キャットフードのおすすめ5選とその選び方

キャットフードのおすすめ5選とその選び方

ペットショップやネットショップを覗けば、そこには所狭しと並ぶキャットフードの山が…正直、どれを選べば良いのか、分からなくなる事があります。愛猫に合うキャットフードは一体、どのように選べば良いのでしょうか?おすすめキャットフードと共に、お伝えします。もちろん、ペットショップの店員さんに、おすすめを聞いても良いでしょう!きっと、人気のあるキャットフードを、教えてくれるはずです。

1721view

キャットフードの種類

オレンジの皿にある餌を食べる猫

数あるキャットフードですが、大きく分けると2種類に分けられます。皆さんご存知の、ドライフードとウェットフードです。日本ではまだあまり目にしませんが、フリーズドライのキャットフードもあります。水で戻せば自然の食事に近いご飯となりますが、コストはかなりかかります。

ドライフード

俗に言う「カリカリ」です。水分量が10%以下のキャットフードで持ちが良く、コスト面でも優れています。また固い為、歯石が付きにくいとも言われています。こちらを愛猫に与える飼い主さんが、1番多いのではないでしょうか?猫によっては、ドライフードの食べ応えある触感を好む子がいます。栄養面ではネズミのような自然の食事と比べるとたんぱく質と水分量が低く、炭水化物が高い、という面があります。

ウェットフード

水分75%以上のフードで、缶詰めやパウチに入って売られています。ドライフードよりも匂いが強くまた、肉の触感が残っているので、猫の満足度が高いと言われています。1回に食べ切ることが多いので、保存料や酸化防止剤が入っていない商品がほとんどです。猫に不足しがちな水分が摂れるのも、良い点です。ただ、商品によりますが、コスト面では若干高く付く事が多いのが、デメリットと言えばデメリットです。多くの獣医師は、猫にはウェットフードが望ましい、としています。

キャットフードのおすすめの選び方

ウェットフードを食べる猫

愛猫に合ったキャットフードを選ぶには、どのようにすれば良いでしょうか?前提として、どんなに良いフードを選んだとしても、愛猫が食べてくれなければ意味がないので、最終的に選ぶのは愛猫、という事になります。

ドライorウェット?

愛猫の満足度や水分含有量、栄養バランスや食品添加物の有無が自然の食事に近い為、獣医師が推奨するのはウェットフードです。ですが、毎食ウェットフードにすると、コスト面での負担が大きくなります。また、猫によってはウェットフードも食べるものの、カリカリとした触感のドライフードを好む猫もいます(筆者の愛猫がそうです)。

ですから、ドライフードかウェットフードかは、総合的に考えて決めると良いでしょう。1食だけウェットフードで後はドライフード、という与え方や、基本はドライフードで、週に数回はウェットフードの日を作るなどという形もできます。もちろん、全食ウェットフードでも、問題ありません。愛猫と相談の上、ベストな方法を選びましょう。

たんぱく質の多いもの

キャットフードのパッケージに記載されている原材料名で、1番頭に来ているものを見てみてください。最初に表示されているのが、そのキャットフードで最も多く使われている原料になります。穀物が1番多いもの、肉や魚が1番最初に記載されているものなど、様々です。猫は肉食動物なので、動物性のたんぱく質が欠かせません。出来る限り、肉や魚が原材料名のトップに来ているキャットフードを選ぶのが、望ましいです。

食物アレルギーに配慮する

食べ物に対してアレルギーがない猫でしたら問題ありませんが、中には食物アレルギーを持つ猫がいます。猫に多いのは、牛肉、乳製品、魚、ラム、鶏、小麦・大麦、卵アレルギーなどです。猫の食物アレルギーは人間のように検査ができないので、原因を特定するのが難しいです。

ですが、「コレを食べると嘔吐や下痢、皮膚のかゆみが出る」という場合、そのキャットフードに含まれている何かの食材にアレルギーがあるので、一度受診して、獣医師さんに相談してみてください。そして愛猫の安全をキープする為、一度アレルギー症状が出たキャットフードは、食べさせないようにしてください。

