半分余った猫缶の上手な保存方法2つ

半分余った猫缶の上手な保存方法2つ

猫缶は水分も多く猫にとっても美味しい食べ物なのですが、一度で食べきれない事が多く保存をしなければならないでしょう。なるべくフードを良い状態で保存するにはどうしたら良いか考えてみたいと思います。

461view

1.猫缶のままフタをして冷蔵庫へ

缶詰にスリスリする猫

開けた使用中の猫缶のままフタをして、冷蔵庫で保存することが制作したキャットフード会社の推奨する方法です。フタは猫缶の大きさに合わせたプラスチック製の物やラップ類が良いそうです。冷蔵保存は長くても1〜2日、出来れば早いうちに使い切りましょう。

缶を開けたら冷蔵庫で保存

猫缶と猫

開けていない猫缶は常温保存が良いのですが、開けた猫缶は絶対に常温保存ができません。必ずフタをして冷蔵庫へ入れて保存し早めに使いましょう。1〜2日以上保存したフードは勿体ないですが破棄してくださね。

缶から別の容器に移す場合

冷蔵庫に飛びつく猫

缶のままで保存をするのに抵抗のあるときは、陶器製の入れ物がおすすめです。ビニールやプラスチックは匂いがウエットフードに移りやすいので、気まぐれで保守的な猫は食べてくれないかもしれません。冷蔵庫で保存した後は、電子レンジで少し温めて与える方が、嗜好性や猫の身体にも良いでしょう。

2.始めから小分けして冷凍

冷蔵庫に入る猫

猫缶を一度で使い切れない時や、少ししか食べさせないと分かっている場合は、始めから一度に食べる量を小分けにして冷凍保存をする方が良いでしょう。ウエットフードへ匂いの移りにくい入れ物が良いのですが、冷凍保存の場合はラップやジップロックなどが手頃な保存容器になります。

フードの劣化を最小限に

猫缶と猫

小分けする道具も清潔な物を使用し、フードの劣化を最小限に抑えましょう。冷凍保存後、使う時には冷蔵庫の中で自然解凍を行い、猫が食べる直前に少し温めてあげると良いでしょう。ただし冷凍を行うと猫の嗜好性は落ちやすいので、始めから大きな缶を購入しないようにする方が良いでしょう。

まとめ

ミミちゃん

半分余った猫缶の上手な保存方法2個についてお伝え致しました。以前、猫のドライフードをお得だからと2キロなどの大きな袋で購入し、最後の方は酸化して食べれないでやむを得ず廃棄した事がありました。真空パックを試みたこともありますが、ビニールの匂いが移るようで断念し、結局一番小さな単位の小袋を購入する事で落ち着きました。

愛猫にはいつでも新鮮で美味しい食べ物を食べてもらいたいですが、ウエットフードはドライフードに比較して高価になりますので、出来る事ならば保存したいのが本音ですね。

スポンサーリンク