【一石二鳥】猫にも飼い主にも「良いこと」4つ。同時にストレス解消しよう♪

【一石二鳥】猫にも飼い主にも「良いこと」4つ。同時にストレス解消しよう♪

猫と暮らすと飼い主にも良い事が増えるとは聞きますよね!それでは具体的にはどのような部分なのでしょうか、見ていきたいと思います。

892view

1. ゴロゴロ音の効果

喉を撫でられる寝ている猫

猫のゴロゴロ音を聞いた事がありますよね?実はこのゴロゴロ音、猫が気持ちよい時に鳴らす場合と猫自身の不調を回復させるためにゴロゴロ鳴らす場合の2パターンあります。

飼い主の側に寄ってきて、気持ち良さそうにゴロゴロと鳴っている場合は、猫がリラックスしているため飼い主の気持ちも落ち着いて穏やかになります。

音だけではなく猫を撫でることで、ゴロゴロの振動と猫の被毛の柔らかさを手から感じられ、飼い主も猫も相乗効果が期待できます。ゴロゴロ音はヒーリング効果が大変高いのです。

2. 触れるとお互いにホルモンが出る

お互いに抱き合う猫と飼い主

猫と触れ合う事によって「飼い主が気持ちよい→猫も気持ち良い→飼い主が嬉しい→猫も嬉しい」という循環の輪が出来てお互いに愛情ホルモンが多く分泌され一石二鳥になります。

ただし義務感で撫でたり、面倒くさそうに触れるのでは効果が全くありません。なお直接触れていなくても、緊張の合間に猫の動画を見るだけでも、愛情ホルモンが出てリラックスできるそうです。

3. 日々の生活が健康的に!

ヨガをする人と猫

猫は元々夜行性ですが、人間と長く暮らしてきたので人間の生活パターンに馴染み、素晴らしい早寝早起きを実践してくれます。猫の目覚ましは苦痛が全くなく、逆に喜びになり気持ちよく起床も就寝も出来るようになります。

猫がいるから早く家に帰りたくなると、余計な無駄遣いも激減します。何が自分にとって大切で何が不必要なのか明確になるので、飼い主も日々の時間がますます充実し、居心地の良い空間が増えてくるでしょう。

4. 人間感関係がスムーズ!

縁側にいる人と猫

人間は他人へ「受け入れてもらいたい」と期待をするので、自分の思ったようには行動がなかなか出来ない事が多いでしょう。「嫌われてしまわないか?」「迷惑にならないか?」と考え始めると、迷宮に入り込んでしまう事もしばしばですよね。

しかし猫は相手からどう思われようと自分の思う通りに、後悔もせずにあるがままの姿で生きています。その潔い猫の生き方を見ると、いつの間にか飼い主は自分を飾らなくてもよい、出来ない約束は断ろうなどとシンプルに生きる勇気が湧いてきます。

猫の媚びない生き方は飼い主には人間らしく生きるためのお手本になります。ストレスをお互いに抱えないで生きることができるので一石二鳥ですよね!

まとめ

ラブ

【一石二鳥】猫にも飼い主にも「良いこと」4つ。同時にストレス解消しよう♪についてお伝えいたしました。

どの角度から見ても猫との生活は人間に良い事をもたらしてくれます。一石二鳥ではなく一石数鳥なのかもしれませんね。

スポンサーリンク