猫を幸せに出来る飼い主が必ずしていること6選

猫を幸せに出来る飼い主が必ずしていること6選

共同生活をする時には人間同士でもお互いに嫌な事はしないように譲り合って生活をしますよね。猫が嫌がったり怖がったりする事を飼い主がしないようにすると猫は幸せに落ち着いて生活できます。

5013view

1. 猫のお世話は負担ではない

ブラッシングされる猫

当然と言えば当然なのですが日々のお世話が必要になります。猫は人間の子供と変わりはありませんので、ご飯の準備やトイレの掃除、部屋の掃除、おもちゃやネコグッズの購入など様々です。猫の健康を保つために、そして被毛が舞い飛ぶ部屋にしないためにブラッシングも必要です。お世話を負担に思わない飼い主は猫を幸せにできるでしょう。

2. 猫との距離感をしっかり保つ

距離を保って寝る猫

猫との距離感を保つのも猫を幸せにできる重要なポイントです。猫が自分から鳴いてきたりスリスリしたりしてきたときは、名前を呼びながら撫でる等のスキンシップを行ってあげましょう。スキンシップは猫の身体の異変を気付けるので猫を幸せにできます。過剰に猫を束縛をせずに適度に構ってあげる飼い主は、猫を幸せにできるでしょう。

3. 猫の居場所を作っている

キャットタワーに乗る猫

テリトリーを大切にする猫は人の側にいる事も好きですが、隠れ家にいる事も好みます。猫は静かで暗くて狭い所や高い所があると落ち着きます。同じように運動のできるキャットタワーや、ジャンプしたり飛び降りれる棚や家具の配置がされていると、猫は安心してリラックスして楽しめるでしょう。猫を幸せにできる飼い主は、大切な猫の居場所や陣地を用意しています。

4. 音や匂いに気を遣っている

手の匂いを嗅ぐ猫

猫が苦手な大きな音や強い香水やタバコなどの特殊な臭いを身につけないようにしていると、猫は安心できるでしょう。猫にとって危険な事や苦手な事を飼い主が知る事はとても大切です。

5. 猫と積極的に遊ぶ

女性がじゃらす棒で遊ぶ猫

猫は飼い主と遊ぶのが大好きです。合わせて一日15分ほど猫と遊ぶ時間をとると、猫を幸せにできるでしょう。追いかけっこをするもよし、おもちゃで遊ぶのも良し、愛猫の好む方法で好奇心を満たしてあげましょう。長生きする猫の多くは本能的な好奇心を忘れずに、大きくなっても良く遊ぶそうです。

6. 適切な時に病院へ行く

獣医師に連れていく飼い主

ワクチン接種や定期検診など、人間と同じように病院へ行くことは猫を幸せにする第一歩です。検診で猫の身体の癖を知れば、食事に気を付けたりサプリメントを摂取したり病気への予防ができます。愛猫の普段の様子を普段から知ることで、ちょっとした変化に気づく事ができ猫を幸せにできるでしょう。

まとめ

ちゃろ

猫を幸せに出来る飼い主が必ずしていること6選についてお伝え致しました。猫を幸せにすると飼い主自身も幸せになっている事に気が付きますよね。愛して暮らしていれば間違いなく、愛猫は幸せと感じていると思います!

スポンサーリンク