3日間も壁に閉じ込められた子猫を救助。そして奇跡の生還!

3日間も壁に閉じ込められた子猫を救助。そして奇跡の生還!

3日前に煙突から落下したらしい子猫の救助に来たものの、煙突の中にも姿が見えません。弱っていた声も聞こえなくなりました。あれこれ迷わず力技で救出を試みます。

822view

姿が見えず鳴き声も聞こえない子猫

通報

子猫が3日前に煙突から落下し、暖炉脇の壁の中から鳴き声がしていると通報がありました。

保護団体Hope for Pawsはこうしたケースの救助活動で実績がありますが、肝心の子猫の姿が、煙突に下ろした小型カメラでも確認できません。

子猫の鳴き声もすでに消えてしまいました。

救出

一刻を争う状況で彼らが出した答えは、「壁を破って取り出す」という、思い切り直球の力業です!

家主の了解を取ると、躊躇なく暖炉横の壁に穴を開け広げていきます。ベニヤ板のような、比較的壊しやすい素材だったことは不幸中の幸いです。

そしてついに壁の向こうに子猫を発見!つまみ出すと「まだ温かい」。

けれど生死は確認できません。遅すぎたか…。

救助者2人に落胆の色が見えたその瞬間、「ミャア!」子猫が鳴きました!

小さな体で72時間、飲まず食わずの末の生還は奇跡的です。

すぐに少量の砂糖水を与え、病院へ急行します。

ケア

病院では、医師が朝まで付きっ切りで処置をしてくれました。名前はクリケットとしました。

回復

救出後2日目。まだ少しぼんやり顔。

3日目。目に力がよみがえったように見えます。あどけない…

4日目。まだ首と前足の器具が取れませんが、女性の髪で遊ぶ元気が出てきました。

そして数日後。早速、子猫の里親候補の夫婦が会いにきてくれました!チューブが取れたところがはげていますが、すっかり元気そうです。

出会い

里親に迎えられるだけでも幸運ですが、生命力の強いクリケットが引き寄せたのは、それだけではありませんでした。

最後は文句なしにかわいい動画をご覧ください。

「超絶危険」なHope For Pawsの動画記事を見ていただいている方は、お気づきかもしれません!見ていなかった方は、ボーナス動画記事をあわせてどうぞ↓↓

関連記事
【超絶危険】高速道路になぜ?走行車線の子猫をレスキュー!
【超絶危険】高速道路になぜ?走行車線の子猫をレスキュー!

子猫が高速道路の真ん中で発見され、保護活動団体が決死の救出作業を敢行しました。高速道路上で猫などを発見した際に、実際に私たちにできる具体的な方法もご紹介します。

  • 猫の保護・里親
  • 保護・里親

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

スポンサーリンク