ると心強いのでしょう。

5.心配だから

こちらを向く猫

猫が飼い主さんを心配している時にも、枕の上で一緒に寝ようとします。

飼い主さんを心配するあまりそばから離れられないようです。「守ろう」とする、献身的な猫の部分を垣間見れる事もあるのです。

6.匂いが気になるから

目を閉じる猫

飼い主さんの枕の上で眠るのは、匂いが気になるようです。

飼い主さんの頭や顔の匂いが好きなのでしょう。

頭に顔を突っ込んで寝ていることがあります。

飼い主さんの匂いを嗅ぎながら、寝たい気持ちがあるのでしょう。

7.飼い主が羨ましいから

扉の陰からこちらを見る猫

猫が飼い主の枕の上で寝るのは、羨ましい気持ちもあるようです。

猫が、他の猫の寝床が羨ましくなると、一緒に寝たり寝床を奪おうとすることがあります。

同じように、猫は飼い主さんの寝床が羨ましく見えているのかも知れません。

同じ格好をして布団から顔を出していれば、きっと真似をしているのでしょう。

寝る位置でわかること

赤ちゃんと猫

信頼関係

猫の寝る位置でわかるのは信頼関係です。

簡単に言えば、距離が近いほど信頼していると言えます。

猫が寂しい時、甘えたい時、守りたい時など信頼関係の深さがあると言えるでしょう。

猫の立場が上

猫が飼い主さんの上で寝るのは、飼い主よりも自分の立場が上と思っていることもあるようです。

飼い主さんの足元で寝る猫は、自分の立場が下と思っています。

しかし、飼い主さんの頭の上の位置にくるのは、飼い主さんを下に見ている可能性があると言えます。

必ずしもそうとは言えません。親心から、飼い主さんを見守ろうとしている気持ちとも考えられるからです。

距離感だけではわからない

白猫のアップ

たとえ、猫と飼い主の寝る位置が遠いからと言って信頼関係がないとは限りません。

猫の習慣から寝る場所も変わります。毎日同じ場所で眠るのは、癖のようなものです。

飼い主の横で寝ていても、朝には足元に移動している事がよくあります。

また、飼い主が眠ると離れて寝る猫もいます。信頼関係があっても、寝床は別々の癖がついていれば距離は遠くなってしまうのです。

まとめ

少女と猫

猫が飼い主の枕の上で寝るのは、信頼関係が深く関わっているようです。

猫にあまり警戒心がなく甘えん坊な場合は、飼い主さんの布団に一緒に入ってくる事が多いようです。

猫が寂しい時や甘えたい時は、飼い主さんのそばで寝たがるようです。

私の家では、布団に潜る猫と、私の頭に顔を埋めて寝る猫がいます。

メス猫は、離れて寝ていることが多いです。だいたい何日間かは同じ場所で眠りますが、気分や状況で寝床は変わります。

朝には、みんながまとまって寝ていることがほとんどです。

眠りにつくまで、飼い主のそばで一緒に寝てくれているのかも知れませんね。