後ろ足が変形してトコトコ…歩きにくそうだった保護猫と家族になって

後ろ足が変形してトコトコ…歩きにくそうだった保護猫と家族になって

保護猫カフェでお迎えした愛猫は後ろ足が変形して歩きづらそうにしていました。家族になった経緯やお迎えしてからの事をご紹介します。

1775view

私が保護猫をお迎えした経緯

出会ったとき

一年前まで 猫に興味がなかった我が家。スコティッシュの雄猫一匹を飼った事が、きっかけで猫が好きになりました。近所に保護猫さんもいる、保護犬・猫カフェがあった事を思い出し、ふらっと立ち寄ったことが始まりでした。

ねこの特長は、色は三毛猫のよう、中毛種、グリーンがかったブルーとゴールドの二色 、深い湖のようで、とってもキレイな瞳の女の子。お誕生日が先住猫くんと一日違いな事に運命を感じ、ガリガリで小さな体、うちの子との体格差にまず驚きました。

さらに後ろ足が変形し、歩きづらそうにしていました。しかし触って触ってと、伸ばした手にカラダや頭を擦りつける愛らしさを見て「うちで一緒に幸せに楽しく暮らして欲しいな」思った事が、理由でした。

保護猫をお迎えして心配だった事

カフェで

お迎えする条件として、万が一を考えて、次の行き先が確保出来ている事。保護猫、保護犬への支援金として2.3万かかる事 病気や怪我など問題を抱えている子もいたりするので、万が一を考えて一定期間は保険に入る事。

病院で足やからだの具合を調べたり、結果が出るまで心配だった事。そして、その分の医療費。先住雄猫との相性、家族の反応が、いちばん心配でした。

心配だった猫の足

来たばかりの頃は、ピョコピョコ歩きにくそうにしてた子が、今は、トコトコトコ…と少しだけ軽やかに、歩けるようになりました。先住猫くんに刺激されたのか、 物凄いスピードで駆け周れるようなり、階段を何回も往復し、高い所に上がれない子だと言われたのが、 嘘のようです。

運動能力が目に見えてアップし、今では、リビングにあるソファのど真ん中の特等席で、おなかを天井に向け寝ているところをみると、「この家では私が1番なの」と小さいながらも、うちに秘めてるものが感じられ、この先どう育って行ってくれるのかが、本当に楽しみな今日この頃です。

先住ネコ君と

保護猫をお迎えして家族全員で、お世話ができている事や先住猫くんにガールフレンドが出来た事がお迎えして良かったなと感じます。お迎えした保護猫ともなかよく、先住猫が父性愛?に満ち、とっても優しい子だという事がわかりました。

まとめ

猫と暮らすには、水や餌、綺麗に保たれた部屋、トイレなど 、基本的な事は犬と一緒です。

お散歩も行かない分、お世話も楽だなと、感じました。反面、寝ることが1日の大半を占め、何処かに隠れてしまう時間がある分、じっと観察していないと見逃してしまうことも、沢山あるのでは。と感じています。

保護猫、保護犬は飼い主さんが、飼いきれなくなった子、捨てられた子、心無いブリーダーさんが問題のある子を見放してしまった、などなど、理由は沢山あるようです。

この記事を読んでくれた方が、この子達、この実態に興味を持っていただき、一つでも多くの命が、ステキな飼い主さんに出会い、より沢山の時間を過ごし、最後の一瞬まで一緒にいられるよう願っています。これからも、保護猫、保護犬を応援します!

スポンサーリンク

人気のキーワード