猫に叱られる飼い主の行動13選

猫に叱られる飼い主の行動13選

猫がかわい過ぎてついついやり過ぎ、猫に叱られる飼い主さんがいます。下手をすると猫との信頼関係にヒビが入る原因にもなりかねません。猫に叱られる飼い主さんの行動を、まとめてみました。愛猫と末長く仲良く暮らす為にも、チェックして行ってくださいね!

2843view

猫に叱られる飼い主の行動13

抱っこされて不機嫌そうな猫

猫に叱られてしまう飼い主さんの行動には、どのようなものがあるのでしょうか?

  • しつこく触る
  • 痛みを感じさせる
  • 大きな音を立てる
  • 縄張りへの侵入者
  • 環境の変化
  • 体調が悪い
  • 食事中の邪魔
  • バカにする
  • 水に濡れさせる
  • 変なニオイ
  • お気に入りを取る
  • ヤキモチを妬かせる
  • 出産後の母猫に近づく

1.しつこく触る

猫は、体の至る所が敏感な動物です。特に、お腹や尻尾、足先などは、触られると嫌がることが多いです。それ以外の箇所でも、猫が触られたくない気分にも関わらずしつこく触っていると、叱られるでしょう。

尚猫は、自分から撫でてアピールをしたのに、撫でられる事に満足すると叱る、というマイペースな動物ですので、猫の様子には十分注意して、触るようにしてください。

2.痛みを感じさせる

ドアに挟まれている猫

故意ではなくても、尻尾を踏む、ドアに挟むなどして痛みを感じさせると、「シャー!」と叱られる事があります。怪我をさせてしまわないように、気をつけてください。ただ猫は、いつの間にか足元にいることがあり、気がつかずに踏んだり蹴ったりしてしまうことも。もしかしたら猫が側にいるかもしれない、と思い、慎重に行動すると良いでしょう。

3.大きな音を立てる

猫は、ふいに響き渡る、大きな音が苦手です。拍手やくしゃみ、鍋を落とすなどの大きな音にびっくりして怒る猫もいます。猫のストレスにならない為にも、なるべく大きな音は立てないように注意しましょう。ですが、人と暮らすうちにある程度、大きな音に慣れる場合もありますし、掃除機をかけるなどはどうしても仕方のない事ですので、必要以上に神経質になる事はないでしょう。できる限り、大きな音を立てないように、心がけてあげてください。

4.縄張りへの侵入者

猫は、家の中にも縄張りがあります。飼い主さんにとっては、どこまでが縄張りなのか良く分からない場合が多いですが、例えば新入り猫など、縄張りへの侵入者を威嚇するのは普通の行動です。新入り猫や他の動物と一緒に飼う場合、焦らずに時間をかけてゆっくり、慣らしていってあげましょう。

5.環境の変化

ダンボール箱に入っている猫

引っ越しや新しい家具など、環境の変化に敏感なのも、猫の特徴です。周りの環境が変化すると猫が神経質になり、いつも以上に敏感に反応することも。しばらくすれば慣れてくれますので、猫が落ち着くのを待ちましょう。

6.体調が悪い

病気や怪我など、何かしらの理由で体調が悪い時、飼い主さんに向かって攻撃してくることも、あるかもしれません。これは、人も同じですね。猫の体調が悪い時はまず、治療に専念させてあげてください。体調が悪いと猫は、身を隠してじっとしていることもあります。猫の様子がいつもと違うと感じたら、受診して対処してあげましょう。

7.食事中の邪魔

猫の食事中、下手に構うとご飯が取られると思う、集中力が削がれるなどで、叱られることも。ご飯を食べている時に触っても、気にしない猫もいますが、そこは猫の性格や、飼い主さんとの信頼関係によるようです。ですが、人も食事を邪魔されるのは、あまり気分の良いものではありません。なるべく、ご飯中は集中できるよう、そっとしておいてあげてください。

8.バカにする

口を開けて怒っている猫

人の言葉が分からないとは言え、相手の気もちを察するのが得意な猫ですから、自分がバカにされているのも、敏感に感じ取ります。猫だからと言って下に見て、蔑むのは良くありません。お互い、地球に生きる生き物同士として、尊重し合って暮らしましょう。

9.水に濡れさせる

猫は本能的に、水に濡れるのが嫌いな動物です。ですから、必要のない時に水に濡れさせると、かなり怒るでしょう。猫によっては、水が平気な場合もあります。愛猫の水に対する反応を見極めて、水が苦手な猫は必要のない時以外は濡れさせないよう、注意してあげてください。

10.変なニオイ

嗅覚が敏感な猫。大体のモノを、ニオイで判断しています。香水や芳香剤などの強いニオイ、見知らぬ猫のニオイなどをぷんぷんに匂わせていると、猫に叱られるかもしれません。猫と暮らす時は、強いニオイの使用は避けた方が無難です。アロマは、猫には有害だと言われています。また、猫カフェなどで浮気をすると猫にバレる可能性が高いので、注意しましょう。

11.お気に入りを取る

布団に入り気持ち良さそうな仔猫

猫のお気に入りの場所や毛布、おもちゃなど、取ると叱られるかも。猫は、自分のニオイがついたものに安心します。猫のお気に入りを取って使う、という飼い主さんはいらっしゃらないと思いますが、洗濯をする時などは、代わりのものを用意してあげると良いでしょう。

12.ヤキモチを妬かせる

その猫の性格にもよりますが、ヤキモチ焼きな猫は多いです。他の猫を可愛がっていると怒って寄って来たり、居心地が良さそうな場所にいる猫を攻撃してどかしたり、多頭飼いの時は特に注意が必要です。

愛猫にわざとヤキモチを妬かせようと、ぬいぐるみを可愛がって試す飼い主さんもいます。ほどほどならばかわいいで済みますが、やり過ぎると猫のストレスになってしまいますので、加減には注意してあげてください。

13.出産後の母猫に近づく

出産後の母猫は、子猫を守ろうと特に警戒心が強くなっています。生まれたばかりの子猫はかわいいので、側に寄りたくなる気持ちは分かりますが、不用意に近づくと叱られるばかりか、下手をすると攻撃されてしまうかもしれません。

また、下手に人間の手が入ると、母猫が育児放棄する場合もあります。出産後の母猫にはどうしても必要な時以外、近づかない方が良いでしょう。

まとめ

猫にキスをする女性

猫が飼い主さんを叱る理由、結構たくさんありましたね。同じ哺乳類とは言え、やはり違う動物なので、人と猫の感覚は、異なっている場合が多々あります。人は良くても猫にとってはどうなのか、考えながら行動すると良いでしょう。愛猫と仲良しなのが、一番幸せですから。

人気のキーワード