猫が蜂に刺されたときの対処法

【獣医師監修】猫が蜂に刺されたときの対処法

概要

  • 猫が蜂に刺されたら針を抜いて患部を洗って冷やす。
  • 嘔吐、震え、呼吸困難の症状や腫れが引かない場合、直ちに受診する
  • 異変がない場合も注意深く観察し、なにかあればすぐに獣医のもとへ

猫が蜂に刺されて、顔や手足をパンパンにしている画像をネットで検索すると、沢山でてきます。飛んでいる虫や、床に転がっている虫を追いかけ回す我が愛猫。猫ちゃんを飼っている方なら一度は目にする光景ですよね。そんな猫ちゃんが、蜂を追いかけ回し返り討ちに合うことは容易に想像できます。では実際に愛猫が蜂に刺された場合、どうすればいいのか?順を追って見ていきましょう。

10715view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫が蜂に刺されたら

猫アップ

まずは冷静に対処しましょう!

大切な猫ちゃんが蜂に刺されたら、驚きますし動揺しますよね。どうしようと思っている間にみるみる腫れてきて、憐れな姿になっていく猫ちゃんにさらにパニック。しかし、ここで慌てても仕方ありません。まずは刺された箇所をチェックしてください。

猫が蜂に刺された時の応急処置方法

猫に蜂の針が残っていませんか?残っていたら直ちに抜いてください。ただし、無理に指で抜いてはいけませんよ。下手に針を抜くと傷口に毒を流し込み、余計に悪化してしまうからです。ピンセットなどで針を抜いてください。

その後、水で患部を綺麗に洗い、氷などで冷やしてください。この一連の流れを早急に、焦らず行ってください。その後、猫ちゃんに何か異常が出ないかしっかり経過を観察することが大切です。

猫が蜂に刺された後、様子がおかしい場合

猫と蜂

患部が腫れて痛そうな猫ちゃん、その他に異常はないか。ここではどういった所を気をつけて見るべきかポイントを説明します。

嘔吐、震え、呼吸困難が出ている場合

これらの症状が猫にでている場合は、直ちに獣医さんの元に行きましょう。猫の「アナフィラキシーショック」を起こしていることが考えられます。知っているかたも多いと思いますが、アナフィラキシーショックとは急性のアレルギー症状です。最悪の場合、猫は死に至ります。このような症状が猫に出た場合は速やかに病院に連れていってください。痛そうにしている場合も危険です。

腫れが引かない

刺された箇所の腫れが引かない場合も、直ちに獣医さんに見せる方がいいでしょう。しかし様々な事情により、早急に獣医さんに見せるのが難しい場合があると思います。そういった方の中には人間用の虫刺され薬を使う方もいらっしゃいますが、その場合は細心の注意をはらう必要があります。

何故なら人間用の薬と猫ちゃんの薬では投薬量が全く違うからです。そのような薬を使う場合は電話でもいいので、必ず獣医師さんに指示を仰ぎましょう。近くの動物病院が営業時間外の場合は、24時間電話相談を承る窓口も多数存在します。よろしければこの機会に、一つ登録をしてみてはいかがでしょうか?

猫が蜂に刺された後、異変がない場合

蜂に刺された猫

平然と過ごしていて逆に心配

とても腫れて痛そうなのに、当の猫ちゃんはとても元気。おもちゃで遊ぶし、ご飯も食べるし・・・けれど、本当に大丈夫なの?と心配になる方もいるかもしれません。しかし安心してください。案外そういう猫ちゃんは多いようです。

猫ちゃんの自己治癒力は大変高く、何もしなくても普通に治ったというお声も多いようです。だからといって安心してはいけません。体調に変化がないか注意深く見守ってくださいね。

いつもと違うような気がするけれど

蜂に刺された猫ちゃん、何となく元気がないような気がするけれど、いつもと変わらないような気もする。この場合は病院に連れていった方がいいの?と迷われる方も多くいらっしゃると思います。

そういう場合は連れていってあげましょう。何もなければ安心ですし、先生に相談して悪いことはありません。蜂に刺されたなら尚更です。どのような場合でも可能なら病院に連れていくのがベストです。

まとめ

飛んでいる蜂を見ている猫

蜂に刺された猫ちゃんを見つけた場合のおさらいを、最後にもう一度しましょう。

  • 猫に蜂の針が残っていないか患部を確認。残っていた場合はピンセットなどで抜き、冷水でよく洗う。
  • 患部を氷などで冷やす。その際、猫に嘔吐や震えがないか、注意深く観察する。
  • 可能であれば早急に動物病院へ。難しければ様子を見る。少々でも猫に異変があれば、何がなんでも病院へ行く。

大切な愛猫ちゃんの為にも、蜂に刺されたときこそ冷静に落ち着いて対処してあげましょう。

40代 女性 さわこ

猫ちゃんは、虫を追いかけてしまいますよね。
しかし、それが蜂だと大変ですね。
もし、刺されたら刺された場所を探します。猫ちゃんが痛がって気にしていたらだいたい刺された場所がわかるのではないでしょうか。
場所がわかれば、すぐに冷やしましょう。針が刺さっていたらピンセットで針を抜きましょう。
あとは、獣医師に診ていただきましょう。
慌てないことが重要です。