猫に焼き魚は食べさせても良い?注意する事や与え方

猫に焼き魚は食べさせても良い?注意する事や与え方

人間にとっては美味しく食べられる焼き魚。しかし猫の場合、人間用と全く同じ焼き魚を与えてしまうと体調不良を起こす可能性があります。そこで今回は、猫に焼き魚を与える際の与え方や注意点について詳しく紹介します。

951view

猫に焼き魚は大丈夫?

焼き魚と大根おろしで作った猫

結論からいうと、人間が食べている焼き魚を、そのまま猫に与えるのはNGです。

猫というと、「魚が好き」というイメージが強い生き物です。市販のキャットフードなど見てみると、「サーモン味」や「マグロ味」といった魚をベースにした商品も数多くあるため、猫は魚の味を好む傾向にあるといえるでしょう。

ですが、人間が食べている焼き魚を、そのまま猫に与えるのはNGなのです。ただし、魚自体は猫のからだにとってよい栄養をたくさん含んでいるため、調理の仕方や与え方に気を付けるのであれば、与えても問題ありません。

猫に焼き魚を与えるときの注意点

テーブルの上の焼き魚を狙う猫

猫に焼き魚を与えたいときには、必ず以下の項目を意識して守るようにしましょう。与え方を誤ってしまうと、猫のからだに大きなダメージを与えることになりかねません。

そのため、焼き魚を与えるときはキャットフードを与えるとき以上に、細かく注意を払う必要があります。それでは、具体的な注意点や与え方について順番に見ていきましょう。

しっかりと加熱をする

焼き魚を猫に与えるときは必ず、中までしっかり火が通っているかどうかを確認した上で与えましょう。中途半端な加熱で生っぽい状態だと、万が一魚の中に寄生虫がいた場合、感染症を起こす危険性があります。

なかでも激しい痛みを引き起こすことで知られているアニサキスは、猫にとっても害を及ぼす存在です。アニサキスが猫の体内に寄生すると胃を痛めつけてしまい、猫にとって大きなダメージとなるため、十分に注意する必要があります。

しかも、恐ろしいことにアニサキスの幼虫は、軽く温めただけでは死滅しないといわれています。そのため、アニサキスを含めた寄生虫を全て死滅さえるためにも、しっかりと火を通した焼き魚を与えてください。

味付きのものは与えない

焼き魚か見ている猫

人間が焼き魚を食べるときは塩を降ったり、醤油付きの大根おろしと一緒に食べたりします。しかし、この醤油や塩をいった調味料は、猫にとっては味が濃すぎるのです。

そのため、猫に焼き魚を与える場合は調味料を一切使わず、ただ焼いただけの魚を与えるようにしてください。

スーパーやコンビニなどで購入した焼き魚などには、すでに味付けがされていることが多いため、このような商品は猫に与えないようにしましょう。

また、人間が食べる焼き魚の一部を猫に分けてあげたいときは、まず味付けをしないで魚を焼き、猫に与える分だけ別にとってから、人間用に味付けするといった段取りで準備するのがおすすめです。

骨をとってあげてから与える

焼き魚には骨がついています。人間が焼き魚を食べるときは、お箸で器用に骨を取り除くことが可能ですが、猫の手や口では骨をとるといった器用な行動ができません。

万が一、魚の骨を猫が飲んでしまった場合、喉や胃、食道に刺さって体内を傷つける恐れがあります。そのため、必ず小骨を含めた全ての骨を取り除いた上で、猫に与えるようにしましょう。

また、猫に与える分の焼き魚は綺麗に骨を取り除いていたけど、飼い主さんの隙をついて人間が食べる分の焼き魚を猫が食べてしまい、その結果、骨が刺さったという例も多く見受けられます。

そのような事故を防ぐためにも、骨を取り除く前の魚は、猫の手が届かないような場所に保管しておきましょう。

青魚は極力与えない方がよい

サバやアジ、イワシといった青魚の場合、たとえ猫用に調理した焼き魚であっても、極力与えないことをおすすめします。というのも、青魚にはDHAやEPAといった不飽和脂肪酸という成分がたくさん含まれています。

猫がこの不飽和脂肪酸をたくさん摂取してしまうと、下腹部にしこりのようなものができる「イエローファット」という病気を引き起こす可能性があるのです。

そのため、猫に焼き魚を食べさせる時は、できるだけ青魚を避けて与えるようにしましょう。

まとめ

猫と黒板に書かれた焼き魚の絵

焼き魚には、猫のエネルギー源となるタンパク質がたくさん含まれています。そのため、与え方や与える魚の種類に注意すれば、猫の健康を保つ上で役立てることが可能です。

焼き方に注意したり、骨をとってあげたりといった手間は発生しますが、猫のからだを守るために必要なことなので怠らずに行いましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード