猫が水をこぼす4つの原因と対策

猫が水をこぼす4つの原因と対策

猫がなぜか辺り一面に水をこぼすので困ってしまうことありますよね。では、猫が水をこぼすのにはどのような原因が考えられるのでしょうか。今回は猫が水をこぼす原因4つと対策についてご紹介させていただきます。

1388view

猫が水をこぼすのはどうして?

水を飲んだ後に舌を出す猫

猫のためにせっかくキレイに飲み水を置いているのに、猫が辺り一面に水をまいてしまったり、お皿をひっくり返してしまったりすることがありますよね。猫が水をこぼすと掃除も大変なので、飼い主としては何とかしたいものです。

では、猫が水をこぼすのはどうしてなのでしょうか。ここでは、猫が水こぼす理由についてご紹介させていただきます。

1.水に手を入れるから

実は、猫によっては水を飲むときに前足で水を掻き出すようにして飲むことがあります。実際、私の飼っている猫もこのようにして水を飲んでいます。

猫が器用に右の前足を水の入った器に入れて、その手を舐めるという行動をしています。猫が前足で水をすくったときにこぼすので、あちこちに水がついてしまうのですね。

2.水遊びをしているから

猫がしょっちゅう水をこぼすようなことがあると、「水が嫌いなのかな」と思ってしまいますが、実は水遊びをしているだけのこともあります。

猫が水を前足ですくってこぼして遊んだり、水に顔をつけてプルプルとしたりして、あちこちにこぼすということもあるでしょう。

3.水が嫌だから

猫は水が嫌で、わざとひっくり返しているということもあります。猫はもともと水が苦手な動物です。というのも、大昔猫の先祖は砂漠に生息をしていたので「水」に触れる機会が少なかったのです。それにより、水を飲む機会も少なかったために、苦手としていることがあります。

しかし、猫は水を飲ませないと腎臓病などの病気になりやすくなってしまうので、対策をしなくてはいけないでしょう。

4.水を変えてほしいから

猫は非常に神経質な生き物です。飲み水が不衛生であると、飲みたくても飲まないようになってしまいます。そのようなときに、わざとひっくり返して飼い主に「水を変えてほしい」ということをアピールしていることがあります。

また、多頭飼いの場合には、他の猫が飲んだあとに水が飲みたくなくて、わざとこぼすということをしてしまうこともあるようです。

猫が水をこぼす対策

飲み水の入ったボウルの前に座る猫

猫が水を何度もこぼすと、掃除をしたところなのに!と飼い主さんも頭を悩ましてしまいますよね。そこでここでは、猫が水をこぼすときの対策についてご紹介させていただきます。

自動給水器にして猫が水をこぼさないようにする

猫の水入れでおすすめなのですが、自動給水器にすれば重量もアップするので、お皿をまるまるひっくり返される心配がなくなります。

器を大きいものに変えてみる

猫は水の入っている器が小さくて、お皿の縁にひげが当たるのが嫌で、お皿をひっくり返してしまうことがあります。

そのようなときには、器の大きさを変えて飲みやすいようにしてあげましょう。満足に水を飲むことができれば、こぼす機会も減るかもしれません。

水をひっくり返らないようにする

猫が水の入った器をひっくり返してこぼすようなことがあるときには、お皿を固定して水をこぼれないようにしてしまいましょう。

具体的には、器を固定するということがおすすめです。タッパーなどをお皿サイズにくりぬき、お皿を固定して滑らないように耐震マットを敷くのがおすすめです。

滑らないシートを敷くことで、さらにお皿が安定しますので是非取り入れてみてください。

猫が水をこぼすときの注意点

白いお皿に入った水を飲む猫

猫が水をこぼすときに、飼い主さんは掃除や対策法を真っ先に考えられると思いますが、気を付けることもあります。そこでここでは、猫が水をこぼすときの注意点についてご紹介させていただきます。

猫が水をこぼすときの注意点としては、こぼしているときにも「きちんと水を飲んでいるか」ということです。水をこぼすときに、猫がきちんと水を飲んでいるかチェックをしてみてください。猫が水を飲んでいないと腎臓病などの病気になってしまうこともあります。

もし、猫が水をこぼして飲んでいる様子がなければ、

  • 器の大きさを変える
  • 水の種類を変える
  • 水の温度を変える

などという対策をしてみてくださいね。

水の種類は、水道水から軟水に変えたりしてみてください。硬水は尿結石などの原因にもなってしまうので避けてくださいね。

また、冬場であれば、飲み水が冷たくて嫌でひっくり返してしまっていることもあるので、温かいものを準備してあげるのも1つの手段でしょう。

まとめ

水の入った容器に手を入れる猫

猫が水をこぼすときの原因としては、

  • 水に手を入れるから
  • 水で遊んでいるから
  • 水が嫌だから
  • 水を変えてほしいから

これらのような理由によって水をこぼすということがあります。

猫が水をこぼすときには、自動給水器を使ってみたり、器を変えたり、こぼさなくなるようにお皿を固定したり、上記でご紹介した対策を試してみてください。また、用意してある水を猫が嫌がってこぼすことも考えられるので、水を水道水ではなく軟水にしてみたり、冬場にはあたたかい水にしてあげたりしてみてもよいかも知れませんね。

人気のキーワード