猫に鎖骨がない理由とメリット、他の動物との違い

猫に鎖骨がない理由とメリット、他の動物との違い

猫には鎖骨がないことをご存じですか?人間にはたくさんあるのに猫には鎖骨がありません。その違いはどのようなことがあり、鎖骨がないメリットはどのようなことがあるのでしょうか。今回は「猫に鎖骨がない理由!そのメリットと鎖骨がある動物との違い」についてご紹介させていただきます。

990view

猫に鎖骨がない3つの理由

狭い箱に入ってくつろぐ猫

猫に鎖骨がない理由は、どのようなことが考えられるのでしょうか。

皆さんは、猫に鎖骨がないことを知っていますか。
猫を抱っこするときには、「鎖骨がないので気を付けなくてはいけない」「すり抜けるから気を付けて」などと、よく言われますよね。

人間には鎖骨があるのに、どうして猫には鎖骨がないのでしょうか。
そこでここでは、猫に鎖骨がない理由についてご紹介させていただきます。

猫は鎖骨が退化した

人間も猫も同じ哺乳類です。人間や猫は、臓器や骨など保有している種類はほとんど同じなのですが、唯一違うことが「鎖骨の有無」です。

人間の鎖骨は、胸骨と肩をつなぐ骨の役割をしています。しかし、猫は鎖骨のあった痕跡はあるのですが、鎖骨自体は全く残っていません。その理由はなぜなのでしょうか。

その理由として、猫は四本足で歩行をするので、「前足を前後に動かすだけで良い」ため鎖骨が退化をしました。

猫は鎖骨が必要なかった

猫は餌を食べたり何かをしたりするときに、前足だけを特に必要とすることがなく、昔、狩猟をしていた猫にとっては、走ることなどが特に重要でした。機能的に猫には、鎖骨が必要ないということが理由によって、鎖骨が退化してなくなったのです。

猫に派鎖骨が全くないと言う訳ではない

また、動物病院などでレントゲンを撮ると鎖骨が全くないわけではなく写ります。しかし、これは小さく痕跡程度に残ったものが写っているんですね。

猫に鎖骨がないことによるメリット

ベンチの上で伸びる猫

猫に鎖骨がないことによるメリットはどのようなことがあるのでしょうか。
人間にはできなくて猫にはできること...、考えてみればたくさんありますよね。

人間とは違って、鎖骨がないことによって猫には様々なメリットがあります。
そこでここでは、猫に鎖骨がないことによるメリットについてご紹介させていただきます。

猫は鎖骨がないので体が柔軟

柔軟性がある姿勢で丸くなれるのは、鎖骨がないからだと言われています。
猫は丸い姿勢や狭いスペースで寝るなど、人間にはできないような体勢で眠ることができますよね。鎖骨がないことによって、このように様々な姿勢で寝ることができ、猫の身体能力が優れ、体が柔らかいのも鎖骨がないからです。

運動能力が向上した

猫の鎖骨は退化し、なくなったものの運動能力はそのぶん向上しました。
前足を伸ばして走る筋肉が他の動物よりもあるので、猫やチーター、ヒョウなどのネコ科は運動神経が優れているんですね。

骨折をしにくいのは鎖骨がないから

鎖骨は骨折をしやすい骨です。人間が骨折をするのもそのうちの1割程度が鎖骨骨折が原因になっています。猫は折れやすい鎖骨がないので、日頃から怪我をすることがあまりないんですね。

狭い所をすり抜けられるのは鎖骨がないから

猫は自分より幅が狭そうな場所でも、うまく通り抜けることができます。
これは鎖骨がないからなんです。鎖骨がないと、前足が体の前側につくので、「肩幅」を狭くすることができるからです。それにより、閉まりかけの扉などの細い隙間を通ることができるんですね。

鎖骨がある動物との違い

狭い入れ物に入る猫

鎖骨がある動物との違いはどのようなことがあるのでしょうか。人間のように鎖骨がある動物と、鎖骨がない動物との違いは具体的にあるのか知りたいですよね。

鎖骨のある動物

鎖骨がある動物との違いとして、「前足を使うかどうか」に違いがあります。
鎖骨がある動物と言えば、

  • ウサギ
  • サルやチンパンジーなどの霊長類
  • ハムスターやネズミなどのげっ歯類

などがあげられます。

鎖骨がない動物

一方で鎖骨がない動物は、

などがあげられます。

この動物たちの違いと言えば「前足」です。人間やウサギ、ハムスターなどは餌(食べ物)を手(前足)を使って食べますよね。猫や犬は前かがみになって手を使わずに餌を食べます。この違いが鎖骨の有無に関係をしているのです。

器用な前足が必要な動物はこれからも鎖骨がありつづけ、走ることに長けた動物や前足を器用に使う必要がない動物たちは今後も鎖骨が退化していくことでしょう。

まとめ

ハムスターと子猫
  • 人間やサルなどの霊長類
  • ウサギ
  • ハムスターやネズミなどのげっ歯類

これらのような動物には鎖骨がありますが、猫や犬には鎖骨がありません。

鎖骨は、餌を食べたり、前足を器用に使ったりしなければいけない動物にとっては、必要なので残っているのですが、猫は前足を使って餌を食べる必要がないので大昔に退化をしたと言われています。

猫は鎖骨がないことによって、

  • 狭い場所を通ることができる
  • 柔軟性がある

これらのようなメリットがあります。
また鎖骨がないことによって前足を使って素早く走ることができる筋肉があるんですね。鎖骨は折れやすい骨なので、猫にあれば怪我ばかりをしてしまいます。

猫に鎖骨がないのは、日頃から過ごしている環境に適応した体へと変化をした証ということなんですね。

女性 匿名

ネコ 鎖骨 ある と思う 
触ったら あるみたい なのだけど
違う骨?
人気のキーワード