猫の模様11選!種類を一挙ご紹介!

猫の模様11選!種類を一挙ご紹介!

白、黒、キジトラ、サバトラ、茶トラ…など猫の模様にも色々な種類がありますね。以前までは猫と言えば「三毛!」というイメージが強くありましたが、時代の流れと共に猫の模様の種類が増えて現在では飼い主さんによって猫のイメージが違いますね。では、どの模様が今一番人気と言えるのでしょうか?。今回は猫好き必見の「猫の模様の種類を一挙ご紹介!今、人気のおすすめ模様11選」をご紹介します。

2555view

猫の模様の種類について

青空をバックにジャンプする猫

実は、猫の模様の種類は大きく分けて24種類ほどあると言われています。この24種類とは、猫達の毛色の組み合わせのベースになっている毛色と模様のことを含めます。

例えば「サバトラ(毛色)と白混ざり(模様)であればサバシロ」と呼ばれ、これにトビ柄(模様)が入ると「サバシロトビ」と呼ばれますね。

このため、実際には猫の毛色と模様の組合せは1000通り以上あるということです。猫の模様の24種類の毛色と模様については、以下をご参考にしてみてくださいね。

猫の模様の24種類(毛色16種類)

  • 白(単色)
  • 黒(単色)
  • グレー(ブルー、単色)
  • 茶トラ
  • キジトラ
  • サバトラ
  • 三毛
  • サビ(8種類)

猫の模様の24種類のうち以上の16種類の毛色が猫の模様のベースに含まれています。

猫の模様の24種類(模様8種類)

  • 全身模様
  • 白混ざり
  • トビ柄
  • 薄模様(4種類)

猫の模様の24種類のうち以上の8種類の模様が猫の模様のベースとして含まれています。

今人気の猫の模様の種類ランキング

うちわを持って眠る猫

今人気の猫の模様の種類と聞かれたとき、飼い主の皆さんは、どんな猫の模様を思い浮かべるでしょうか?

まずは、アイリスペットどっとコムが行った2018年の猫柄ベスト10に入った、今人気の猫の模様の種類ランキングをご紹介させていただきます!それでは、以下をご覧ください。

10位.灰色(グレー)
9位.サバトラ
8位.キジトラ白
7位.三毛
6位.茶トラ白
5位.白
4位.黒
3位.茶トラ
2位.黒白
1位.キジトラ

2018年の猫柄ベスト10では、1位はキジトラとなりました。今、もっとも猫好きの皆さんから注目されている人気の猫の模様の種類はキジトラということですね。

今人気の猫の模様の種類11選

さて、「おすすめは1位のキジトラ!」と言いたいところですが…猫達はどんな柄も可愛いですよね。まだまだ魅力的な猫の模様の種類もありますので、今人気の猫の模様の種類11選を更に詳しく見ていきましょう!

猫を飼いたいなと思われている方も気になる猫の模様の種類があれば、ぜひご参考にしてみてくださいね。

1.サビ

遠くを見つめるサビ猫

一般的にサビ猫と呼ばれることの多い「サビ」は猫の模様の一種類です。サビ(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせてサビ猫と呼ばれています。

サビ猫の模様は、三毛猫から白を抜いた毛色のため、黒色と茶色が混ざった毛色をしています。また、三毛猫と同じでサビ猫のほとんどが女の子とされています。

性格は気ままなお姫様のようなタイプです。

2.灰色(グレー)

ベッドでくつろぐグレーの猫

猫の模様の一種類である灰色の毛色は、グレー又はブルーと呼ばれています。ブルー(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせた猫で、代表的な存在がロシアンブルーですね。

実は、ブルーやグレーの毛色を持つ猫は野生にはほとんど存在しないため、人懐っこく温厚な性格の猫が多いとされています。

3.サバトラ

道路で休むサバトラ

一般的にサバトラと呼ばれる毛色は、猫の模様の一種類です。サバトラ(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせてサバトラと呼ばれています。

もちろん、名前の由来はサバ(魚)の模様に似ているから…ということのようです。サバトラの性格は、「気難しい神経質な猫」と「人懐っこく甘えん坊」な2タイプに分かれているとされています。

