キャットフード、缶詰だけだと栄養が偏ってしまうの知っていますか?

キャットフード、缶詰だけだと栄養が偏ってしまうの知っていますか?

猫ちゃんにどんなご飯をあげていますか?ドライフード?缶詰?猫の健康を守るための正しいキャットフードの選び方を詳しく説明します。

2176view

キャットフードには2種類あるのを知っていますか?

ドライフード

いつもあげているキャットフード、買う時に表示を気にして購入していますか?キャットフードには「総合栄養食」と「一般食」という2種類のものがあります。

知らずに猫ちゃんの好みだけで与えていると栄養素が片寄ってしまう可能性があるんです。

総合栄養食

キャットフード箱の表示

写真のキャットフードには「総合栄養食」と書かれています。

このように総合栄養食と表示のあるものは猫の体に必要な栄養素を基本的に十分含んでいるフードです。そのため、この表示のあるキャットフードと新鮮な水があれば、必要な栄養素は十分とれるということになります。

「総合栄養食」は猫ちゃんの主食にするのにふさわしいキャットフードです。総合栄養食と表示をするためにはペットフード公正取引協議会、または米国飼料検査官協会成分分析による検査を受けなければなりません。

猫ちゃんの食事はこの「総合栄養食」という表示のあるものを選びましょう。注意する点はおなじ「総合栄養食」といっても原材料は様々で中には粗悪な材料で作られている可能性のあるものもあります。

できれば原材料表を確認して、確かな材料で作られたものを選ぶことをおすすめします。

一般食

缶詰の表示

こちらの缶詰には「一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)」と書かれています。一般食と表示のあるキャットフードは主に食感や香りなど、猫の嗜好に合わせて作られていて、栄養素に関しては特に基準がありません。

表示にもある通り、総合栄養食の補助食品として与えるのが正しい使い方です。ウエットタイプの缶詰やチューブのキャットフードは猫ちゃんの食の楽しみのひとつとして間食などで与えましょう。

ただウエットタイプのキャットフードは猫の食欲が無い時などの栄養補給や水分補給として役立つものでもあります。総合栄養食とのバランスを上手に取りながら与えると猫ちゃんのストレス解消にもなります。

その他、老猫や病気を持った子のキャットフード

「総合栄養食」を主食にするのが基本ですが、老猫や病気を持った猫ちゃんはドライフードでは量が食べられなかったり、水分が不足しがちな場合もあります。

そんな猫ちゃんには缶詰やスープタイプのキャットフードでカロリー補給をしたり、水分補給をするのは良い事です。

最近のキャットフードには老猫用のやわらかめのドライフードや細かく具を砕いたウエットタイプのフードなどもあるので探してみましょう。

持病を持った猫ちゃん用のフードも多く出回るようになっていますので、獣医師などに相談するといいでしょう。

まとめ

青いお皿と猫

愛猫には元気で長生きしてほしいですよね。
キャットフードの「総合栄養食」と「一般食」。その意味をしっかり把握して正しい食事を猫ちゃんに与えましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード