猫にとって蚊取り線香は安全か 種類ごとの違いとは

猫にとって蚊取り線香は安全か 種類ごとの違いとは

皆さんの自宅では、蚊取り線香を利用されていますか?夏になるとやってくる厄介な蚊。愛猫が咬まれてしまわないか心配ですよね。そんなとき頼りになるのが、夏の風物詩として愛されてきた「蚊取り線香」です。でも、煙やニオイが出る蚊取り線香は、猫にとって安全なのでしょうか。快適な夏を愛猫と過ごすために、猫にとって安全な蚊取り線香の使用方法をまとめました。

498view

猫に蚊取り線香は安全なのか

蚊取り線香の写真

基本的に猫に蚊取り線香を使用しても問題はない

犬、猫、ハムスター、小鳥などのペットがいるお部屋でもご使用いただけます。ただし、十分に換気してご使用ください。

蚊取り線香を販売しているほとんどの大手製薬会社が、ホームページに上記のようなよくある質問への返答を掲載していました。基本的に、蚊取り線香の成分が猫にとって大きな害になることはなさそうです。

蚊取り線香の成分

  • 蚊取り線香の成分は体内で分解され、排出されるので無害

蚊取り線香はピレトリン、又はピレスロイド(ピレトリン類似化合物)という防虫菊に含まれる天然殺虫成分を有効成分とした殺虫剤です。

ピレトリン、ピレスロイドは哺乳類、鳥類などの恒温動物の体内に入った場合、速やかに分解され体外に排出されるため、基本的に哺乳類と鳥類に対しては無害であるとされています。

ペット用蚊取り線香の違い

蚊取り線香
  • ペット用蚊取り線香:屋外での使用が前提。持続時間が長い、けむりが多くでる
  • 一般的な蚊取り線香:室内での使用

ここまでで、通常の蚊取り線香も猫にとって基本的に無害であることが分かりました。では、ペット用蚊取り線香として販売されている蚊取り線香は、通常の蚊取り線香とどこが違うのでしょうか?ペット用蚊取り線香を販売しているキンチョーへ問い合わせしてみました。

Q. ペット用蚊取り線香と通常の蚊取り線香の違いは何ですか?

A. まず、ペット用蚊取り線香は屋外での使用を前提としています。そのため、持続時間が長く、けむりが多くでる仕様となっております。室内でご利用頂くことも可能ですが、換気を十分に行ってください。

結果、どちらを使用しても構わないという返答でした。けむりが多くでるという点で、室内で使用する場合は、ペット用蚊取り線香を選ぶメリットは少ないといえるかもしれません。

猫に香りつき・アロマ蚊取り線香は危険なのか

我が家の猫と香り付き蚊取り線香
  • 香りつきアロマ蚊取り線香でも問題はない
  • 換気をしっかりする事
  • 猫が蚊取り線香を口にしないように注意する

アース製薬へ問い合わせした結果

我が家では、アース製薬の「アース渦巻香」を長年愛用しています。アース渦巻香には、カモミールやバラの香りの蚊取り線香があり、基本的に室内で使用するので、部屋の中に蚊取り線香独特のニオイが広がらず助かっています。

ただ、アロマは猫にとって毒になる場合もあります。カモミールやバラも注意しなければならない花の一種。蚊取り線香の有効成分は、猫にとって無害だったとしても、アロマによる中毒症状が心配だったため、アース製薬へ問い合わせしてみました。

Q. カモミールやバラは猫にとって危険な植物だと言われていますが、猫がいる室内で、他の蚊取り線香と同様に室内で使用しても大丈夫でしょうか?

A. 大丈夫です。ただ、換気は十分に行ってください。猫ちゃんが蚊取り線香を口にしないよう、十分に気を付けてください。

という返答でした。猫が蚊取り線香をかじってしまう…ということは、まずないと思いますが、念のため猫が触れないところに保管するようにしましょう。

天然、化学薬品不使用の蚊取り線香の方が安全なのか

実験イメージ
  • 安全面では普通の蚊取り線香と殆ど変わりがない
  • 持続効果が短いので害が少ないのではないかという見解
  • どちらを使うかは飼い主さん次第

普通の蚊取り線香との違い

天然除虫菊蚊取り線香:天然ピレトリンという天然素材を使用している

ペット用蚊取り線香をネットで検索すると「天然除虫菊蚊取り線香」や「化学薬品不使用」という文言をよく見かけます。天然、薬品不使用といわれると、猫にとってはそちらのほうが安全なのではないかと思いますよね。

では、この天然除虫菊や化学薬品不使用の蚊取り線香は、一般的に販売されている蚊取り線香とどのような違いがあるのでしょうか。

天然除虫菊蚊取り線香

「天然除虫菊蚊取り線香」と表記されるものは、天然ピレトリンという除虫菊の天然殺虫成分を使用しているものを指します。

天然ピレトリンは光や酸素、アルカリに不安定であり、環境中に発揮したあとすぐに分解、失活され短時間しか作用しないことから農薬としては欠点であるとされ、ピレスロイドが一般的に用いられるようになりました。

天然ピレトリン・ピレスロイドの安全性

天然ピレトリンとピレスロイドの安全性においては、殆ど変わりがないとされています。しかし、持続効果が短いという点で、天然ピレトリンのほうが害が少ないのではないかという見解もあるようです。

ただ、この比較についてはハッキリとした答えはなく、飼い主さんの判断に委ねられます。飼い主さんが納得の上、安心して使用できるほうを選ぶといいでしょう。

猫に蚊取り線香を使用する際の注意点

注意イメージ

まず、大手製薬会社のホームページへ掲載されている注意事項、問い合わせの結果を併せて考えると、猫と暮らす部屋で蚊取り線香を使用する際に、最も大切なことは換気だということが分かりました。

  • 十分に換気を行うこと
  • 閉め切った部屋で継続して使用しないこと
  • 猫のお気に入りの場所を避けて設置すること

蚊取り線香の有効成分が猫にとって無害なものであるとしても、継続して大量のけむりを吸い続けることは決して良くありません。これは人間にとっても同じですよね。風通しのいい状態で使用することを一番に心がけましょう!

スプレータイプの蚊取り線香の使用は注意

ワンプッシュタイプや、スプレータイプの蚊取り線香は、噴射された液が床などに付着し、猫の足や体に付着する可能性がありますので、注意が必要です。液状の殺虫剤を継続して使用する場合は、使用場所の工夫や、使用後に床を拭くなどで猫の口に入らないよう対策するといいかもしれません。

まとめ

我が家の猫と蚊取り線香2

猫のいる室内で蚊取り線香を使用することは、換気にさえ注意すれば安全だということが分かりましたね。また各社よりペット用やアロマつきなど様々な種類の蚊取り線香が発売されていますが、基本的にはどれを使っても安全なようです。

猫は蚊に咬まれにくい(人間が先に咬まれる)、咬まれても痒がらない場合が多い、などといいますが、できることなら愛猫を蚊から守ってあげたいですよね。なかには蚊アレルギーの猫もいますし、強い痒みが出てしまった場合、掻き毟ってしまうことで、脱毛や二次感染が引き起こされる場合もあります。フィラリア予防とあわせて、蚊取り線香を安全に使用できれば、愛猫と快適な夏を過ごせそうですね。愛猫が継続して大量のけむりを吸わないことを意識して、愛猫にとっても安全な方法で蚊取り線香を使用してください。

人気のキーワード