愛猫が好むもの

飼い主さんが素晴らしいと思ったキャットフードでも、愛猫があまり食べてくれない場合があります。購入した側としては少し残念ですが、仕方ありません。かつお節などをトッピングすると、もしかしたら食べてくれるかもしれませんが、ずっと愛猫の好みに合わないキャットフードを与えるのも、難しいでしょう。

愛猫が好み、尚且つ飼い主さんも様々な面で良いと思うキャットフードに出会うまで、数種類を試さなければいけない事があるかもしれません。それもある程度は、仕方ないでしょう。また、ずっと同じキャットフードだと飽きる場合もあります。2〜3種類のフードをローテーションで与えている飼い主さんもいます。飽きやすい猫の場合はいくつか、お気に入りを見つけるのも良いでしょう。

キャットフードのおすすめ商品5選

アマゾンランキングで上位、レビュー評価も高いおすすめキャットフードをご紹介します!アマゾンでキャットフードを購入する場合、定期おトク便と言う定期購入をすると配送料無料+割引サービスがありますので、うまく使うとお財布に優しいです。

ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア

ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア 避妊・去勢後から全ての年齢に ターキー 2.2kg(550g×4袋) [キャットフード]
1,318円(税込)

商品情報
避妊・去勢手術をした子ねこからシニア猫まで全ての年齢に対応。低脂肪・低カロリー設計で体重管理をサポート。天然の食物繊維を配合し毛玉をケア。ミネラルバランスの調整により尿pHコントロール。

ターキーが第一原料になっている、高たんぱく(粗たんぱく質38%以上)、低脂肪(粗脂肪8.5%以上)、低カロリーのドライフードです。避妊・去勢手術を受けた子猫からシニア猫まで、全年齢に対応しており、毛玉と尿phにも配慮されています。550gずつ小分けにパックされた4袋入りのパッケージで計2.2kg、酸化や風味が衰えにくく、保存も便利です。他に、2袋入りの800gと4kg(小分けなし)があります。

レビューでは「食いつきが良い!」「ずっと食べている」など、好評です。食いつきが良い上に飽きない猫が多いようです。コスパが良いのも、人気の理由の1つでしょう。



サイエンスダイエット インドアキャットアダルト チキン

サイエンスダイエット インドアキャット アダルト チキン 成猫用 1.8kg [キャットフード]
1,820円(税込)

商品情報
猫が大好きな味を研究。独自の「極上うま味成分」配合レシピで、夢中になるおいしさを実現。室内猫の運動不足に配慮した栄養バランス。また、適切なレベルのカルニチンを配合し、健康な筋肉の維持を助けます。

療法食も多く販売しているヒルズコルゲートから出ている、サイエンスダイエット、完全室内飼い成猫用のドライキャットフードです。第一原料はチキンとターキーの鶏肉で、たんぱく質は29%以上です。

猫が好きな味の研究がなされ、独自のうまみ成分を配合しているとか。食べやすい形の粒や運動不足に対応した栄養バランス、カルニチンによる筋肉の維持などの配慮がなされています。更に食物繊維で毛玉ケアと便通サポート、低カロリーで体型ケア、抗酸化成分のビタミンCとEで健康と免疫力の維持、膀胱と下部尿路の健康ケアを考え、作られています。着色料は不使用。

おおむねのレビューでは評判が良いのですが、中にはあまり好まない猫も、いるようです。また、体質に合わず吐いてしまうというレビューもちらほら。まずは800gの小袋から試してみた方が良さそうです。



フィリックス やわらかグリル成猫用 ゼリー仕立て ツナ

フィリックス やわらかグリル 成猫用 ゼリー仕立て ツナ 70g×12袋入り (まとめ買い) [キャットフード・パウチ]
660円(税込)

商品情報
ご家庭で調理したような見た目とおいしさのキャットフード レトルト(成猫用/1歳から)です。マルチビタミン、ミネラル、オメガ6脂肪酸など必要な栄養を含みます。

第一原料がビーフ、チキンなどの肉類で、粗たんぱく質12%以上、水分82%以下の、ウェットフードです。ゼリー仕立ての為、その食感を好む猫が多いようです。柔らかい食べ応えのようですが、実は意外と食べ応えがある固さなのだとか。栄養バランスが配慮された総合栄養食なので、これだけ毎日与えてもOK!

