猫にりんごを食べさせても大丈夫!与える方法や注意点

猫にりんごを食べさせても大丈夫!与える方法や注意点

概要

  • 猫にりんごを食べさせても大丈夫!
  • りんごを与えすぎると下痢の原因になるので少量に留めておく
  • 猫にとってりんごの種は毒なので絶対に与えない

猫は「りんご」を食べても大丈夫?と疑問に感じているかたも多いかと思います。人には栄養のあるりんごなのですが、お家の猫に「りんごを食べたいにゃ」と強請られた時、あなたならどうしますか?猫と一緒に生活する上で、猫にとって「りんご」は一体どういう果物なのかを知っておくことは、いざという時に役立つ知識になります。また、猫がりんごを食べてしまったけれど「大丈夫かしら…」と心配している方もぜひお読みください。

4944view

監修:獣医師 加藤桂子先生

(伊達の街動物病院)

猫がりんごを食べるのは少量ならば大丈夫

リンゴの断面

お家の猫が、何かの加減で、飼い主さんの見ていない時に、りんごを食べてしまいました。そんな時には、まず慌てずに猫がどれくらいりんごを食べてしまったのかを確かめましょう。猫がりんごを沢山食べていなければ、そんなに問題はありませんので、安心してください。

人間の世界でメジャーな果物として愛されている「りんご」。どの家庭でもよく食べられていますね。愛猫と暮らしている方は、食べさせてあげたいなぁなんて考えちゃいますよね。

でも、猫の身体は人間と同じようには出来ていません。なので、猫にりんごという果物を食べさせても大丈夫なの?と考える方や心配になってしまう方もいるかと思います。

この記事では猫にりんごを食べることができるのか、その際の分量はどうしたらいいのか、猫にとってりんごは健康的に良い食べ物なのか、などの情報を書いていきたいと思います。

「猫にりんごを食べさせちゃったけど大丈夫かな?」と不安になってしまっている方などの参考にもなれば幸いです。

猫にりんごを与える方法や注意点

美味しそうなりんご

猫にりんごを与えても、便秘の時などには役に立つこともありますが、さほど猫の栄養価にはなりません。お家の猫が食べたがるならば与えても良いですが、あえて食べさせることもありません。

猫にりんごを食べさせる時の注意

りんごを食べすぎて体調が悪い猫

猫の便秘の時に少量のりんごをあげることは悪いことではないですが、りんごを与えすぎてしまうことで猫が下痢になってしまうこともあります。下痢をしてしまうと脱水症状を引き起こすこともあります。またりんごを大量に摂取してしまうことで、猫の胃腸に負担がかかることにもなります。与えすぎることは危険ですので注意しましょう。

猫にりんごの種は絶対に与えないように気をつけてください。りんごの種は猫には毒です。

猫にリンゴを与える方法

りんごを小さく刻んで、少量を猫のご飯と一緒に食べさせると、猫の便秘予防になります。また、猫が食べてくれる時(飲んでくれるならば)りんごを擦ってジュースにしても良いです。

猫にとって「りんごの種」は毒である理由

リンゴの断面

猫がりんごを食べても大丈夫とお伝えしましたが、りんごの種は、猫にとっては毒になります。飼い主さんが見てない時に猫がりんごを口にしてしまった際には、まず、りんごの種を口にしていないかを調べてください。

猫がりんごの種を食べてしまったら、猫の様子をチェック

もし猫がりんごの種を食べてしまったなら、嘔吐、痙攣などをしていないかチェック、もしもしているような様子が見受けられる時にはすぐに動物病院へ連れて行きましょう。
ただし、普通にリンゴを食べる際に食べる種の数程度では中毒になる確率は低く、相当多く食べなければ問題はないでしょう。

りんご以外の果物の種に要注意

りんごはバラ科の植物になります。また、ビワなどの種類の果物の種は猫には毒になります。猫が絶対に口にしないように気をつけてあげてください。

バラ科の特定の植物に含まれる青酸

りんごもそうですが、バラ科の特定の種や葉に含まれている、青酸配糖体といわれる物質が腸内細菌によって有毒な物質に変わってしまい、猫が大量に摂取すると痙攣や嘔吐を起こしてしまいます。ひどくなると猫が呼吸困難を起こして死に至る場合も考えられます。

猫にりんごは与えた方が良い?

