どんくさくて可愛い♡猫あるある6選

どんくさくて可愛い♡猫あるある6選

猫は運動神経に非常に優れた動物でもありますが、実際飼っていると「どんくさい!」と笑ってしまうことありますよね。そこで今回は考えるだけで思い出し笑いをしてしまいそうな「猫のどんくさいあるあるを6ご紹介」させていただきます。

2158view

猫のどんくさいあるあるを6ご紹介

猫のどんくさい思い出は笑ってはいけないと分かっていても、考えるだけで思い出し笑いをしてしまいそうになってしまいますよね。

きっと猫を飼っている飼い主さんであれば、誰でも一度は見たことのある光景「猫のどんくさいあるある」をご紹介させていただきます。

1.飛び移ろうとして落ちる

木登りして落ちそうになっている猫

一番猫のどんくさい光景として目の当たりにしたことがあるのが、この「飛び移ろうとして落ちる」ですよね。結構な距離があるので、猫も「お尻をふりふり」して躊躇しているにも関わらず結局落ちてしまう...。

こんな光景も猫を飼っていると一度は見ると思います。しかし距離があまりないようなイスから机に飛び移るときなどにも、時たま落っこちてしまうこともあります。「大丈夫?」と声をかけても知らんふりして、何事もなかったかのようにシレッとどこかに行ってしまうこともあるでしょう。

2.飛び乗ろうとして宙吊りになる

棚の上から下を見る猫

私の家の猫によくあるのですが、高いところに飛び乗ろうとするのですが失敗をしてしまい、爪だけがひっかかって宙吊りになってしまうというものです。最終的には器用におりることができるのですが、ヒヤッとしてしまう一面でもあります。ちなみに私の家の猫はピアノに乗ろうとするのですが、乗り損ねてピアノカバーに宙吊りになってしまいます。

3.寝ているときに地面に落下

猫が寝ているときに伸びたり丸まったりとても可愛らしい寝相ですよね。しかし寝場所がソファやイスの上であったときなどに、まれに寝返りをした瞬間に地面に落ちてしまうことがあります。

猫は本能的に着地をするとき、「猫ひねり」と呼ばれる動きをすることができます。高いところから逆さま向きに落ちても、慣性の法則に逆らって手足で着地をすることができるというものです。素晴らしい能力ですよね。

しかしそんな猫も、寝ているときにソファなどの高さから落下してしまうと「猫ひねり」はできていませんでした。残念ながら人間がベッドから落ちるときと同様の光景でありました。

4.粘着がついて半分パニック

驚いて目を丸くする猫

猫は段ボール箱の中などの狭い場所が大好きです。しかしガムテープがついたままになっていた段ボール箱などに入ってしまい、粘着が体についてパニックになってしまうことがあります。

猫は粘着などのベタベタしたものが大の苦手です。飼い主が気づいたときには、すぐに外してあげてくださいね。またこれを応用して、いたずらをされる家具などには両面テープを貼るなどする方法もありますよ。

5.自分の幅くらいのところを歩いていて落ちる

猫はとても器用です。どんな細い道でも落ちることなく器用に歩きます。しかし、時たま落ちてしまうこともあります。私の猫は大きなテレビから薄型テレビになったとき、地面に落ちてしまいました。

また狭い扉や窓なども器用に通り抜けますよね。猫は歩くときに大体はひげの長さを基準に通れるか通れないかを判断しています。

そう考えると猫の構造は面白いですね。

6.寝てるときにベロが出ている

舌を出している猫

猫は天使の寝顔の時もあれば、思わず笑ってしまいそうになる寝顔のときもあります。ベロがベッと出てきたり、白目で目が開いたり...。普段はなかなか見ることができない光景ですが、飼っていてと時たま見ることができますね。

猫はもともと砂漠で狩猟をして生きていました。自宅で飼っている猫だからこそ一日に14時間も寝ますが、狩猟本能が残っているので、あまり深い眠りにつくノンレム睡眠はできていません。

14時間の寝ているうちの約20%がノンレム睡眠だと言われています。白目になっていたりベロが出ていたりするときは、猫にとって貴重なノンレム睡眠の時間ですので、笑って起こすことのないようにしてあげてくださいね。

まとめ

笑っているような表情の猫

猫は運動神経に優れた動物です。
しかし飼っていると、意外な一面も見れるので可愛らしいですね。
面白い仕草や、どんくさい光景を目の当たりにしても、猫ちゃんの前で声に出して笑うのはやめてあげてくださいね。

人気のキーワード