老猫の安全のためにやるべきこと5項目

老猫の安全のためにやるべきこと5項目

老猫になると体の機能が衰え、事故などに遭う可能性も高まります。室内飼いだからと言って安心はできません。どうしたら老猫に、安全に過ごして貰えるでしょうか?その方法をお伝えして行きます!

448view

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

1. トイレや水の位置に配慮

水を飲む猫

老猫になると睡眠時間が増え行動範囲が狭まります。トイレや水は、老猫の寝床の近くに置いてあげた方が良いでしょう。老猫になると、粗相が増える場合もありますので、トイレが遠いと間に合わずに、もっと粗相してしまうかもしれません。また、トイレの入り口の高さが問題となってトイレを失敗することもあります。そのような様子が見られたら、入り口の高さが低いトイレに変えたり、トイレに入るためのステップを用意してあげましょう。

また、水の位置が遠いと億劫になり、水をあまり飲まなくなる可能性も。ただでさえできるだけ水を飲んで欲しいことが多い猫ですから、水は老猫が飲みやすい近くに置くに越したことはありません。老猫が行きやすい場所にトイレや水を配置しましょう。

2. 高いところには登れないように

キャッとータワーの上の猫

老猫になると高いところに登らなくなる傾向がありますが、もし高い場所に登った場合、転落の可能性が考えられます。若い猫ならばたとえ転落しても難なく着地できるでしょうが、老猫では着地に失敗し、ケガをしてしまうかもしれません。あまりに高いところには登れないように配慮しておく方が安全かもしれません。

ただ、老猫になっても高いところに好んで登りたがる場合は、禁止してしまうとストレスになってしまうかもしれません。その場合は高いところを禁止するのではなく、転落しても安全なように、周りにクッションなどを置いておくと良いでしょう。

3. 適度な明かりを

座る猫

老猫になると視力が弱まってきます。暗い場所では十分な視界が、確保できないかもしれません。老猫が過ごす部屋は真っ暗にせず、適度な明かりをつけておきましょう。猫の目にはタペタムと言う反射板があり、光の明るさを倍増させることができるので、そこまで煌々と灯さなくても大十分でしょう。

うすぼんやりとでも良いので、明かりを入れてあげると、老猫の視力をより確保できるので安全です。また、老猫でも白内障や緑内障にかかることもあるので、目のチェック(色の変化・曇りがないか、腫れていないか、左右差がないか、目やにや涙がないか、目を気にする様子はないか等)も怠らないようにしましょう。

4. 家具は移動しない

テーブルに手をかける猫

基本的に猫は、年齢に関わらず周囲の環境の変化を嫌がるもの。家具を移動してしまうと、猫が戸惑ってしまうことが考えられます。

視力が弱くなっていれば、家具が移動したことに気がつかずぶつかる場合も。どうしても必要な場合は仕方ないですがその場合も少しずつ移動させるなど、老猫を驚かさないような配慮をしましょう。なるべく老猫が過ごす環境は変えない方が無難です。また、猫のいつもの通り道に物を置いたりもしない方が良いですね。

5. 猫好みの環境にする

寝そべる猫

老猫になると好みがうるさくなることがあります。ベッドはこの素材じゃなきゃヤダとか、ご飯はこれじゃないと食べないとか、様々なこだわりが出てくるでしょう。

わがままを聞き過ぎる必要はありませんが、なるべく老猫が快適に過ごせる環境を整えるようにしてあげてください。不愉快な環境にいてストレスが溜まり、体調を崩す場合もありますので気をつけましょう。

まとめ

茶々

長い間一緒に過ごして、たくさんの思い出をくれた老猫。最期まで大切に、面倒をみてあげてください。世界に1匹しかいないあなたの猫を愛で包みましょう!

スポンサーリンク