様々な食材

元々肉食系の猫はりんごを必要としていない

猫の胃は肉を消化するのに特化しています。けれども猫は、野菜または果物などの食物繊維を消化することはあまり得意ではない動物なのです。その為にたくさんのりんごを猫に与えてしまうと、胃や消化管に負担が掛かることになってしまいます。

猫が食べられるりんご以外の果物

猫と果物

さて、ここまで猫にりんごを食べさせることについて書いてきましたが、猫が食べられる果物は他に何があるのでしょうか?猫に与えられる代表的な果物を見てみましょう。

スイカ

水気の多いスイカ、猫の水分補給にも役にたつ果物です。カリウムを多く含んでいます。しかしカリウムは採りすぎると腎臓の負担が増えることがありますから、猫に食べさせる量はコントロールしてあげてください。猫にとって「スイカ」の適量は、大さじ1杯程度になります。

いちご

食物繊維を多く含んでいる、いちご。こちらも人にとっても腸内を整える効果のある果物ですね。猫のいちごの適量は、いちご一粒くらいを目安にしてあげてください。やはりいちごも食べさせすぎると、猫が下痢をしてしまう原因になってしまいます。

桃も猫が食べても大丈夫な果物になります。水分を沢山含む果物です。猫が食べてくれるようならば、桃を小さく刻んで猫の一口分の量を与えてください。猫にあげる桃の適量になります。また桃の種にも中毒性がありますので、絶対に与えないでください。

メロン

スイカ同様に猫の水分補給になります。またカリウムも含む果物になります。カリウムは少量ならば大丈夫ですが、猫に与えすぎると腎臓に負担をかけてしまうため注意してくださいね。猫にとっての適量は、刻んで食べられる一口分程度になります。

猫とりんごについてのまとめ

猫にりんごは食べさせても大丈夫
  • 猫にりんごを食べさせても大丈夫
  • 猫にりんごの種は毒なので与えない
  • 猫にりんごを与える時は小さく刻む
  • 猫がりんごを食べると便秘の予防になる
  • 猫にりんごを進んで食べさせる必要はない
  • りんごの種のような毒を持つ果物は梨、桃、枇杷

この様に、りんご以外にも猫が食べられる果物があります。果物はすべて糖分を多く含みます。猫がりんごなどの果物好きだからといって猫が欲しがるだけ果物をあげることはよくありません。りんごなどの果物の食べさせ過ぎには注意が必要です。

ねこがりんごを食べて下痢や糖尿病、肥満の原因になってしまうこともあります。考えて上手に猫に与えてくださいね。猫も飼い主さんと一緒に果物を食べることも、たまになら良いことかもしれませんね。素敵な猫ライフをお過ごしください。

40代 女性 saya

我が家の猫の場合は、基本的に摂取しなくてもよい食材は、一切与えないようにしています。というのも、一度与えてしまって、もし気に入ってしまったら、本来のエサを食べなくなることもあるのでは…?と心配だからです。また、リンゴのように少量なら問題ないというものでも、いったいどのぐらいまでが少量なのかも不安で、与えたことはありません。私にとっては、そのさじ加減が難しくて…。ただ有り難いことに、当の猫のほうもリンゴをはじめとした果物全般に全く興味がなさそうなので、ちょうどよかったといったところです。
もしリンゴを食べさせるなら、酸味が少ない品種のほうが向いていると聞いたことがあります。酸味が強いものは本能的に好まないのだとか。どなたか、猫にリンゴを食べさせたことのある方のお話を伺ってみたいものです。

40代 女性 sae

3歳の猫を飼っています。普段はドライフードをあげ、時々ウェットフードをあげるぐらいで、人間用の食べ物はほとんどあげていません。しかし、これを読んで、りんごに興味を示すのか気になったので、差し出してみたら…全く興味なし。「何やってるの?」と言わんばかりの表情で無視されました。
全体的に食べ物への執着があまりなく、獣医さんからも体格上、小食だと言われているので、なんでも美味しそうに食べる食いしん坊なネコちゃんなどは、私にとっては信じられないです。
ただし、お肉だけは別。焼いている匂いにつられて、いつもどこからともなく現れます。(さすが肉食動物!)太ってダイエットさせなければならなくなったら、かえって可哀そうなので、人間用の食べ物は極力あげないようにしています。

女性 阿部

実家で犬を飼っていますが、夏バテの時なんかは獣医さんに果物を少量でいいので与えると良いと言われていたので、猫も同じように少量摂取する分には体にいいのかな?と思い込んでいました。この記事を読んで、「猫には食物繊維を消化する事が得意ではない」という事を知り、びっくり!やっぱり猫には猫の為に作られたものだけを与える事が健康で長生きの秘訣になりますね。末っ子猫がとても食いしん坊ですぐに人間の食べ物をほしがるのですが、私の手を両手でガッチリ掴んで必死にしがみつき、食べようとする姿があまりの可愛さにあげてしまいそうになることもよくあります・・・。気をつけようと思いました。

女性 のん

ウチは愛猫にりんごを与えたことはありませんが、どんな反応を示すのか、想像がつきません。
少量ならば与えても害はないということで、愛猫が摂取する水分量を上げるのにうまく使えたら良いですね。
りんごをすり下ろして与えるのも良い、と聞いたことがあります。
もちろん、愛猫がりんごを気に入れば、ですが・・・。

意外と猫が食べることのできる果物は多いのですね!
キャットフードに飽きてしまった時、ちょっと目先を変えて与えてみても良いかな、と思いました。
ウチの猫たちは食物アレルギーがあるので、とっても気をつけながらになりますが・・・。

