猫のおしりから液体が…原因や考えられる病気

猫のおしりから液体が…原因や考えられる病気

猫のおしりから液体が出てる!?病気?下痢?愛猫のおしりから液体が出て来たら絶対にびっくりしてしまいますよね。その場で慌てないように原因を探ってみたいと思います。

4859view

猫のおしりから液体が出る理由

猫のおしりから液体が出ている時に考えられる原因は以下の物になります。

  • 肛門腺の破裂
  • 子宮蓄膿症
  • 膀胱炎
  • 下痢

猫がおしりから出す液体である分泌液は黒色〜緑色、茶色い液体であったり、サラサラしている、ネバネバしているなど猫それぞれによって様子が違います。通常は猫が便をする時におしりから液体が一緒に出てしまう事が多いです。しかし排便時ではなく、猫のお尻から単独に液体が出ているように見える事もあります。

猫のおしりから液体が出たのは肛門腺の破裂

後ろ向きの猫

猫のおしりから出る液体が肛門嚢から出る分泌液である可能性は高いです。肛門周りが腫れていたり、痛そうにしていなければ問題はありません。肛門の周りには、肛門腺と言う分泌器官が存在し、肛門腺で作られた分泌液は肛門嚢という袋状の物に蓄えられます。

猫や他の動物には、肛門の左側と右側に一つずつ肛門嚢があります。この肛門嚢に入っている分泌液は、オスのマーキングにも利用される特徴のある非常に臭い匂いがする物です。このために、肛門嚢は「匂い袋」とも言われています。

猫の肛門嚢が炎症を起こすと「肛門嚢炎」、炎症が進み肛門嚢内部の分泌液が化膿し「肛門嚢膿瘍」(こうもんのうのうよう)となります。化膿した肛門嚢が破裂して肛門の横に穴があき、猫のおしりから液体がでる事があります。

この場合の液体は膿です。猫は犬よりはかかりにくい病気とも言われています。猫のおしりから白い液、血の混じったような液である膿が出てきます。

肛門腺が溜まっている時の症状

  • 肛門をしきりとなめる
  • お尻を床にすりつける
  • 肛門周りの腫れ
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる

肛門嚢が炎症を起こすと、猫は肛門をなめる、お尻を床にすりつけるような行動をおこします。そして痛みがあるので猫はお尻を触られるのを嫌がります。

しかし普段から、猫はお尻周りを触られるのを嫌がりますし、見た目は尻尾の下に隠れていたり、被毛が長がったりと飼い主に分かりづらいのが肛門嚢炎です。そして猫の状態に気がつかないと肛門嚢が化膿して、肛門嚢膿瘍に症状が進みます。

肛門の周辺が腫れ、肛門嚢炎より一段と痛みが増して、さらに元気がなくなり食欲も落ちてきます。そして左右にある肛門嚢が破裂して肛門の横に1センチほどの穴があき、おしりから液体が出てくるように見えてきます。

ここまで来て、ようやく肛門周りの異常に気がつく事も少なくありません。膿が出でしまうと一時的に痛みが薄れ、猫は肛門の周りを気にしなくなります。ただし治ってはいないので、猫のおしりから液体が出続けることになります。

子宮蓄膿症によって猫のおしりから液体が出る

寝転がるシャム

通常、子宮の先端部分は閉まっているので、細菌が子宮の中に入る事はありません。しかしゆるんだ子宮口から細菌が入り子宮蓄膿症になった後に子宮の口がゆるむとそこから膿が出て、おしりから液体が出ているように見えます。

避妊手術を行っていないメス猫や年齢を重ねた猫に多く見られる症状で、猫は犬より罹患しにくい子宮蓄膿症ですが命にかかわります。白っぽいクリーム状の膿や、赤っぽい血のような膿の事が多いようです。

子宮内に溜まった膿が、猫の陰部(膣)より出てくるために猫のおしりから液体が出ているように見えます。ただし子宮蓄膿症であっても膿が出てこない場合は大変多いです。

通常は閉まっている子宮の入り口が、猫の発情期や出産時にゆるみ細菌が入り込み、そのまま子宮の入り口がふさがってしまい膿がたまります。子宮の入り口が緩んでいると子宮から膿がでますから、猫のおしりから液体が出ているように見えます。

猫のおしりから液体が出ていれば気がつきますが、出ないで子宮がふくらんでしまう場合もあります。病院を受診し、猫の子宮から膿を出します。避妊手術を行い卵巣を取り出すことが一番の予防です。

子宮蓄膿症の兆候

  • 水を多く飲む
  • 頻尿
  • 食欲不振

子宮蓄膿症が進み膿の量が増えてくると、猫のおしりから液体が出るだけではなく吐き気、貧血などもおこってきます。

膀胱炎により猫のおしりから液体が出る

困った顔のスコティシュ
  • 液体の色:白っぽい、黄色っぽい
  • 水を多く飲む、少量の尿で回数が多い、血尿

避妊手術済みのメス猫や、オス猫のおしりから膿のような液体が見られる場合は膀胱炎の可能性も考えられます。尿結石や、慢性化した膀胱炎の場合には、おしりから出るのは液体でなく固まりのように見える事もあります。

膀胱が炎症をおこしおしりから液体が出ている、もしくは膀胱炎によっておしりから液体が出ている場合とあります。排尿関係は猫の慢性持病になりやすいのでなるべく早く病院を受診し、抗生剤など投薬を受けてください。

予防としましては、猫が適度な運動をおこなえる、キャットフードを療法食に変える、トイレを清潔にするなど、日常からストレスを溜めないように免疫力をあげるような日々を送れるようにします。

水下痢で猫のおしりに液体がついている

トイレに居る子猫
  • 液体の色:茶色、赤っぽい
  • 複数回の激しい水下痢、嘔吐、元気が無い

猫のおしりから液体が出る場合は水下痢の可能性もありますので、すぐに病院を受診した方がよいでしょう。食欲不振が続き下痢が続くと大変危険です。

病院を受診する時は、下痢の状況を獣医師に話せるようにしてください。
下痢には様々な原因がありますので診断をあおいでください。

液体がおしりから出た時の対処法、予防法

  • 肛門嚢から膿を出す
  • 肛門嚢をしぼる、肛門を清潔に保つ

病院を受診し猫のおしりから膿を出します。その後の治療法を獣医師より習います。予防法は、猫の肛門嚢から定期的に液体を出すことと、肛門まわりを常に清潔に保つようにおしりを拭く事となります。こちらも獣医師より習ってください。

まとめ

病院の猫

猫のおしりから液体が…原因や考えられる病気についてお話をさせていただきました。肛門嚢の分泌液を飼い主がしぼって出す場合は、ピューっと飛んだりするので大変なのだそうですが、愛猫のためなら何でもできますね。苦しいときでも辛いときでも我慢をしてしまう猫達のためにも、健康的な生活を送りたいですね。

人気のキーワード