感染症で視力を失ってしまった猫と同様の境遇の子猫との運命の出会い

感染症で視力を失ってしまった猫と同様の境遇の子猫との運命の出会い

感染症にかかって視力を失った猫は、同じような境遇の子猫と運命の出会いを果たします。その子猫は、保護されたのが早かったため、 幸い視力を失うことはありませんでした。やがて、この子猫は盲目の猫の目になりました…

1262view

盲目となった猫とある子猫の運命の出会い

盲目の猫”タフィー”

”タフィー”と名付けられたシマ猫は、通りで保護されました。タフィーは目の感染症にかかっていてそのせいで視力を失ってしまいました。

タフィーは、カナダのオンタリオ州のシェルターに収容されました。

彼は、とても人懐っこく甘えん坊で、お世話係のスタッフの注意をいつもひこうとしていました。

保護団体へ

しばらくして、タフィーはChatons Orphelins Montréal (COM)という動物愛護団体に引き取られました。

「タフィーは、当団体施設につくとすぐにケージから出てきました。そしてスタッフたちの注意を引こうとして、小さな音を立てました。」と同団体のスタッフは語りました。

一時預かりさんへ

タフィーはその後一時預かりのナディアさんの家で過ごすことになりました。

母猫から飼育放棄された子猫

ある日、ナディアさんの家へ別の保護猫がやってきました。

黒と白のブチ模様のメスの子猫は生後5週間くらいで、モントリオールの通りに1匹でいたところを保護されました。

彼女は、母猫に置いてきぼりにされました。

それを見かねた女性が、子猫をCOMに連れて来てくれたので、この子は助かりました。

ベッティーナ

子猫は”ベッティーナ”と名付けられました。

「ベッティーナは、保護された時、目の感染症にかかっていて、更にお腹の中に寄生虫がいて、体も大変汚れていました。」とCOMのセリーヌさんは語りました。

COMは治療をして、ベッティーナの健康と食欲を取り戻すことに成功しました。

それ以来ベッティーナは食べることが大好きになったそうです。

ベッティーナは健康になって、初めてお腹いっぱいに食べる事を経験しました。

顔合わせ

ベッティーナが健康になったことで、ナディアさんはタフィーと会わせてみました。

ベッティーナはタフィーの事が気に入ったようで、タフィーの後をついて回るようになりました。

タフィーもベッティーナに興味を持ちました。

タフィーはベッティーナが繰り出す新しい音に非常に関心を示しました。

仲良し

2匹は急速に仲良しになりました。

ナディアさんは、2匹が昼寝の時に抱き合っているのを見つけました。

2匹はいつも一緒に行動するようになりました。

ベッティーナはタフィーを新しい場所に導いて、とても行動的にしています。

ベッティーナはタフィーの妹みたいな存在となりました。

ベスト・パートナー

「ベッティーナはタフィーの目となっています。タフィーにはそういうパートナーが必要でした。そういう意味で、ベッティーナは完璧な役割を果たしています。」とセリーヌさんは語りました。

ベッティーナがタフィーから離れると、タフィーはベッティーナを探します。2匹はもう離れられない大切な存在となっています。

「ベッティーナはタフィ―の目の代わりになって、盲目のタフィーの日常を楽しいものへと変えています。」とセリーヌさん。

里親

先週、ベッティーナとタフィーはとうとう里親さんを見つけました。

2匹とも同じ家に引き取られたのです!

2匹は、永久に一緒に暮らせることになったのです!

COMのスタッフたちは、本当に喜びました!

2匹が引き取られた家には、先住猫のチェスターがいましたが、わずか1週間で3匹は一緒に寝るほど仲良しになったそうです。

ハッピーエンディングです!

最後に

これは、カナダのオンタリオと、モントリオールという、まったく別の場所で保護された2匹の猫達が、運命の出会いを果たすというお話でした。

盲目のタフィーに対して、自然にベッティーナがタフィーの視力になる…
そして2匹一緒に里親さんに迎えられる…

本当に素晴らしい出来事でした!

人気のキーワード