猫にアロマを与えてはいけない!?その理由とは

猫にアロマを与えてはいけない!?その理由とは

猫へのアロマテラピーは危険だということをご存じでしょうか。この記事では「なぜ猫へのアロマテラピーが危険なのか」や「アニマルアロマテラピーは行っても良いのか」など、猫とアロマテラピーについて解説します。

971view

猫にアロマを与えるのはNG!

花の匂いを嗅ぐ猫

香りによって人間にさまざまな効能を与えてくれるアロマテラピーですが、猫に対してアロマの香りを嗅がせるのは良いのでしょうか。実は、猫にとってアロマは効果的ではなく、それどころか体調不良や病気などの悪影響を及ぼす危険性があります。
そこで今回は「猫にアロマテラピーを行うリスク」をテーマに取り上げ、紹介していきます。

なぜアロマは猫にとって危険なの?

アロマオイルの瓶と花

アロマの精油は植物から作られています。植物由来の成分を吸い込むことによって、成分が体内の中で効果的に働くというのがアロマテラピーの仕組みです。

しかし、この仕組みが有効なのは人間だけであって、猫は違います。
人間は植物由来の成分を体内に取り込んでも問題なく消化できますが、猫の場合は肉食動物であるため、植物成分の消化が苦手です。
特に、アロマの成分を分解するのに欠かせないグルクロン酸抱合とよばれる物質が猫にはありません。そのため、アロマの成分を猫が吸い込んでしまうと、消化できずにどんどん体内に溜まっていき、それが蓄積されると病気などの症状を招く危険性があるのです。

また、猫に対してアロマテラピーをするつもりがなくても、家の中にアロマオイルが置いてある家は注意が必要です。飼い主さんがうっかり目を離した隙に、猫がオイルを舐めて死亡してしまったケースもあります。
そのため、アロマオイルを家に置いてある場合は、絶対に猫が触ることのないよう、厳重に保管しておくことを強くおすすめします。

ちなみに、肉や魚などをメインにしたキャットフードは多いのに、野菜や植物をメインにしたキャットフードが少ないのは、上記で挙げた猫の体質が関係しているからなのです。
猫を飼う場合は「猫は植物成分由来のものが苦手な傾向にある」ということを念頭に置いておきましょう。

特に危険なアロマの種類は?

アロマオイルの瓶とレモン

基本的に、どの種類のアロマも猫に与えるのはおすすめできません。
中には「猫が吸い込んでも安全なアロマ」と謳っているものもありますが、猫と植物の消化についてはまだ解明されていない部分もあるため、体調を崩す可能性がゼロとはいいきれないからです。

ただ、現段階で分かっている「猫にとって危険なアロマ」を挙げるとするなら、オレンジやレモンなどの柑橘系や、フェノール類(タイム、バジル、オレガノ、クローブ等)、ケトン類(カンファー、セージ、スペアミント等)は特に危険です。
これらを使用したアロマオイルは、猫にとって毒性が強い傾向にあるため、オイルを舐めさせるのはもちろん、匂いを嗅がせることも避けましょう。

アニマルアロマテラピーを猫に行っても良いの?

匂いを嗅ぐような表情の猫

動物に対して行うアニマルアロマテラピーというのも存在します。
「動物向けのもの」といわれると安心してしまいがちですが、できれば猫に対しては行わない方が良いです。
先述したように、植物成分の吸収についてはまだ不明瞭な部分がありますし、犬に対しては平気でも、猫に対しては有害な場合もあります。

犬の場合は、植物成分を消化することができるため、アロマオイルの成分を吸い込んでも問題ない場合が多いのです。そのため、「犬に嗅がせて効果があったアロマだから、猫にも大丈夫」と安心してはいけません。

ただし、アロマの中には、比較的毒性の弱いものも種類によっては存在します。全てのアロマにおいて、毒性が強いというわけではないのです。そのため、どうしても猫にアニマルアロマテラピーを行いたいという場合は独自の判断で決めることはせず、必ず専門家に相談した上で決めましょう。

まとめ

猫の鼻

アロマテラピー以外のものでも言えることですが、人間にとって効果があるからといって、猫に対しても効果があるとは限りません。人間と猫ではからだの構造が大きく異なります。そのため、猫のからだのことを考慮するのであれば、アロマの匂いを嗅がせるのはやめましょう。

猫を飼っていて、なおかつ個人的にアロマテラピーも楽しみたいという場合は、猫のいない部屋で行うなどの工夫を取り入れることが重要です。

スポンサーリンク

人気のキーワード