猫の仕草でわかる『安心度』チェック項目5つ

猫の仕草でわかる『安心度』チェック項目5つ

猫と暮らしていて「本当に猫は安心してくれているのかな?」と感じたことはありませんか?言葉で会話できないからこそ、気になることですよね。しかし、猫の仕草から安心しているのかをチェックすることができるんです。

1348view

1.目を細めている、目が合うと閉じてくれる

目を細める猫

安心している時の猫の目は力が入っておらず、目を細めていたり、目がトロンとしていたりします。また、猫と目があった時に猫がゆっくりまばたきをしたり目を細めたりしてくれたら、それは信頼の証です!目をじーっと見つめるのは、猫のルールでは敵対を表してしまいます。猫が目を細めてくれたら、猫と同じようにゆっくりと目を細めてあげましょう!

2.お腹を見せる姿勢でくつろいでる

仰向けで寝る子猫

動物にとってお腹は急所です。そのお腹を見せてくつろいでいたら、とても安心しているということです。お腹を見せる姿勢は、仰向けのヘソ天と呼ばれる寝方が有名ですよね。他には、お腹を毛づくろいする時のような足を投げ出してお尻で座る姿勢もあてはまります。急所を見せられることに加えて、すぐに動き出せない姿勢ということも安心していることを示しているのでしょう。

3.すぐに動けない姿勢でくつろいでる

枕を使って香箱座りで寝る猫

うつ伏せで前足も後足も伸ばして寝ていたり、前足を折りたたんだ香箱座りをしているのも、リラックスや安心していることを示すとされています。何か起きても、足を伸ばしていたり、前足を折りたたんだりしている分、すぐに動き出せないことから、安心できる環境だと猫が感じている様子がうかがえます。

4.ゴロゴロ鳴く

あごをなでられる猫

猫がゴロゴロ鳴くのは甘えていたり、リラックスするときです。これは、母猫と子猫のコミュニケーションでも使われていて、甘えや安心感を伝えています。猫がそばに寄ってきたり、飼い主さんがなでたりした時にゴロゴロと鳴いているのは安心できるからでしょう。

ただし、猫は体調が悪い時やケガをしている時も、ゴロゴロと鳴いて落ち着かせようとすることがあります。

5.こちらにお尻を向けて座る

キジトラの後ろ姿

かわいい猫のお顔を見たいのに、こちらにお尻を向けてしまうことがあります。寂しいなと感じるかもしれませんが、これは飼い主さんを信頼して安心しているからする仕草です。背後は襲われる可能性が高い部分ですが、お尻を向けてくれるということは、危害をくわえない信頼できる人だと猫が心を開いていることを示しています。

まとめ

バロン

猫が安心している時の仕草をご紹介しました。目、姿勢、座り方、ゴロゴロ鳴く、お尻を向けるなどで猫が安心しているのかを知ることができます。

普段の猫がどう感じているのか、また猫を迎えた、引っ越しなど環境が変わった、お客さんが来たときなどいつもと違う状況の時に猫がどう感じているのかチェックしてみましょう!

スポンサーリンク