猫におやつをあげる良いタイミングってある?

猫におやつをあげる良いタイミングってある?

猫におやつを与えるベストな瞬間は決まっていないようです。それぞれの猫の性格や体調によって「おやつの定義」を考える方が良いでしょう。それでは様々なシチュエーションで考えてみたいと思います。

361view

定期的なおやつとして!

おやつを食べる猫

おやつはあくまでも間食です。おやつを間食として上手に摂取できるのであれば、毎日定期的に与えても良いでしょう。猫にとっても楽しみな時間になりますので、ぜひ喜ばせてあげてくださいね。

猫とのコミュニケーション手段として!

猫に手渡しするおやつ

猫と仲良くなるため、機嫌をとる為の手段としておやつを与えると効果があるでしょう。親しくなりたい猫や、今より距離感を縮めたい猫に対しておやつで挨拶をしてみたり、拗ねている猫や怒っている猫におやつを与えると機嫌も良くなるかもしれません。ただし同じ猫におやつを使いすぎると、効果は無くなってきます。

ご褒美として与えてみる!

注射をされる子猫

猫の苦手な事の一つに通院があるでしょう。捕まえるのに大騒動をし病院でも嫌がる事が多いですよね。ワクチン接種、病気の治療など病院タイムをちゃんと過ごせた後におやつを与えれば、次回ももらえると思い、少しは通院がスムーズになるかもしれませんね。

水分摂取が少ないと感じた時に与える!

ウエットフードを食べる猫

猫は元々水分を沢山摂らない動物です。しかしあまりにも飲み水を摂取していないのであれば、水分の多い物をおやつとして与えると良いでしょう。

通常の食事もドライフードだけではなく、たまにウエットフードを取り入れると、おやつ感覚で楽しんでくれるかもしれません。

おやつをあげる注意点

おやつを食べる猫

間食はあくまでも間食

「おやつ」は総合栄養食の食事時間を邪魔しないタイミングにあげ、必ず通常の食事が入るようにしましょう。本末転倒はいけません。

肥満を防ぐ

一日の総摂取カロリーに、与える予定のおやつのカロリーも含めましょう。総合栄養食のカロリーにプラスしておやつをあげては、カロリー摂取が過剰になります。特におやつはカロリーの高い物が多いので、注意してくださいね。

まとめ

みぃ・るぅ、くぅ

猫におやつをあげる良いタイミングってある?についてお伝え致しました。食欲には猫も人間も負けてしまいますよね。愛猫の性格や体調を知って幸せな気持ちになれる、的確なおやつを食べさせてあげたいですね。

スポンサーリンク