猫の手作りおやつレシピ♪『カボチャと秋鮭のハロウィン風クッキー』サクサク香ばしい秋の味覚を楽しもう

猫の手作りおやつレシピ♪『カボチャと秋鮭のハロウィン風クッキー』サクサク香ばしい秋の味覚を楽しもう

もうすぐハロウィンですね。猫と一緒にトリックオアトリートしたい飼い主さんに、旬の秋鮭を使ったカボチャクッキーはいかがでしょうか。カボチャと鮭が焼き上がる匂いは、つい人間も味見したくなるような香ばしさ。オーブンが無くても大丈夫、トースターで作れる簡単なクッキーのレシピです。

211view

愛猫のために作った手作り『ハロウィン風クッキー』

ハロウィンと言えばカボチャモチーフ、そしてお菓子ですね。そして秋と言えばこの時期、川に帰ってくる秋鮭も見逃せません。どちらも、どこかほっとする旨味を感じさせる淡いオレンジの食材たちです。

この時期ならではのハロウィンクッキーに仕立てたくなりました。猫にも食べられるおからをつなぎに使ったグレインフリーの猫用クッキーです。

猫のためのハロウィン風クッキーのレシピ

材料(クッキー4枚分)

材料一覧
  • カボチャ 10g
  • 無塩の生鮭 10g
  • おから 大さじ1
  • 焼き海苔 お好みで適量

作り方

① カボチャと生鮭を5分ほど蒸します。カボチャが柔らかくなるくらいに加熱できればレンジでもOKです。

蒸し器のカボチャと鮭

② カボチャと鮭を押しつぶすように混ぜ、おからを加えてよく練り合わせます。

生地を混ぜる

③ ②の生地をラップに包んで薄く伸ばし、お好みの型で抜きます。

型を抜く

④ アルミホイルを敷いた上に型抜きした生地を載せ、トースターで焼きます。

目安としては600w7分ほどで焼きあがりますが、サクサク感を高めたい場合は10分くらいまで延長しても大丈夫です。

焼く直前

⑤ 取り出してよく冷ましたら完成です。(※ハロウィン風のデコレーションをしたい場合は、あらかじめ海苔でパーツを切り出しておき、冷ましている間に載せましょう)

完成したところ

愛猫の反応は!?

手からあげられるおやつです。猫用おやつのCMのように、愛らしく手から食べてくれる愛猫、それを見てウフフって微笑む飼い主。そんな様子を夢見てワクワクしながら取り出しました。

以下、現実がこちらです。

両手を広げる猫

両手を広げて待ちかまえていてくれますね♪

パァァンからのGet

Get!!した後も、目線が抜かりなく手の動向を探っているところが最高にキュートです。

隠れ家に持ち込んでサクサクもぐもぐ堪能していました。

クッキーを食べる猫

独り占めできる場所で食べたくなるくらい、気に入ってくれたみたいです…!

まとめ

猫は主に嗅覚で食事を楽しむと言われています。カボチャと鮭が一緒に焼きあがる香ばしい香りは、作っているこちら(人間)も食べてみたくなるほどでしたので、猫にとってはたまらないんじゃないでしょうか。

カリっと焼けば2~3日は保存できそうなので、少し多めに作れば少しずつ楽しめそうです。スーパーで売られている切り身は塩を打ってある「塩鮭」が多いので、猫のための食材にはお間違え無きよう、必ず「生鮭」をお使いくださいね。焼き海苔も同様に、味付け海苔ではなく、プレーンな「焼き海苔」をお選びください。

今回、猫が食べても差し支えのない食材を選んではいますが、万が一にも食後に異常が見られた時は、ただちに動物病院を受診して、食べた食材の内容をお伝えください。

また、どのような食材にも猫によってはアレルギーの可能性があります。初めて与える食材は少量から始めて様子を見てください。特に子猫やシニア猫、持病のある猫や食事療法中の猫に手作りおやつを与えたい場合は事前に獣医師への相談が不可欠です。

猫は完全肉食動物ですが、少量の穀物や野菜は食物繊維の働きを期待して、レシピに取り入れる事があります。しかし、人間のように消化吸収はできないため、一度の食事で大量に与える事や、常食はお勧めできません。

本レシピは3つの材料で簡単にできるお菓子です。ハッピーなハロウィン、愛猫とも是非、楽しんでくださいね!

スポンサーリンク