飼い主や猫同士でも!猫が攻撃してくる8つの理由

飼い主や猫同士でも!猫が攻撃してくる8つの理由

「猫が攻撃的になる」と聞いたらちょっと怖いと思ってしまいますよね。しかし、猫が攻撃を仕掛けるのは理由があります。どんなに大人しい猫でも猫同士はまた違います。猫の攻撃する理由と対処法をまとめました。

2668view

猫が飼い主に攻撃的な4つの理由

飼い主の手を噛む猫

猫と遊んでいると、じゃれていたのにスイッチが入り飛びついてきたり、何もしていない飼い主さんに向かって攻撃的な行動をとったりすることがあるのです。猫が飼い主さんに、攻撃的になる理由をあげてみます。

1.遊んでほしい、構ってほしい

猫は、寝るのが仕事と言われていますが退屈しのぎに寝ていることもあります。飼い主さんに遊んでほしい、構ってほしいと言う気持ちから誘い攻撃をしているのです。

2.嫌なことをされた

過去に人間に嫌なことをされた記憶がある場合、攻撃的な態度をとることがあります。また、病院に連れていったり、爪切りをしたり、それが猫の心に嫌な記憶として残ることもあります。

3.狩猟本能によるもの

飼い主さんの手足に噛み付いたり、猫キックやパンチをして一人で興奮したりして、攻撃的になることがあります。飼い主さんの、手や足の動きが気になってしまい遊び道具になっているのかも知れません。

4.ストレス

猫が攻撃的になるのは、ストレスから来るものです。

気づいていないだけかも知れません。大きな声や音、言い争いなど落ち着かない空間を作っていませんか?また、トイレが汚い、お腹が空いて我慢できないときにも、攻撃的になることがあるのです。

猫同士で攻撃的になる4つの理由

猫に噛み付く猫

多頭飼いをしている家では、猫が猫に攻撃的な態度をとるのを、目にしたことがあるかも知れません。猫が猫に、どんな理由で攻撃的になるのかをあげてみます。

1.遊ぼうと誘っている

猫が猫の足に噛み付いたり、両手を広げて飛びついたりして、一方が遊びに誘います。待ち伏せしたり、相手を驚かせたりして「一緒に遊ぼう」と攻撃を仕掛けます。

2.じゃれ合いがエスカレートした

戦う猫達

遊びに誘い、走り回ってはしゃいでいたのが、ケンカに変わることもあります。どこでどうスイッチが入ったかは分かりませんが、しつこいと嫌がる猫もいるので「やめろ」と攻撃的になることもあるようです。

3.縄張り争い

室内で飼っていれば、家の中が猫たちのテリトリーになります。

多頭飼いによくあるのが、テリトリーの主張と言われています。猫は、優位と劣位の確認を取ろうとする習性があるそうです。寝ている猫に攻撃的になり、寝場所を奪い合う場面をよく見かけます。

4.八つ当たり

猫が猫に八つ当たりをすることがあります。飼い主さんが他の猫を可愛がると、その猫に攻撃的になることもあります。猫パンチをしたりと、飼い主さんを独り占めしたい気持ちが表れるのです。

攻撃的な猫の対処法

口を開けて威嚇する猫

飼い主に攻撃を仕掛けてくるとき

攻撃的になる理由を考え、思い当たることを改善すればいいでしょう。

手足に飛びつく、噛み付くときは、「こら!」と叱らずに落ち着くのを待ちます。叱ったり、大きな声を出したりすると余計に興奮することもあります。

タオルを腕に巻いて、痛みを押さえる、猫の嫌いな匂いを嗅がせて、追い払う方法をとるのもいいと思います。

猫が猫に攻撃を仕掛けてくるとき

猫が、遊んだりじゃれ合ったりしているなら、そっとしておきましょう。エスカレートしてケンカになった場合、猫の上で両手を叩いて音を出します。

その音にびっくりして辞めることがあります。

猫が拗ねてしまわないように、八つ当たりする猫を可愛がってあげましょう。その猫と飼い主さんの二人だけになる時間を作るのも良いと思います。

まとめ

こちらを怒って睨む猫

猫が攻撃的になる理由をあげました。
一匹で飼っていても、多頭飼いでも猫が攻撃的になる理由があるのです。

ひとつ言えることは、理由なく攻撃的になることはないのです。

猫は、争いを避けて過ごそうとします。もし猫が攻撃的になる場合、問題を見つけて対処することで、解決につながると思います。