猫の知能はどれくらい?実はすごく記憶力がいいんです!

猫の知能はどれくらい?実はすごく記憶力がいいんです!

猫ちゃんと暮らしていると、思わぬイタズラやこんな事できるの?とビックリする事がありますよね。今回は猫ちゃんの知能について見ていきましょう。

10515view

猫の知能はどう決まる?

折り鶴と4匹の仔猫

育ってきた環境による

猫ちゃんは、育ってきた環境によって知能が異なるといえます。

例えば、猫だけではなく他の動物と共に育ってきた猫ちゃんは猫だけの世界しか知らない猫ちゃんよりも、他の動物と暮らしてきた分だけ知能が高くなります。なので、育ってきた環境により知能が高くもなれば低くもなるといえるでしょう。

脳化指数とは

動物の知能を示す脳化指数は、全体重の中で脳の割合により決まります。脳が占める割合が多ければ多いほど賢くなるという事になります。

  • 猫は0.12
  • 犬は0.14

猫の脳化指数は0.12、犬は0.14とわずかながら犬の方が脳化指数は高くなります。ですが、それぞれ得意な分野がありそれらを総合すると脳化指数が低いから知能が低いと一概にはいえないのではないでしょうか。

猫は人間の2歳児と同じ知能

一般的に猫は人間の2歳~3歳と同じくらいの知能だといわれています。

ですがこれは2歳児のできる事、猫のできる事を全て足し引きして辿り付いたものなので、明確に2歳児と同じではありません。

猫の知能についての研究は、犬の知能の研究よりも少なくあまり解明されていません。猫は犬よりも訓練する事が難しい事から少ないのかもしれません。

猫の得意分野

魚をくわえている猫

猫の空間認知能力

これは3次元にある物体の位置や方向、大きさや感覚などすばやくかつ正確に把握する能力の事です。猫ちゃんはこの能力にとても長けていて、特に”縦”に動くものが得意とされています。ヒゲを前方に出す事で、物との距離を測る事もできます。

猫の驚くべき記憶力

猫ちゃんは短期記憶力が良く、興味のある事に関しては10分以上も記憶できた事が分かっています。これは人間の20倍といわれています。

猫が忘れない事

さらに痛かった事、怖かった事など嫌な記憶に関しては記憶力がとても良いので、ずっと忘れない可能性があります。その為、動物病院などが嫌な記憶として刻まれれば連れていくのに苦労する事になります。

猫は観察力は鋭い

視覚などから入ってきた情報を処理し認識する能力です。

猫ちゃんはこの能力にも長けていて、よくテレビなどで紹介される人間のトイレで排泄する猫ちゃんがいますがこれも情報認識能力が高いためとされています。人間を観察し何をしているのかきちんと認識して行動しているのです。

猫は賢い?

机の上のネズミを見つめる猫

個人的な見解

私は、わんちゃんとねこちゃんを飼っていますが正直わんちゃんの方が賢いといえます。

ですが、これは犬が飼い主に忠実でありそうしつけているからという事もあるでしょう。猫ちゃんは名前を呼んだり喋りかけても理解をしているとは感じますが、猫の性格ゆえに返事をしない事や呼んでもスルーする事があるので正確にどちらが賢いとは言い難いです。

自分の要求に対しては犬より猫の方がしっかり的確に要求するように感じます。

ここに行きたい上りたい、ここを開けて欲しいなど喋る事はできなくとも私が理解できるように、ついてこいと言わんばかりに振りかえって鳴き、呼んだりとその場に連れていこうとする事もあるためその点に関しては犬より賢いでしょう。

終わりに

舌を出してこちらを見つめる猫

いかがだったでしょうか?猫ちゃんの知能は、現在もあまり解明されていない部分がたくさんあります。

人と暮らしている歴史が長いのにも関わらずミステリアスな動物です。これからの研究や解明に注目して猫ちゃんの謎に迫っていきたいですね。

スポンサーリンク