猫にとってのスーパーフードはどんな物?それぞれの特徴や与え方

猫にとってのスーパーフードはどんな物?それぞれの特徴や与え方

猫の体にいい食べ物、つまり猫にとってのスーパーフードとは何でしょうか?猫の健康維持に良い影響を与えるスーパーフードについて、ご紹介します。

1564view

1.動物の内臓系のお肉

色々な食材

猫の健康に良い食べ物を、猫のスーパーフードと呼ぶとしたら、どんな食べ物があるでしょうか?

猫はもともと肉食なので、肉類は猫にとってのスーパーフードと言えます。肉の中でもスーパーフードとしておすすめなのは内臓で、レバー、ハツ、腎臓があげられます。内臓の肉は、マルチビタミンとミネラル類が摂取できるので、天然のスーパーフードと言えるでしょう。

レバーはビタミンAが多く、ビタミンB群や猫に必要なタウリン、さらに鉄や亜鉛も摂ることができます。ハツは心臓の肉で、こちらも鉄や亜鉛を摂ることができます。

腎臓は、鉄のほか、ビタミンEの吸収や血中濃度の維持するセレンという成分を摂ることができます。鶏、豚、牛のどれでも、多少の成分の違いはありますが、期待できる猫の体に良い効果は同じです。

2.お肉

鶏肉

鶏肉は、猫の肥満防止などの効果があるほか、動脈硬化の予防や皮膚の健康維持も期待できます。豚肉はビタミンB群が豊富です。貧血防止の効果のほか、動脈硬化の予防、皮膚の健康維持が期待できます。

牛肉

牛肉も、貧血防止や動脈硬化の予防、皮膚の健康維持のほか、猫の成長期に必要な栄養素が摂れます。鶏肉の皮や軟骨、鶏の足、牛スジ肉を食べることで、動物性の繊維が摂れますし、腸内環境を整えてくれます。

与え方としては少量を加熱して、ほぐしたり潰したりして食べやすくし、キャットフードにトッピングする形で与えます。ゆでた場合、茹で汁にビタミンBが多く流れ出てしまうので、茹で汁も冷まして与えても良いでしょう。

3.お魚

肉と同じく、魚を食べることでタンパク質が摂れます。特に生で魚を食べると、猫に必要とされる栄養素のオメガ3脂肪酸を摂ることができます。魚を食べることで、関節炎、皮膚病、がん、心臓病、腎臓病など色々な病気の予防が期待できます。

青魚であるアジやイワシや秋刀魚、カツオやマグロなどがあります。生で与える時は寄生虫に気をつける必要があります。カツオやマグロは焼いたものをほぐして、与えましょう。どちらの与え方でも、量は少量で、主食のフードにトッピングして与えてください。

4.卵

卵は猫にとっても栄養があるスーパーフードです。タンパク質やアミノ酸が豊富で、皮膚や毛質をよくしたり、筋肉の成長を助けたりする効果が期待できます。卵の黄身部分には、ルテイン、ビタミンEといった抗酸化成分が含まれています。

気をつけることは、卵アレルギーの猫もいるので、様子を見ながら最初は少量を与えること、生で与えないこと、塩などの味付けをしないことです。ゆで卵にしたり、炒り卵にしたりして、細かくほぐして与えると猫も食べやすいです。

5.野菜

野菜を摂ることで、炎症や酸化から体を守ってくれることが期待できます。猫には基本的に野菜を与える必要はありませんが、野菜を食べることで期待できる効果を利用するということです。

猫にとってのスーパーフードの野菜は、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草、にんじんなどです。少量を茹でて、冷ましてからキャットフードなどにトッピングする形で与えます。

猫にNGな野菜

気をつけることは、大量に与えないこと、中毒を起こすため猫に与えてはいけない野菜があるので、しっかりと選ぶことです。

猫には玉ねぎ、ニラ、にんにく、らっきょうといったネギ類、アボカド、アスパラガスは与えないでください。

猫のスーパーフードを知っていると良い理由

テーブルの上の食材と長毛の猫
  • キャットフードを選ぶ時に参考にできる
  • 猫のおやつとして与えられる
  • 市販のキャットフードのトッピングとして与えられる

猫のスーパーフードとなる食材を知っておくと、キャットフードを購入する時に、記載されている成分表を見て、選ぶことができます。どのような食材が使われているかを見れば、自分の猫にどのような餌を与えるかといったことにも気を配るようになります。

猫のいつもの主食に加えて、スーパーフードをおやつとして与えるだけでも、猫の健康に効果が期待できます。猫の健康のためにと、食事を毎回、一から手作りするのは大変ですが、おやつやトッピングとしてあげるのは簡単にできます。

総合栄養食として、主食のフードはきちんと与えて、スーパーフードで猫の健康をさらにサポートするといった与え方が良いでしょう。

猫に与えるスーパーフードの条件

肉とキャットフードと野菜を前にする猫
  • 猫にとって害のないものであること
  • 市販のフードで不足する栄養素を補えること
  • 少量でも多くの栄養を摂ることができる

猫にとって体に良いスーパーフードは、人間のスーパーフードと同じく、自然生まれで抗酸化力が高く、ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれているものです。猫の体に良くて健康を保てるもの、自然なものを与えるということが大切です。

また、猫にとっては中毒やアレルギーを起こすものもあるので、与える時には慎重に、様子を見ながら与えましょう。キャットフードを選ぶ時にもアレルギーなどが起きる可能性があるので、猫にあったものを選ぶことは重要なことです。

キャットフードでも自然の食材でも、猫の体に入るものに注意することは当然のことですね。

猫にスーパーフードを与える時に気をつけること

キャットフードをもらい食べる猫
  • 総合栄養食を必ず与える
  • 量は少量にする
  • 食べた後の猫の様子を観察する

スーパーフードは猫の体に良いものですが、それだけを与えておけば良いというものではありません。ひとつの種類だけを与えたり、多く与えすぎたりしていると、栄養が偏り、猫にとって必要な成分が摂れないため、健康になるどころか体調を崩してしまう可能性があります。

猫の食事全てを手作りして、栄養バランスをうまく取って猫の健康を維持するのは、素人ではたいへんなことです。猫に与えすぎることで肥満になっていたとしたら、スーパーフードの効果が台無しです。

基本的には、少量を普段の食事のトッピングやおやつとして与えていくことが良いでしょう。また、スーパーフードに火を通すなどの処理をしっかりしたとしても、食材の状態や猫の体調によっては、中毒症状やアレルギー症状が出たりすることもあり得ます。

猫にスーパーフードを与えた時は、中毒やアレルギーなどを起こさないかどうか、食後の状態を観察しましょう。

猫のスーパーフードのまとめ

自然の食べ物を食べる猫

猫にとっての体に良いスーパーフードとされる食べ物は、肉の内臓や魚、鶏卵、特定の野菜などがあげられます。猫に必要な栄養素が取れるので、普段の食事に少量加えるという形でスーパーフードを取り入れましょう。

主食として市販のペットフードを与えていても、手作りをしていても、おやつやトッピングという形で、猫にスーパーフードを与えることができます。猫は好き嫌いがありますから、無理に食べさせようとしても難しいので、猫の好みに合わせて食べさせてみて、受け入れてくれるものを与えるということになるでしょう。

最初に与える時には、かかりつけの獣医さんに相談して、与えても大丈夫かどうかを確認すれば安心して与えられますよ。

人気のキーワード