潔癖すぎると飼えないかも?猫のあるある汚損事件3つ

潔癖すぎると飼えないかも?猫のあるある汚損事件3つ

猫ちゃんと暮らすことは楽しい事ばかりでありません。家具などが汚れてしまう危険性が常につきまとうので、飼い主さんは注意していかなければなりません。

788view

猫を飼うと言うことは

キャットタワーの上の猫

「猫ちゃんを飼う」と考えると皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。楽しかったり癒される毎日を想像したりはしませんか。しかし、実際に一緒に暮らしてみると嬉しい事ばかりではありません。

生き物を飼う以上、どうしても家具などが汚されたりトイレ面などに向き合わあわないといけない場面が出てきます。ぜひ飼う前にどのようなことに注意したらいいのか、参考にしていただければと思います。

1. トイレ以外の場所で粗相する

トイレをする猫

猫ちゃんの体調面が原因でトイレが出来なかったり、別の場所で粗相してしまう場合があります。しかし、それとは別に体調的には問題がなくても、トイレの場所が、砂の形が気に入らないなどといった理由で別の場所で粗相してしまうのです。

床ならまだしも、布団の上や絨毯の上といったなかなか洗いにくい場所でされてしまうと大変です。心配でしたら猫ちゃんがそれらがある場所に入れないように飼い主さんが注意した方がいいかと思います。

また、遊び不足などの理由によりストレスが原因で粗相することもありますので、なるべく猫ちゃんとの時間をとるようにしていきましょう。デリケートな一面であるかのように感じますが、言葉が話せない生き物なので、逆にその仕草で猫ちゃんのストレス具合が分かるのでしたら、分かりやすい方といえるかもしれません。

2. 毛が舞う

ブラッシングされた猫

猫ちゃんと暮らしていると、どうしても家の中に毛が舞います。掃除が必要になる頻度が増えるのですが、それでも猫ちゃんを飼う前と比較すると、毛が舞うのは防げないかと思います。猫アレルギーやハウスダストなどによりアレルギー持ちであるならば、注意が必要です。

特に長毛種だと短毛種の猫ちゃんに比べて、毛の抜ける量が必然的に多くなります。換毛期の時期になるとさらに抜ける量が増えますので、毎日のブラッシングが欠かせません。正直、筆者自身の長毛種の猫ちゃんに関しては毛の抜ける量が多すぎて、毎日一回のブラッシングでは足りないなと感じていました。

一日数回する感覚で、なんとか換毛期を乗り越えたので、特に長毛種の猫ちゃんを飼おうと思っている方は気を付けて下さい。モフモフの毛に惹かれる気持ちは分かりますが、お世話はマメさが必要となります。

3. 高級家具に注意

爪とぎの上にいる猫

猫ちゃんは爪とぎする生き物です。爪とぎをすることによってストレスを発散したり、爪をちょうどよく研いだりしています。そのため猫ちゃんの好みの家具を発見されると、そこで爪とぎをされる可能性が高くなります。高級な家具がある場合は上からカバーをかけるなりして、対策を事前に立てておきましょう。

まとめ

吾輩は猫である。名前はまだ無い。

猫ちゃんを飼う事は可愛いばかりではないのですが、それでも一周回って猫ちゃんは可愛いです。上記の状況も事前にわかっていれば対策は立てられますので、それでも猫ちゃんを飼いたいという方はぜひ検討してみて下さい。

愛猫はお世話や愛情をした分だけ、飼い主さんにしっかり甘えてくれます。

スポンサーリンク