猫にクレゾール(消毒液)が危険な理由と対処法

猫にクレゾール(消毒液)が危険な理由と対処法

猫にクレゾールは大変危険なことをご存じですか?まだこのことは認知度が低いために猫避けにクレゾールを使ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。では、猫にクレゾールはどうして危険なのでしょうか。今回は「猫にクレゾール(消毒液)が危険な理由と対処法」についてご紹介させていただきます。

4277view

猫にクレゾールを使ってはいけない理由

猫と薬品

猫にクレゾールを使ってはいけない理由はどのようなことが考えられるのでしょうか。

野良猫が庭やガレージに糞尿をしてしまったり臭いが気になるとクレゾールを使って猫避け対策をしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

事実猫避けに一時的に効果があるので様々なサイトでは「クレゾールは猫避けに有効」だと紹介されています。しかし、猫にクレゾールは絶対に使ってはいけません。

では、その理由はどのようなことが考えられるのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

クレゾールとは何か

そもそもクレゾールとは皆さんはどのようなものかご存じですか?クレゾールとは薬局やスーパーなどでも販売をされているのですがメチルフェノールとも呼ぶ「消毒液」のことです。

歯科でも使っていることがあるので「独特の臭い」と言えばピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。このクレゾールは臭いや毒性が近年問題視されて使用をやめているところも増えてきています。

そんな劇薬を猫避け対策にあちこちに撒いてしまうと猫に様々な危険があります。

皮膚炎など炎症を起こしてしまう

猫にとってクレゾールは火傷や皮膚炎などの炎症の原因になってしまいます。猫避けに対策をしたつもりでクレゾールを庭やガレージに撒いてしまうと猫は原液に触れるだけで

  • 火傷
  • 皮膚のただれ
  • 皮膚の炎症

などを引き起こしてしまいます。また、もし猫がクレゾールに触れて体内に浸透してしまうと様々な臓器にも悪影響があります。

最悪の場合死に至る

クレゾールは劇薬です。人間が臭っただけでも気分が悪くなるようなものを庭やガレージに猫避け対策として撒いてしまうと猫はクレゾール中毒を引き起こしてしまう可能性もあります。

過去にも例があるのですが、最悪の場合はクレゾールに近づいた野良猫が亡くなってしまう可能性もあります。

猫にクレゾールを使ってしまった時の対処法

猫と薬

猫にクレゾールを使ってしまった時の対処法はどのようにすれば良いのでしょうか。

猫の糞尿被害が多いと対策方法を誤ってクレゾールを使ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。そのような時の対処法はどのようにすれば良いのでしょうか。できる対処をご紹介させていただきます。

野良猫がクレゾールに触れたなら必ず病院へ連れて行く

猫避け対策として使ったつもりが、その野良猫がもし亡くなってしまっては後悔してしまいますよね。猫がクレゾールに触れてしまうと、体内に浸透して飲んでしまったときと同じほどの症状がでます。

まず、猫がクレゾールに触れてしまったときには一刻も早く動物病院へ連れて行くことが大切です。もし、火傷などの症状があれば早急に措置をとってもらいましょう。

撒いてしまったクレゾールを落とす

クレゾールは撒いてから一時的ではありますが、効果を発揮します。その間に野良猫が近寄るとたくさんの猫が火傷や皮膚炎、瀕死状態になってしまう可能性もあります。

ですので、撒いてしまったクレゾールは必ずすぐに落としましょう。臭いがなかなかとれにくいのですが、クレゾールは弱アルカリ性ですので酸性のレモン汁などを吹き掛けて中和させるようにしてください。

猫だけに限らず自宅周辺を通った人が気分を悪くしてしまう可能性もあるのできちんと対処をしてください。

野良猫にクレゾールを使わずに猫避け対策をするには?

猫と病院

野良猫にクレゾールを使わずに猫避け対策をするにはどのようにすれば良いのでしょうか。猫避け対策としてクレゾールを撒いてしまったら猫は火傷などをしてしまうのでいけませんよね。

そんなことになってしまわないようにするためにも野良猫にクレゾールを使わずに猫避け対策をするにはどのようにすれば良いのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

柑橘系の臭いをつける

猫の体に悪影響がなく、猫避けの効果があるのが「柑橘系の臭いをつける」ということです。猫はレモンやオレンジなどの柑橘系の臭いが苦手です。

霧吹などで壁や車のタイヤなどに吹き掛けておけば猫避け対策になるでしょう。

スプリンクラーを使う

猫が植え木などがある庭で糞尿被害があるときには、クレゾールは絶対に使わないで「スプリンクラー」を使うという方法もあります。

スプリンクラーは、植え木にも役立ちますし猫避けも効果抜群です。猫は水が苦手なので、是非スプリンクラーを活用してみてください。

超音波センサーを使う

猫は高い音が苦手です。野良猫をなるべく庭やガレージに近寄ることがないようにするには「猫避けグッズ」を使うのがおすすめです。特に超音波センサーであれば、効果があるので使ってみてくださいね。

ハイターを撒く

猫避け対策として自宅のもので簡単にできるのが「ハイター」を使うことです。ハイターを水で5~10倍に薄めて、糞尿被害が酷いところに吹き掛けてみましょう。そうすればクレゾールを使わなくても猫避けに効果がありますよ。

まとめ

スポンジと猫

猫にとってクレゾールは危険です。猫避け対策に効果があるとサイトでは掲載されていることもあるかもしれませんが、猫の命にも関わるので絶対にクレゾールは使わないでください。クレゾール以外でも猫避け対策はできます。柑橘系の臭いをつけてみたり、薄めたハイターを使うなど猫の健康被害がない程度に対策をしてください。