猫を殺すと死刑?エジプトと猫の歴史とは

猫を殺すと死刑?エジプトと猫の歴史とは

エジプトと猫の歴史とは 猫を殺すと死刑?驚きの猫エピソードをまとめました。古代エジプトの歴史は猫なしには語れないと言われるほど、深い関わりがあったと考えられています。猫が描かれた壁画や猫のミイラなど、それらの歴史を証明するものも多いようです。この記事では、古代エジプトと猫の歴史、びっくりエピソードなどをご紹介します。

1011view

猫とエジプト人の最初の関係

エジプトの布と猫

猫と人間の暮らしの始まりは、古代エジプトにあると考えられています。古代エジプトと言えば、猫を崇拝していたというイメージが浸透していますが、元は穀物を荒らすネズミやヘビなどの害獣を駆除するために土着していた猫を家畜化していたと考えられています。

古代エジプトに土着していた猫は、ジャングルキャットとリビアヤマネコであり、比較的温和な気質を持つリビアヤマネコが、人との共存に深く関わることになったようです。

猫がエジプトで崇拝された経緯

巻物とバステト像

猫がエジプトで崇拝されるようになった経緯についてご紹介します。

エジプトのトーテミズム

トーテミズムとは、特定の集団(部族)や人物と宗教的に結び付けられた野生動物、植物のことを言います。つまり崇拝する対象のようなものですね。

エジプトは、様々な宗教的部族が入り混じっている土地であったと考えられており、それぞれの部族が動物などを精霊の化身と崇拝していました。紀元前3000年頃までは家畜やペットのように扱われていた猫ですが、紀元前2000年~1500年頃にはトーテミズムの対象として扱われるようになります。

この頃には既に厄災から身を護るお守りとされていた「魔法の短剣」に猫が描かれたり、未去勢のオス猫を「太陽神ラー」の象徴として壁画などに描かれたりするようになります。

猫信仰の全盛期

新王朝時代になるとエジプトの人々は更に猫に魅了され、大規模な猫信仰を開始するなど、猫の存在が「神格化」されるまでにそう時間は掛からなかったようです。その中でも有名なのは「バステト神」ですね。

バステトとは、ファラオの守護神などの役割を持つエジプト古来の神であり、初期は「パケト」と呼ばれるメスライオンの姿を持つ女神として崇拝されていました。しかし、時とともに猫へと姿を変えていき、多産の神としても信仰されるようになります。

猫の神話

エジプトで猫が崇拝されるようになった経緯については諸説あるものの、つまりは「エジプトの人々が、家畜として共に過ごすようになった猫の魅力に魅了された」ということなのかもしれませんね。(笑)また、猫の神話では猫を以下のように表現しています。

「ライオンの頭と月の形をした目を持ち、光と闇を司る」

強さの象徴であるライオンに似た姿を持ち、またその「瞳」は闇を切り払う力があるとも考えられていたようです。猫の瞳孔は、明るい場所では細く、暗い場所では大きくなりますよね。
このような瞳の動きを、闇の中でも希望の光を取り込む力に例えたようです。

有名な「スフィンクス」も、古代エジプトにおいてはファラオの顔とライオンの体を持つ神聖な神とされているなど、古代エジプトの信仰にはネコ科の動物が深く関わっていたようです。

このようなことを考えると、エジプト人が歴史に残るほどに猫に魅了されたのは宿命だったのかもしれませんね。(笑)

猫にまつわるエジプト人のびっくりエピソード

子猫と古代エジプト

猫を信仰していたエジプトの猫にまつわるびっくりエピソードをご紹介します。

猫のミイラ

古代エジプトでは猫が死ぬと、その家人は悲しみを表すために眉を剃り落とし、喪に服して葬ったというエピソードがあります。当時は、猫の遺体をミイラ化して手厚く葬ることが一般的であり、家人の財力に応じた猫専用の棺に入れられ、猫専用の墓に埋葬されていたようです。

猫を傷つけると死刑

古代エジプトでは、猫を殺すと死刑になったというエピソードもあります。
驚きなのは、故意に傷つけた場合はもちろんのこと、何らかのやむを得ない事故で猫を傷つけてしまった場合であったも、減刑は認められず死刑が執行されたという点ですね。

猫を守るため戦争に敗北

前述した「猫を殺すと死刑」という法律が定められていたほど、猫を愛し崇拝していたエジプト人ですが、その愛が国に破局をもたらしたと言われるエピソードもあります。

それは紀元前525年、エジプトがペルシアに侵攻を受けた時まで遡ります。
ペルシアはエジプトの猫愛を逆手に取り、進軍の際に盾として最前列にバステト像や猫を配置、それを見たエジプト兵は、猫に危害を加えることを恐れ、武器を捨て降伏したというエピソード。

このエピソードの真偽は不明なものの、エジプトの猫愛を示す伝承の一つとされています。

猫の糞は薬

エジプトの猫愛は、神格化だけに留まらず、薬として扱われることもあったと言われています。猫の糞や、事故などで死亡してしまった猫の脂肪などを用いて、腹痛薬や軟膏が作られていたようです。

家事発生時は猫優先

古代エジプトでは、火事の発生時には猫を守ることが最優先であったという記述が残っています。火を消すことよりも、猫が炎に飛び込まないよう監視することが優先されたなど、身を挺して猫を守っていたようです。

猫に関するびっくりエピソードを数多く持つ古代エジプトですが、その猫愛は今の時代でも見習いたいものですね。ただ、火事の際は猫はもちろん、火を消すこともしっかり考えましょう。(笑)

まとめ

古代エジプト猫の壁画

猫とエジプトの歴史についてご紹介しました。古代エジプトと猫の関係については、諸説あるものの、いずれにしても人々が猫を崇拝していたことには間違いなさそうですね。

特に古代エジプトと猫に関するびっくりエピソードは愛猫家の中で「見習うべき」と話題になることも多く、微笑ましいエピソードとしてSNSなどで拡散されることもあります。

中には度が過ぎているとも言えるエピソードもあるものの、その愛猫心は、是非現代でも受け継いでいきたいものです。

人気のキーワード