5分で出来る!愛猫ちゃんと一緒に食べられる♪簡単ヘルシー「スイートポテト」

5分で出来る!愛猫ちゃんと一緒に食べられる♪簡単ヘルシー「スイートポテト」

可愛い愛猫ちゃんと一緒に食べられるおやつです。材料があればチャチャっと5分で出来上がり!愛猫ちゃんだけでなく、子供にも大人にも美味しい&ヘルシーなので、一緒におやつタイムが楽しめますよ♪

207view

愛猫ちゃんのために作った手作りおやつ

舌を出す猫

我が家の子供たちは、市販のポテトチップスやクッキーが大好き。大人でもついつい食べ過ぎるお菓子を、子供が毎日おやつに食べていると、さすがに砂糖や脂肪の取りすぎが心配だし。家計にも結構響きます。そこで我が家のおやつによく登場するのが焼き芋。最近のサツマイモは、安納芋を筆頭にねっとりと甘いものが多く、焼き芋は、もはやお砂糖を使わない立派なスイーツと言ってもいいくらい。

子供のおやつに興味深々

子供のおやつに興味を示す猫

ある日、子供がおやつに焼き芋を食べていると、愛猫たちが興味深々に鼻をくんくん。猫はサツマイモを食べて大丈夫なのかな~?とインターネットで検索したら、加熱した状態でスプーン1杯程度ならOK。ただし、人間と同じで、サツマイモをのどに詰まらせないよう、注意が必要とのこと。それならばと、焼き芋を細か~く切ってそのままあげたところ、愛猫たちはたちまちぺろりと完食。我が家の愛猫のお芋好きは、子供たちと同じでした♪

せっかくなら、焼き芋を少しアレンジして、簡単おやつが作れたらいいなと思い、毎朝食べているギリシャヨーグルトと混ぜ合わせたところ、あっという間に、美味しい&ヘルシーなスイートポテトの出来上がり♪。ヨーグルトも、猫ちゃんに牛乳アレルギーがなければ、猫ちゃんがスプーン1杯程度食べても大丈夫な食材だそうです。我が家の愛猫たちは、焼き芋だけでなく、ギリシャヨーグルトも大好きになりました。

それでは、作ってみましょう

材料

材料

  • 焼き芋1本(安納芋や紅はるかなど、ねっとりと甘い焼き芋がおすすめ)
  • プレーンのギリシャヨーグルト1個(必ず、砂糖やフルーツソースが入っていないプレーンを使って下さい)
  • 口金と絞り袋(あれば)
  • アルミカップ(あれば)

作り方

1. 焼き芋の皮をむき、包丁で細かく刻んでボールに入れます
2. ギリシャヨーグルトをカップ半分程度、焼き芋を入れたボールに入れます。好みで量を調節して下さい

混ぜている所

3. スプーンで焼き芋をすりつぶすようによく混ぜ合わせたら出来上がり
4. 出来上がったスイートポテトは、そのままスプーンでお皿に盛りつけてもよいですが、ケーキのクリームを絞る口金があれば、可愛く盛り付けることが出来ますよ♪。絞り袋は、小さめのビニール袋の端を切って口金をはめれば代用できます。人間用は、アルミカップに入れて、トースターで焼いてみて下さい。

盛り付け

左が猫ちゃん用、右が人間用です。

注意点

大人の猫ちゃんに一回に与える量は、スプーン1杯程度にして下さい。

自分が食べる時は、好みではちみつやメープルシロップを加えて少し甘くしたり、シナモンをふったりして、トースターで2~3分焼いても美味しいです。ただし、甘さやシナモンを加えたスイートポテトは、猫ちゃんに与えないで下さい。

スイートポテトを作る際は、猫ちゃんにアレルギーや病気が無いかなどを、事前に獣医さんに相談してから、与えるようにして下さい。持病がある猫ちゃんや、牛乳とサツマイモにアレルギーのある猫ちゃんには、絶対に与えないで下さい。お子さんやご自分に牛乳やサツマイモアレルギーがある場合も、絶対に作らないで下さい。

愛猫たちの反応は!?

おやつを食べる猫

我が家の愛猫たちは、ギリシャヨーグルトを開けたとたん、おねだりの「にゃあにゃあ」声。5分待ってもらい、スイートポテトが出来上がってあげたとたん、あっという間にぺろりと平らげました!美味しそうに食べてくれるのはうれしいですね。

最後に

女の子と猫

愛猫の健康のためには、良質なキャットフードが基本。人間のフードは、猫ちゃんには必要ありません。でもたまには猫ちゃんが喜ぶおやつをあげたいですよね。簡単スイートポテトは、猫ちゃんとシェア出来る、手軽でヘルシーなおやつです。焼き芋とギリシャヨーグルトが好きな猫ちゃんなら、ぜひ一度作ってみて下さい。

スポンサーリンク