実は暑い以外のサインも…!?猫が涼む6つの場所

実は暑い以外のサインも…!?猫が涼む6つの場所

部屋の温度管理が出来ていないと、猫がバテてしまいます。涼しい場所を探すのが上手な猫ですが、暑い時に猫がいる場所と、猫が快適に過ごすために大事なことを書きました。

2036view

猫の好む避暑地

洗濯機の上で眠る猫

暑い日に、クーラーや扇風機を付けて温度を下げますが、暑いときに猫は涼しい場所に行きます。外で暮らす猫は、日の当たらない物陰にいることが多いのです。

では家の中で暮らす猫は、どこを避暑地としているのかをあげてみたいと思います。

  • 1キッチンの流し台
  • 2洗面台
  • 3玄関の床
  • 4お風呂の床
  • 5部屋の日陰
  • 6壁際

涼しい場所の見つけ方

猫は、家の中の涼しい場所を見つけることができるようです。しっかりと涼める場所を知っているのです。水の出る所が、選ばれやすいみたいですね。

玄関や窓と言った、空気の出入りする所も好むようです。猫は肉球に、汗腺がありそこで唯一、汗をかきます。猫の肉球が熱く湿っているときは、暑がっているということになります。

その肉球で、涼しい避暑地を探す手段にしているようです。

涼しい場所を求めるのは暑いからだけではない

フローリングに寝そべる猫

猫が涼しい場所を求めて移動するのは、暑いというのはもちろんですが、それだけではないのです。

エアコンが苦手

部屋の中を、クーラーで快適な温度にしているはずでも別の部屋に移動することもあります。クーラーを苦手とする猫も中には、いるようです。クーラーの付いている部屋が、猫にとっては寒すぎるのも理由で、ちょうど良い温度の所に移動していくのです。

落ち着かない

猫は、部屋が涼しくても落ち着ける環境でなければそこから移動します。涼しくても、明るく人通りがある場所より、暗くて静かな場所が落ち着くようです。

猫が快適に過ごすためには

外のブロックに乗る猫

1日のうちで、最も気温が高いのは日中です。まだ涼しい朝などは、エアコンを付けない人もいると思います。

しかし猫は、人間の体温よりも2度ほど高いので、常に部屋の温度28℃に保つようにしましょう。

エアコン、扇風機の風が直接あたるのを嫌がる猫も多いので、部屋を閉め切らないように好きな所に移動できるようにしましょう。

また、猫が好む場所の安全を確認して、扉を解放してあげる、水飲み場を増やすといいと思います。

猫によっては、暑がりな猫もいれば寒がりな猫もいます。猫それぞれ好む、涼しい場所は違うのです。

まとめ

うちわと扇子と猫

家の中を、避暑地に例えて見ました。

特に今年は暑いので、熱中症には気をつけなければ行けません。

猫は涼しい場所を探すのが得意と言われています。

エアコンの部屋だけが避暑地ではなく、快適に過ごせる所が避暑地になるのかも知れません。

スポンサーリンク