人間にとっては体に良い食べ物でも、猫にとっては害となる食べ物もあるので、
つまみ食いなどされないよう、これからも充分に気をつけていかなければ、と思いました。

30代 女性 tonakai

猫の便秘予防や対策にりんごなど果物や野菜が良いと思っていましたが、与える量を考えてあげないとデメリットになってしまうんですね。りんごが使用されている猫用のおやつを与えたことがありますが、お腹を壊さないか心配でした。りんごを食べなれていない猫に与えた後は良く観察してあげた方が良いのかもしれませんね。
普段りんごなどの果物や野菜に興味がない猫でも、飼い主が側にいない時は何をするのか分からず、食べてしまうことも考えられます。我が家の猫は、側に人がいないときはキッチンを探検しようとするので、食べものがある場所へは侵入できないようにしています。事故を防ぐには「猫は果物は食べないだろう」という先入観を捨てないといけないと思いました。

30代 女性 おにゃっきー

うちの猫さん方は雑食です。
魚や肉も好きですが、野菜が入っていても気にせず食べます。
犬も飼っていて、このワンさんの食事もたまに食べてしまう程です。

実は、りんごはうちのワンさんの好物で、産地でもある為、私自身にとっても身近な果物です。
考えてみると、雑食の猫さん達にこの ”りんご” 含めた果物類はあげたことがありませんでした。
欲しがる事もない為、猫さん方にとって、果物は興味のないジャンルの模様。

(欲しがらないものを無下にあげても、良いことは無し。)

そんな感覚で食事を出しているので、この先欲しがる事があれば、少量。
これを頭にいれておこうと思います。

種。
については、やはり誤食は(思いもよらない事故で)あり得る事。
夏、スイカもうちでは定番な果物で、リンゴに次いでうちのワンさんも好きです。
ワンさんの食べ物に興味津々の、猫さん方なので、要注意ならぬ超注意で過ごしていきます。

20代 女性 あにゃにゃ

猫に食べさせない方が良い食材がたくさんあるので、私も猫には無難なキャットフードをあげています。
たまに、トッピングでかつお節をのせてあげる位ですが、以前、去勢した後の栄養補給でハチミツをあげた事があります。(獣医さんの了解もらいました)

りんごやいちご、メロンみたいな果物を好む猫はあまり耳にしないので、ピンと来ないのですが、私が食べるものに興味を示すこともあるので、気を付けようと思います。

水分補給に果物!
人の体にはとても良いコトですが、猫にも時と場合によってはアリなんだなぁ。
と感心してしまいました。

お野菜や果物の入った猫缶やペーストタイプのおやつ、私も見た事があります。
うちは食べてくれるかわからないので、毎回定番しか買いませんが、グルメな猫ちゃんには嬉しい缶詰なのかな?と感じました。

ちゃんと栄養バランスが計算されている猫缶や猫用おやつも、日々進化しているので、買う時に注目したいと思います!

20代 女性 ぱえりあ

猫ちゃん用のオヤツにフリーズドライされたりんごや、りんごチップスやりんごを使ったクッキーやフードなど売っているのを見たことがあるので、猫ちゃんがりんごを食べても大丈夫な食材なのは知っていました。
ですがりんごの種が毒になるのは知らなかったので、種がついたまま気付かず与えてしまったり、りんごそのままを盗み食いなどされた場合など注意が必要ですね。
りんご自体は細かく刻んだり、すりおろしてあげるとお腹の調子にも良いと言いますよね。適量なら効果はありますが、それ以上となるとお腹をくだしてしまったり肥満の原因にもなりかねないので、様子を見ながらあげ、調子を見てあげるのが一番ですね。
猫が食べれる果物も結構あるので、バランスよく上手く取り入れてあげると健康にも良さそうです。
あげる量がいまいち分からなかったり、お腹や消化が元々弱い猫ちゃんには無理にあげず控えたり、オヤツとして販売されているものをあげるというのも良いんじゃないでしょうか。

20代 女性 うづきまる

以前飼育していた犬がリンゴが大好物だったので、哺乳類であればリンゴを与えても問題ないと長年思っていました。

しかし、猫ちゃんにとってリンゴは不必要な栄養だという事が分かり、驚いています。
同じペットとして普及している動物でも、与えてはいけないものが異なる点が興味深いです。

人間の食べ物を猫ちゃんやペット用の生き物に与える行為は、どちらかというと反対です。
しかし、ずっと同じ餌を与え続けても味に飽きてしまいます。

ペットフードの上に少量の食べ物を振りかけてあげる程度で、猫ちゃんにとっては食の気分転換にもなりますよ。

人間の食べ物を与えた後は、猫ちゃんの体調に変化がないかをよく確かめて下さい。
必要があれば、医療機関を受診し医師の判断を仰いで下さい。
人気のキーワード