4.キジトラ白

ソファーで横になるキジトラ白

猫の模様の一種類であるキジトラ白は、キジトラ(毛色)と白混ざり(模様)を組み合わせてキジ白と呼ばれています。

キジ白の模様は、キジトラの毛色と鼻先や顎下からお腹、足先にかけて白い毛色があります。キジトラ白の性格は、キジトラと同じで猫本来の性格をしており、警戒心が強く神経質な一面と、遊び好きで甘えん坊と言われています。

5.三毛

カーペットの上で横になる三毛猫

一般的に三毛猫と呼ばれることの多い「三毛」は、猫の模様の種類の一種類です。三毛(毛色)と白混ざり(模様)を組み合わせて三毛猫と呼ばれています。

三毛猫には名前の通り、黒色、茶色、白色の3色の毛色があります。三毛猫の毛色の遺伝子の組合せでは、オス猫が生まれてこないとされており、オス猫は遺伝子の突然変異でのみ生まれてくるため、三毛猫のほとんどが女の子です。

三毛猫の性格はサビ猫と同じ、気ままなお姫様のようなタイプとされています。

6.茶トラ白

首を傾げて見つめる茶トラ白

猫の模様の一種類である茶トラ白は、茶トラ(毛色)と白混ざり(模様)を組み合わせて「茶白」と呼ばれています。

茶白の模様は、茶トラの毛色と鼻先や顎下からお腹、足先にかけて白い毛色があります。茶白は、サビ猫とは逆で遺伝子的にオス猫が生まれやすく、メス猫が生まれにくいため、茶白の性格は、「やんちゃで甘えん坊」とオス猫で例えられることが多いです。

7.白

窓辺で休むオッドアイの白猫

一般的に白猫と呼ばれることの多い「白」は、猫の模様の種類の一種類です。白(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせて白猫と呼ばれています。

白と言う毛色は、野生で目立ちやすいため白猫の性格は警戒心が強く、神経質で怖がりと言われる反面、飼い主にはべったり甘えるという一面を持ちます。

8.黒

布団の上でくつろぐ赤い首輪の黒猫

猫の模様の一種類である黒は、黒(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせて「黒猫」又は、「カラス猫」と呼ばれています。白猫とは逆に、黒猫の性格は穏やかで人懐っこいと言われています。

これは、白猫が野生で外敵に見つかりやすい白であったのとは逆に、黒猫の被毛が外敵に見つかりにくい黒であったため、白猫ほど警戒心が強くならなかったと考えられています。

9.茶トラ

鏡餅の横で眠る茶トラ猫

猫の模様の一種類である茶トラは、茶トラ(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせて「茶トラ」又は、「ヤスネコ」と呼ばれています。

茶トラは茶白と同じく、遺伝子的にオス猫が生まれやすく、メス猫が生まれにくいため、性格は「やんちゃで甘えん坊」とオス猫で例えられることが多いです。

10.黒白

花畑で振り返るハチワレ猫

一般的に黒白(ハチワレ)と呼ばれることの多い「黒白」は、猫の模様の種類の一種類です。黒(毛色)と白混ざり(模様)を組み合わせて黒白(ハチワレ)と呼ばれています。

額の黒色部分が左右に分かれている様が、末広がりに見えて縁起が良いとされる模様の猫です。黒白の猫の性格は好奇心旺盛、遊ぶことが大好きで甘えん坊と言われています。

11.キジトラ

上を見つめるキジトラ猫

猫の模様の一種類であるキジトラは、キジトラ(毛色)と全身模様(模様)を組み合わせてキジトラと呼ばれています。

また、黒と茶色の縞模様のキジトラは猫本来の柄であり、祖先の「リビアヤマネコ」に近い野生的な部分を最も残している猫とされます。

キジトラの性格は、キジトラ白と同じで猫本来の性格をしており、警戒心が強く神経質な一面と遊び好きで甘えん坊と言われています。

まとめ

様々な模様の猫たち

今回は、猫の模様の種類を一挙ご紹介!今、人気のおすすめ模様11選をご紹介させていただきました。2018年の猫柄ベスト10で1位になったキジトラも魅力的ですが、白、黒、茶トラ、三毛…猫達はどんな毛色や模様も可愛くて魅力的ですね。

猫たちの毛色と模様の組合せは1000通り以上あるというので、もし今回ご紹介した猫の模様の種類にピンと来なかった方も、これ!と思うような好みの猫たちにもいつか出会えそうな気がします。ぜひ、じっくり探してお気に入りの子を見つけてあげてくださいね。

人気のキーワード