猫インフルエンザが人にうつるかもしれない!予防できる方法はある?

猫インフルエンザが人にうつるかもしれない!予防できる方法はある?

ニューヨークで昨冬(2016〜2017)、動物保護施設の約500匹の猫が感染したと言われる猫インフルエンザ。人間に感染する恐れがあるとされていますが、その理由や対策などをまとめて見ました。

439view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫インフルエンザが人にうつるかもしれない!

猫と小鳥

この猫インフルエンザは、低病原性 H7N2 鳥インフルエンザに由来すると発表されました。そしてH7N2 ネコインフルエンザと呼ばれるようになり、ウイルスは哺乳動物の呼吸器でよく増え、猫同士で接触感染や飛沫感染する事がわかりました。

フェレット間でも接触感染があるそうです。猫を介して ”哺乳動物” に感染するという事ですから、これが、私たち人間にも感染する恐れがあるという理由です。

研究チームの見解

顕微鏡と犬と猫

研究チームは、東大医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野の河岡義裕教授のグループで、研究結果は米国科学雑誌「Emerging Infectious Diseases」オンライン版で発表されました。

アメリカで2016年12月〜2017年2月にかけて発生したネコインフルエンザの流行は、前述のとおり、鳥インフルエンザから変化したウイルスによるもの。

現段階では、猫を介して人間やその他の哺乳動物に感染する可能性を示唆する・・・という表現にとどまり、感染しますと断言するものではないようです。

ただ、ニューヨークの保護施設での流行時に、治療にあったておられた獣医さんが、症状は軽かったそうですが感染したという事です。

今後、新型のインフルエンザウイルスの対策をする上で、人間の生活と密接な関係のある猫が中間宿主となりうる重要性を示しているという事のようです。

インフルエンザが猫からうつらないようにする為の対策の方法

子供と猫

猫にできる予防策

  • 混合ワクチン
  • 室内で飼う

まだ、ウイルスの特性が解明されただけの段階なので、ワクチンの開発などはまだこれからだと思われます。ですが、混合ワクチン接種をして他の感染症にかからないような予防も必要ですね。

猫ちゃんたちはお外に出たがるでしょうが、なるべく室内で飼う方が、感染症も含め色々と安全なように思います。

人ができる予防策

人間は、日頃やっているようなインフルエンザ対策、手洗いやうがいをしっかり実行し、寝不足や疲労に気をつけて免疫力をつけましょう。

万が一、罹ってしまった時でもお薬の有効性についての研究は進んでいるようなので、猫ちゃんも人間も、気になる症状があれば早めにお医者さまに診てもらいましょう。

まとめ

咳をする男性と猫

ニューヨークの保護施設で感染した猫ちゃんたちの症状は、鼻水や咳など軽いものだそうです。研究発表には、哺乳動物が感染しても顕著な症状は見られないにもかかわらず呼吸器内でよく増える・・・や、猫インフルエンザウイルスに感染させたマウスが病的症状を示す事はなかった・・・との記述がありますので、人間が感染した場合でも重篤になるケースは稀かと思われます。

ただ、インフルエンザウイルスの一種には変わりありませんので軽視は禁物ですね。

猫ちゃんも飼い主さんも、予防策を徹底してお健やかに。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

人気のキーワード