猫にまつわる不思議な話9選

猫にまつわる不思議な話9選

猫はとても可愛い動物ですが、猫と触れ合ったことのある人ならば、一度は体験している不思議な話もあります。猫が神の使いと崇められている国や地域があるように、ちょっと神秘的な存在でも、ありますよね。猫にまつわる不思議な話は数え切れないくらいありますが、その中から9話、選んでみました。

7139view

ちょっと怖い、猫にまつわる不思議な話

黒猫の顔のアップ

背筋が寒くなるような、ちょっと怖い猫の不思議な話を、お届けしましょう。

先生を猫が殺した!?

子供の頃、嫌〜な先生って1人はいましたよね?ある方は、通っていた塾に、性格の悪い嫌な先生がいたそうです。自分のミスを、生徒に押し付けるような。

ある時、その方は飼い猫に向かって「先生がいなくなれば良いのに」とぼやいたのだとか。すると、その飼い猫が一晩姿を消したそうです。次の日塾に行こうとすると、お母さんから、塾の先生が寝ている間に喉が詰まり、亡くなったことを知らされたそう。

ふと見ると、そこにはニヤリと笑う飼い猫の姿が・・・というのは定かではありませんが、あまりのタイミングに、もしかしたら飼い猫が先生を・・・?と疑ってしまう、不思議なお話です。

床から生えるおじさんと猫

猫が何もない空間をじっと見たり、何もいないのに猫パンチをしている姿を見かける飼い主さんは多いはず。この方の猫さんも、何もない床付近に向かって、しょっちゅう猫パンチを繰り出していたそうです。弟さんがいわゆる、不思議なモノが見える方だそうで、ある日猫パンチをしていた猫を止めさせて、別の場所に移動したのだそう。

猫を移動した訳を聞くと、「床から頭の薄いおじさんが生えていて、猫パンチされて泣きそうになってたから」と。それ以降も猫の猫パンチは続き、弟さん曰く、頭から流血していることもあるそうな。生えたくなくても、そこに生えていなければならない事情が、おじさんにはあるのでしょうね。ちょっとかわいそうな、床生えおじさんでした。

事故物件にぶら下がる猫じゃらし

家賃格安、猫何匹でも可、の条件につられて、ある方の妹さんが契約をした、事故物件。そこは、以前の借主さんが不幸にも首を吊って亡くなられた、事故物件でした。飼っている数匹の猫は、あまり使っていない部屋の空間に向かって、いつも飛び上がったりじゃれたりしているそうです。

どうもそこには、以前の借主さんが、今もぶら下がっているようなのです。猫の数が増えてもどの猫も、やはり他の猫と同じように、じゃれつくそう。妹さんに聞くと、「嫌ならぶら下がるの辞めたらいい」との、にゃんともドライなご意見。妹さんに特別、何か害がある訳ではないようですが、やはり猫には、人には見えないモノが見えていると分かる、不思議な出来事です。

ほっこりする、猫にまつわる不思議な話

ハートを持つ猫

ほっこりと心が温かくなるような、そんな猫の不思議な話を、ご紹介しましょう。

幸運を運んでくれた猫

ある女性が、弱っている子猫を見つけました。その女性は特に猫好きではなかったものの、かわいそうになって保護したそうです。女性の旦那さんは「猫なんか飼うのはお金のムダ」という考えの方だそうで、女性はご自分のヘソクリから、猫のご飯などを買っていました。

ですが、その猫を飼い始めてから、宝くじや懸賞はもちろん、思いがけないところからお金が入ってくるなどして、猫を20年以上飼うだけの費用が、手元に来たそうです。その事は旦那さんには秘密にしているそうですが(笑)、猫の恩返しなのではないでしょうか?

心配してくれる猫

飼い主さんあるあるですが、落ち込んでいると、猫が側に来て慰めてくれるというお話。スリスリしたり、「にゃん」と声をかけてくれたりして、元気づけてくれるそうです。中には、一緒に涙を流したり、自ら誘って添い寝してくれる母的な猫もいるとか。猫ってそのイメージとは違い、愛情深い動物なのですね。我が家の猫には、癒されようと思って近づくと、スルッと逃げる薄情なヤツが、いますけど。

反省した猫

ある方のお母様がトイレで転んで頭を打ち、30分くらい気を失っていたそうな。その間猫さんが近くにいたようなのですが、無視を決め込み熟睡していたそうです。もしかしたら本当に寝ていて、気がつかなかったのかもしれませんが・・・。その後猫さんは反省したらしく、お母様の退院後は、必ず心配そうにトイレに付き添うようになったそうです。

感動する猫にまつわる不思議な話

ビーズに囲まれる子猫

思わず感動してしまう、猫に関する不思議なお話です。

喘息を持っていってくれた猫

ある方が子供の頃、喘息で入院した時、夢におばあちゃん猫が出て来て、「苦しいの?私は今から遠くに行くから、持って行ってあげるね」と言ったそう。その方が入院中、飼っていた老猫が老衰で亡くなり、喘息の発作は、跡形もなく消えたのでした。猫が飼い主さんの代わりに病気を持って行って亡くなる、というお話は、結構ありました。身代わりになってくれる猫、ちょっと切ないですが、感動です!

泣いた、猫

ある猫さんは、おばあちゃんにとっても懐いていたそうです。ある日そのおばあちゃんが倒れ、そのまま亡くなってしまいました。その葬儀の日、飼い主さんが深夜に家に帰ると、その猫さんがおばあちゃんが使っていた座椅子を眺め、瞬きをしたそうです。飼い主さんの方に振り返った猫さんの目からは、大粒の涙が・・・信じられないような本当のお話です。

子猫を助けた母猫の霊

住み始めたアパートの近くに、母猫と子猫が住んでいました。なぜかその猫たちに好かれた住人でしたが、ある日、母猫が玄関のドアを引っ掻くので開けると、ただ事ではない様子。母猫が先導するので付いて行くと、そこには、怪我をした子猫たちとぐったりと横たわる母猫が。

すぐに動物病院に猫たちを連れて行き、幸い子猫たちは命を取り留めました。ただ、母猫は即死と思えるほど体がボロボロで、既に死亡していました。どうも車に轢かれたようですが、母猫が子猫たちを助ける為、霊となって助けを求めたとしか思えません。子猫たちはそれぞれ飼い主さんが見つかり、幸せに暮らしているそうです。

まとめ

暗闇に居る猫

いつものん気に昼寝や毛づくろいをして過ごしている猫を見ていると、想像もしませんが、こんな不思議な一面も、持ち合わせているのですね。我が家の猫たちはここまでシリアスな事をしてくれたことはありませんが、不思議だな、ということはたまにあります。

家族で家を空けようとすると猫の具合が悪くなったり、今の猫と出会うような状況がセッテイングされていたり。ご紹介したようなお話には到底及びませんが、これから何か不思議な事を、してくれたら良いな、と期待します。身代わりにまではなってくれなくていいかな、と思いますが・・・。

猫にまつわる不思議なお話はまだまだたくさんありますので、ぜひ他にも探してみてください!猫を見る目が、ちょっと変わりますよ〜。

人気のキーワード