Twitterから人気者に!「しかるねこ」とは?

Twitterから人気者に!「しかるねこ」とは?

Twitterで人気を博している、「しかるねこ」という猫がいます。しかるねこは今やTwitterを飛び出し、その活躍の場を広げている、今最も注目の猫なのです。しかるねことは一体どんな猫なのか、誕生秘話やしかるねこグッズなども合わせてご紹介!あなたもしかるねこに、お一つ叱られてみてはいかがでしょうか?

2225view

「しかるねこ」とは?

「しかるねこ」とはもじゃクッキーさんの描く白猫で、怒った顔と叱るコメントがTwitterで話題を呼んでいる、人気のキャラクターです。基本はTwitterで活躍していますが、2018年6月1日には本も発売され、リアル世界にも活躍の場を広げています。

作者であるもじゃクッキーさんによると、しかるねこのモデルは、特にはいないそう。強いて言えば、しかるねこと以前に飼っていた猫の体型が似ているかも、とのこと。実際の猫はマイペースですが、しかるねこは正反対を行く、対照的なキャラとなっています。

作品はいつも、読者の方を「どんな内容でしかるねこが叱るか」ではなく、もじゃクッキーさんご自身が、「どんな事でしかるねこに叱られよう」と発想されているようです。日常に良くある「またやっちゃった!」という事が、作品のテーマとなることが多いのだとか。

Twitterのフォロワー数は、2018年1月5日に開設してからわずか1ヶ月1日で10万人を超え、2018年6月現在では、倍の20万人に届きそうな勢いです。これからのしかるねこの活躍も、楽しみです!

「しかるねこ」が産まれたわけ

しかるねこは、どのようにして誕生したのでしょう?

実は、しかるねこが産まれる前、もじゃクッキーさんのTwitterで、「猫に叱られたい人のためのロック画面用イラスト」が公開されました。

元々はもじゃクッキーさんがスマホを見過ぎない為、ご自分への戒めとして文字だけのロック画像を使っていたそうなのですが、これを可愛い生き物に言わせたいとの事から、前述のイラストが出来上がったのだとか。怒った猫が「スマホ見過ぎ」、と注意してくれる可愛いくも厳しい画像は、瞬く間にTwitterで注目されました。

第1弾は雑種猫をモデルとしているようですが、第2弾はヒマラヤン、ロシアンブルー、スコティッシュフォールド、メインクーンの4種の純血種をモデルとしたバージョンだそうです。

で、このロック画面用イラストの反響を受け、「叱ってくれる猫」というテーマで広げていかれないかと試験的に始めたのが、「しかるねこ」だったのです。しかるねこは表情もキツめですし、言う事も厳しいですが、真心のあるキャラクター作りを目指していると、もじゃクッキーさん。

初めは1コマだけのしかるねこでしたが徐々にコマ数が増えていき、今では4コマがスタンダードになりました。叱るのはもちろんですが、時々見せてくれる優しさや、ほっこりとした可愛さに、熱狂的なファンも多いよう。

一方で、叱られるのが苦手な方にとっては、しかるねこが言うことが辛く感じ、良しとしない方も一定数いるようです。

しかるねこの本やグッズもろもろ

しかるねこが好きでも嫌いでも、その活躍っぷりには目をみはるものがあります。しかるねこの関連商品を、チェックしていきましょう!

1位も獲得!LINEスタンプ

しかるねこのLINEスタンプは、2018年6月現在、「しかるねこ5」まで発売されています。Twitterに掲載されたイラストはもちろん、スタンプのために描き下ろされたイラストも!しかるねこに途中から登場した、「あまやかすねこ」も「しかるねこ4」から登場しています。友人に物申したい時、しかるねこに言って貰えば、角が立たずに注意できそう!?

ヴィレッジヴァンガードしかるねこグッズ

ユニークな雑貨で有名なヴィレッジヴァンガードから、しかるねこのクリアファイルやマグカップ、マルチケースが発売されます。「はやく宿題やりなさーい!!」「はやく処理しなさーい!!」と、思わず「はいっっっ!」と動いてしまいそうなメッセージ入りのクリアファイルは、だらけてしまいがちな方の、必需品となりそう。持っていればやる事がはかどること、間違いなしです!

しかるねこスマホケース

スマホケース 手帳型しかるねこ ベージュ
2,980円(税込)

しかるねこがスマホケースになって叱ってくれる、そんな夢のような商品が、現実になりました。デザインは全部で5種類。ベルトありとベルトなしから、選べます。いつもいつでも、しかるねこと一緒にいられますし、叱って貰えます!しかるねこが見張っているので、スマホを手に取るのを、ちょっと躊躇してしまいそうですが・・・

しかるねこコミックス

しかるねこ
1,080円(税込)

この記事の始めに、チラッとご紹介しましたが・・・しかるねこがオールカラーのコミックになりました!全160ページに渡り、心込めて叱ってくれるしかるねこ。だらけてしまった時や失敗した時などに広げれば、気持ちもシャキッとする事でしょう。

まとめ

まるで、口うるさい母親のように叱ってくれる、しかるねこ。叱られるのは「うるさい」「おせっかい」と思ってしまいがちですが、可愛い猫が叱ってくれるなら、言う事聞いちゃおうかな、と思う方も多いのでは?愛情たっぷりに叱ってくれるしかるねこは、現代版の「おふくろ」的な存在なのかもしれません。

人気のキーワード