歯が1本もない猫とエーラス・ダンロス症候群の猫に一目ぼれしたカップル

歯が1本もない猫とエーラス・ダンロス症候群の猫に一目ぼれしたカップル

歯が1本もない猫と、EDSというまれな疾患を持った猫がシェルターで終生のお家を提供してくれる人を待ち続けていました。

887view

シェルターでひとめぼれした猫たち

親友

6歳の短毛のトビーは珍しい病気にかかっていました。

そしてトビーの親友、白黒猫のクイントンはまだ7歳なのに歯が1本もありませんでした。

EDS

猫の世界では、“ネコ皮膚無力症”として知られるEDSと診断されたトビー。

EDS(エーラス・ダンロス症候群)は、体内のコラーゲンの量と構造に影響を与える遺伝性疾患です。

シェルター

2匹はRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)のシェルターで、数ヵ月間、里親が現れるのを待ち続けていました。

一目ぼれ

ジョージナとクリストファーは、RSPCAのWebサイトでトビーとクイントンを見つけました。

そして2匹に一目ぼれ!里親になる決意をしました。

面会

カップルは2匹に会いにシェルターに行きました。

タイミングの悪いことに、2匹ともその時はご機嫌が悪く、隠れてしまいました。

緊張

最終的には、クイントンが出てきて触らせてくれました。

でもトビーは初対面の2人に慣れず緊張したままでした。

7ヵ月後

7ヵ月後、2匹とも問題なくなつきました!

トビーはグルーミングが大好き。クイントンと遊ぶのも大好きです。

EDS

トビーの里親は、トビーがジャンプするのを最小限に抑えています。

なぜならトビーの疾患「EDS」が関節の問題を引き起こす可能性があるためです。

それに彼の体重は、垂れ下がった皮膚により通常よりも重くなっていて、今後負担になってくると考えられます。


その後の2匹の様子はインスタグラムでチェック!

https://www.instagram.com/tummyandgummy/

スポンサーリンク