猫エイズで人気がない…と言われた保護猫との生活をはじめて

猫エイズで人気がない…と言われた保護猫との生活をはじめて

子どもの頃からずっと飼いたかった猫を飼い始めました。この猫は大人の保護猫で、猫エイズキャリアでした。この猫との出会ったきっかけや、準備したもの、家に迎えるにあたって家族で相談したことなどをご紹介します。

976view

気になる猫を保護猫カフェのホームページで見つける

子どもの頃から、動物が大好き!でしたが、犬猫だけは団地住まいのため飼えずにいました。時は流れて、ある時、猫をシェルターで保護して、保護猫カフェを開いている団体のホームページを見つけました。

住まいから近いところにあることに親近感を覚え、月1回ほど覗いていました。その中に、大人の猫で、白黒柄の男前の子がいました。性格もおとなしいとのこと。猫エイズという病気を持っていることも書かれていました。

シェルターで知名度が最下位と知り、保護猫カフェへ

「キリっとしてかわいいなー」という印象で、ホームページを除く時は、いつもその猫が紹介されているページも併せてみていました。ある時、その団体のブログに、その猫が「シェルターで知名度が最下位ではと噂されている」と書かれていたのです。

それを見て「何で!あんなにかわいいのに!!!」と私の中で火がつきました。火がついたら即行動の私。すぐにその猫に会いに保護猫カフェに行きました。

猫エイズ

カフェスタッフの方に、猫を紹介してもらうと、とてもおとなしくて、自分から甘えたり、アピールしたりがないので、カフェを訪れた方に印象が残らない、あとは、猫エイズという病気を持っていることもあるので、なかなかお声がかからないとのこと。

その子は、近づくと距離を置いてすっと逃げてしまいますが、攻撃性は全くなく、むしろ嫌なことをされても我慢してしまう子と聞きました。猫エイズに関しては、初めて聞いた病気だったので詳しく聞きました。

ストレスがかかると発症することが多いのでが、ストレスのない落ち着いた環境で過ごせば、寿命を全うすることも多いとのこと。この話を聞いて、病気についてはとてもクリアになりました。

家族の同意を得て、初めて猫を飼うことに!

会ってますます、この猫に興味がわき、家に迎えたい気持ちでいっぱいになりました。帰宅後に夫と、息子に「あの猫を家族に迎えたい」と直談判。どういう反応がでるかと、ドキドキしていましたが、二人とも「OK」をしてくれました。

家族全員が猫を飼うのは初めて。どんなものを揃えたらいいか、カフェの人に相談してひとつひとつ揃えました。3段ケージ、キャリーバック、おトイレ、餌、爪とぎなどです。こんなにも猫グッズがあるとは! 今まで知らなかったその世界に驚きました。

猫が家に来てから1か月後

保護猫は、家にきてからすぐケージに入れましたが、ボックス型の猫布団に入ったきりになってしまったので、まわりを毛布で覆って、安心できるスペースづくりをしました。

ケージにいいる猫

うちに来て2日間は、餌も食べず、トイレもせずでとても心配でしたが、3日目からそれらがクリアになり、ほっとしました。それからしばらくは、、姿を見るのは餌とトイレを変える時のみ。

猫の足

ネコの性格上、分かってはいたことですが、触れない、姿も見えないことに、寂しさも感じていました。徐々に毛布も取っていき、猫が来てから1か月後に、ケージの扉を開けました。すると、なんとその日のうちに外にでてきてくれました!!

その日は家族みんなでたくさん喜びました。

お互いの距離をゆっくり縮めていこう

階段に居る猫

保護猫がうちにきてから、家族の中で、毎日猫の話題があがります。子どもも猫のお世話をするようになり、外で動物を見た時などにも興味を示しています。

夫は、夜帰宅して、ごはん中の猫に会うことも多く、見かけたら必ず話かけています。保護猫は、今は2階の部屋で昼間過ごし、夜になるとご飯やトイレで1階に降りてきます。

まだ、触れるまではいきませんが、人がいても、姿を見せるようになり、一日、一日、距離が縮まっているのは感じます。餌をあげる時など、少し顔を触らせてくれることもでてきました。

まとめ

猫を家に迎える際、子猫から成長を楽しんでいくこともありますが、大人の猫、保護猫を迎えるというのも、候補に入れてもらえる機会が広がるといいなと感じています。

大人猫だと、性格も定まっていることや、落ち着いた生活ができるなどのメリットもあります。もし病気のキャリア猫をと考えている方は、保護猫カフェのスタッフの方に聞いてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

人気のキーワード