愛情たっぷり!手作りおもちゃ

愛情たっぷり!手作りおもちゃ

お家にあるものに少し手を加えることで、猫ちゃんの新しいおもちゃを作ることができます。エコで手軽に作れるものをご紹介します♪

974view

簡単に作れる手作りおもちゃ

猫とおもちゃ

いつも同じおもちゃで遊んでいたらマンネリ化してきていませんか?あんなに夢中だったのにいつしか見向きもしなくなった玩具。

でも壊れてないし、新しいの増やすのもなぁ…と思ってる飼い主さん多いのではないでしょうか。

わざわざ買わなくても、家にあるものに少し手を加えるだけで、立派なおもちゃになります。

カシャカシャなる猫じゃらし

カサカサなる猫じゃらしと猫

セロハンのカサカサする音が良い仕事してくれます。

[材料]

  • 割り箸一膳(半分使います)
  • お好みのマスキングテープ
  • カラーセロハン
  • ラッピング用ポンポン
  • 長いゴム
  • 油性ペン
  • 針と糸
  • ハサミ

[作り方]

①まず、好きな色のセロハンに絵を描き、その形の通り切り取ります。
そして、針と糸で、ゴムとセロハンを縫いつけます。(まつり縫い)
そして、その糸にポンポンを通し、
ゴムと糸を縫い合わせます。

割り箸の先

②割り箸の先を数ヵ所、箸の先の滑り留め部分のように、削ります。
そこへゴムを2~3周させ、巻いて結びます。
この滑り止め加工を施すことで、引っ張られる力が加わっても、凹みに引っ掛かり抜け落ちません。

③持ち手の部分に好きなマスキングテープを貼ったら完成!
マスキングテープであなた好みのオリジナルな猫じゃらしを作ることができます♪
セロハンの大きさや、数でカシャカシャなる音の大きさが変わりますよ。

並んでいる複数の猫じゃらし

写真に手前の羊毛フエルトボール、モケモケボールも手作りです。
材料はダイソーで揃えました。

レインボーカラーの毛糸はカラフルで猫のおもちゃ作りに最適です!
数本を三つ編みに編んで、ゴムに結んで上記同様割り箸に付けたものは、とっても簡単ですぐ出来ちゃいます♪

羊毛フエルトはチクチク丸にしただけ、モケモケボールも同じ長さに揃えた毛糸を束ねただけ。とっても簡単なものです。

カサカサトンネル

新聞紙のトンネルと猫

こちらは新聞紙やちらしを円柱の形にして、セロテープで留めただけです。
I字やT字、お好みで作ってみて下さい♪

これはうちの子には大好評でした!
破れるまで夢中で遊び、破れても中に入って寝ていました。

新聞紙って保温にも優れているので狭く暖かく、寝るのには最高なのかもしれません。
布タイプを買うまでは、これで代用し、買った今でもたまに作ります。

トンネルからしっぽ

夢中になってくると、ずさーーーっとすごい勢いでスライディング気味に出てくるので、針金の入っていない、こっちの方が安心です。

トンネルに覆いかぶさる猫

※白いおてての猫ちゃんは新聞紙だと汚れちゃうかも?

nyamazon box

namazon box

アマゾンならぬ、「ニャマゾン!」
amazonの箱に「ny」を足し、穴を開けるだけです!
穴の中にオモチャを入れたり、猫自身が入れる大きさの穴を開ければ、外側から猫じゃらしで一緒に遊べます。

穴とスタンプ

私は穴の部分に各国の猫の鳴き声(日本ならニャー)をイニシャルスタンプで押してみました。

カラカラボール

カラカラボール

[材料]

  • トイレットペーパーorキッチンペーパーなどの芯
  • マスキングテープ
  • 定規
  • はさみ

①トイレットペーパーの芯をマスキングテープの幅1.5㎝に切る。

②切った芯にそれぞれマスキングテープを貼る。

③それを4つ重ねるだけ。

以上です!簡単です!

このままでも遊べますが、我が家はこれに好きなカリカリやおやつを入れ、出掛ける時の暇潰し用に置いてきたりします。

カラカラ転がして自分で取って食べるので猫ちゃんの狩猟本能も刺激され良いのではないかな~と思います。

まとめ

笑う猫

いかがでしたか?
毎回買わなくても自分で作れますよ♪

お家にある物を使えば、安価で愛猫に飽きずに遊んでもらえます。

一緒に遊ぶことで、コミュニケーションも取れ、ストレス発散、運動不足解消、と良いこと尽くしです。

あなたの愛情もたっぷり!きっと喜んでくれますよ♪

ぜひ作ってみて下さい♪

人気のキーワード