レビューでも、食いつきやコスト面での評価が高いです。ですが好みは猫それぞれのようで…全く食べない猫や残す猫も。こればかりは愛猫に与えてみなければ、分かりませんね。ツナの他、チキンやサーモンもあります。



モンプチバッグ成猫用 5種のフィッシュブレンド

モンプチ バッグ 成猫用 5種のフィッシュブレンド まぐろ・かつお・鯛・サーモン・小魚味 600g [キャットフード・ドライ]
414円(税込)

商品情報
厳選した「まぐろ」「かつお」「白身魚」「サーディン」を絶妙なバランスでブレンド。全4種類の粒をミックス。

第一原料は小麦やコーングルテン、米などの穀類ですが、たんぱく質は31%以上と決して低くありません。猫が好むまぐろ、かつお、タイ、サーモン、小魚を絶妙なバランスでブレンドした、モンプチ史上最高の美味しさ、と謳われるドライフードとなっています。

手頃な値段と食いつきの良さで、継続的に与える飼い主さんが多いよう。猫によってはこれしか食べない、というコアなファンも。もちろん好みがありますので、食べない子もいるようです。



フリスキードライ バランス かつお・チキン・野菜入り

フリスキー ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り 1.8kg
298円(税込)

商品情報
厳選されたチキンやビーフなどのお肉フレーバーと、サーモンや白身魚などのお魚フレーバーが絶妙なバランスの総合栄養食です。
たんぱく質と脂質がアップして、高い栄養と嗜好性の両方を実現した総合栄養食。厳選されたチキンやビーフなどのお肉フレーバーと、サーモンや白身魚などのお魚フレーバーの絶妙なバランスです。

第一原料は穀類(とうもろこし、コーングルテン、小麦)、たんぱく質30%以上のドライフード。大変安いので、どちらかというとコスパ重視の場合におすすめです。こちらも例に漏れず、食べる猫と食べない猫がいるようです。猫のご飯は本当、難しいですね。

キャットフードの食品添加物は本当に危険か

お皿を見つめる猫

よく、食品添加物は危険だ、と言われます。筆者も添加物については非常に気になっており、独自に調べてみました。確かに、添加物の中には、摂取する量によって体に影響を及ぼすものが存在します。ですが、マウスやラットでの動物実験が行われており、摂取しても影響のない量が、算出されているそうです。特に人口の添加物はある量を下回ると、毒性がなくなるのです。

ですから、キャットフードなどのペットが食べるフードに使われる添加物は、安全性が確認されている量か、もしくはそれよりもはるかに下回る量が使われています。もちろん、飼い主さんによってはそれでも心配、という方もいらっしゃるでしょう。その場合はなるべく添加物が少ないものを、選ぶようにすれば良いのです。誤解されがちな添加物ですが、実はキャットフードの品質保持や、食欲増進などに役立っています。ただ、添加物の味に慣れてしまうと、それが入っていないと美味しく感じなくなる、というリスクはあるようで…。

尚、「無添加」と表示されているフードがありますが、本当に無添加なものは世の中にほぼ存在しないとか。と言うのも、添加されていても加工の最終段階で消失するので表示義務がないものや、加工の途中では添加されなくても、原材料に添加されている場合などがあるからです。何を安全の基準とするかは、買い主さんの判断が必要です。

まとめ

こちらを見上げる猫

愛猫にはなるべく美味しく、健康に良いキャットフードを与えたいというのは、飼い主さん共通の願いではないでしょうか。筆者は少し前まで食品添加物を毛嫌いしていましたが、きちんと調べてからは、そこまで避ける必要のないものだ、と思いました。多くの情報が氾濫する時代、言われている事を鵜呑みにするのではなく、自ら調べて判断することが、とても大切なのだと感じています。

人気のキーワード