「猫は虫歯にならないの?デンタルケアの必要性」

「猫は虫歯にならないの?デンタルケアの必要性」

人間と同じように、猫も虫歯になるのでしょうか?猫に歯磨きする様子をテレビなどで見て、必ず必要なのかなぁ?しないと虫歯になるの?と、疑問を抱いたことはありませんか?本当のところどうなのでしょう。調べてみました。

951view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫は虫歯になる?

大きな口を開ける猫

猫は虫歯になりません。

猫の歯は鋭くとがっていますよね。猫は肉食獣であり、獲物を牙で引き裂いて丸呑みするからです。磨り潰す歯もなく、したがって交差しない並びになっています。ですから、歯垢が歯に溜まりにくいのです。

また雑食性の人間や犬と違い、「砂糖」を含んだ食品を好んで食べません。
そしてさらに、口中のアルカリ度が高く、虫歯菌が繁殖しにくいのです。

猫に歯磨きは必要?

猫の歯アップ

現在の猫には歯磨きが必要

本来は肉食の猫に歯磨きは必要ありませんが、家猫には歯磨きが重要です。

猫は虫歯にはなりませんが、歯肉炎、歯槽膿漏にはなりやすいのです。人間に飼われるようになり、肉や魚が主食ではなくなったためです。特にウエットフードを常食としている場合、歯垢がつきやすくなります。

歯周病は怖い病気

進行すると、歯が抜け落ちたり、重症だと頬に穴があくことがあります。また歯周ポケットから細菌が、血管を伝って心臓や肝臓の病気を引き起こし、死に至る場合もあります。

予防のためにも、歯磨きはしてあげたほうが良いでしょう。これから仔猫を飼う方は、仔猫のうちから慣らしておくと楽です。

初めて歯ブラシを使う時は、歯ブラシにペースト状のおやつなどをつけて、徐々に慣らしながら行うと良いと思います。

猫に歯ブラシを使ったデンタルケア

歯磨きされる猫

獣医さんが教える猫の歯磨きの仕方

我が家の猫もこの方法です。

私が歯医者に行ったとき、このヘッドの小さな歯ブラシを見つけ使用していたのですが、猫を飼うようになって「猫の口にちょうど良いサイズかも」と思って使い出したのがきっかけです。

でも、嫌がる猫の歯を1本ずつ磨くのは難しいので、乳児用歯ブラシで磨いてしまうこともあります。
ブラシは、一番柔らかい物を使います。
もちろん、猫用の歯ブラシを使えばベストです。

歯磨き粉はペットが好むフレーバー付きのものが良いでしょう。

ビルバック (Virbac) C.E.T酵素入り歯みがきペーストチキンフレーバー 70g

ビルバック (Virbac) C.E.T酵素入り歯みがきペーストチキンフレーバー 70g
1,685円(税込)

歯磨きシートを使ったデンタルケア

どうしても歯ブラシを嫌がる猫にはこのように、歯磨きシートを使う方法もあります。我が家の猫の場合はガーゼを指に巻きつけて拭きます。また、綿棒を使って歯垢をとる方法もあります。

普段のおやつでデンタルケア

デンタルケアのできるおやつもあります。

プロデン デンタルバイツ猫用

プロデン デンタルバイツ猫用
1,371円(税込)

硬いドライフードや煮干(減塩や無塩のもの)は歯垢がつきにくく、また硬いため、歯茎のマッサージにもなります。
歯茎マッサージは歯周病予防に効果があります。

まとめ

きれいな白い歯の猫

2歳以上の猫の実に80パーセントが口中トラブルを抱えている、との統計が出ているそうです。猫は食べ物を丸呑みするので、歯がなくなっても困らない、いう意見もありますが、歯周病になると猫も痛みでつらいですし、口臭やよだれもひどくなります。
そうして重度の病気に至ることもあります。まずは、普段からウエットだけでなく、ドライフードもあげるようにし、ときどき歯を拭いてあげる、このくらいなら負担なく始められるのではないでしょうか。猫も、ただ長生き、ではなく「健康で長生き」を目指したいですね。

人気のキーワード