猫の不満が爆発する前に直そう!要チェック項目5つ

猫の不満が爆発する前に直そう!要チェック項目5つ

猫は不満を抱えている時さまざまな行動をとって、人間に不満を伝えようとしてくれます。一体どのような行動が「不満があるサイン」なのか、本記事で詳しく紹介していくので、猫を飼っている人は要チェックです!

1625view

猫がこんな行動をしていたら不満爆発前かも!?

怒っている猫

「シャー」「ウー!」といった唸り声を上げている猫は明らかに「怒っている」「不満がある」ということが見て分かりますが、実はそれ以外にも”猫が不満を感じている時に出すサイン”はいくつもあります。

今回紹介するような行動を猫がとっている場合は、不満が爆発する一歩手前の可能性があるので、猫を飼っている人はぜひ参考にしてみてください。

1. イカ耳になっている

イカ耳の猫

イカ耳とは、耳をやや寝かせたような状態のことを指します。耳を寝かせた姿がイカの形に似ていたり、怒りを感じている時に見せることが多いため「イカ耳」とよばれています。

嫌な場所を撫でられたり、しつこく追いかけまわされた時などは、このようなイカ耳になることがあるので注意が必要です。

2. しっぽを大きく振っている

しっぽを振る猫

しっぽを大きく左右にブンブンと振っている時も、不満を感じているサインです。「しっぽを大きく振る」というと、喜んでいる犬の姿をイメージする人も多いため「猫も喜ぶとしっぽを振るのかな?」と思うかもしれません。

しかし、猫の場合は犬とは真逆の意味でしっぽを振るため、くれぐれも「喜んでいる」と勘違いしないようにしましょう。

3. 飼い主さんのことをじっと見つめている

見つめる猫

猫が飼い主さんのことをじっと見つめている場合、何らかの要求をしている可能性があります。「お腹が空いたから早くごはんを用意してくれ!」「トイレが汚れたから早く掃除してくれ!」といった切実なお願いをしていることもあるので、猫の様子や身の回りの様子を観察して、猫が何を訴えているのか察してあげましょう。

4. ごはんをあまり食べなくなる

ご飯を残す猫

新しいごはんに切り替えて全く口をつけなくなった場合「これは好みのごはんではない!」という不満を抱えているのかもしれません。

猫の好みに合うような餌に変えてみたり、猫が好むトッピング(かつおぶしや猫用ふりかけなど)をかけて、食欲をそそる工夫をしてみましょう。

5. 粗相をする

粗相をする猫

いつもは猫用トイレで排泄をするのに、いきなり違う場所で粗相をしてしまった場合「トイレが汚れているから何とかして!」と訴えている可能性が考えられます。なので、まずはすぐに猫用トイレを綺麗にしてあげましょう。

それでも粗相をする場合は、何らかの病気の可能性もあるため、できるだけ早いうちに動物病院で診てもらうことをおすすめします。

まとめ

イカ耳の猫

猫は人間が思っている以上に繊細な生き物なので、不満やストレスが溜まってしまうと、それが原因で体調を崩すこともあります。

そのため、猫が不満を抱えているサインを見かけた時は、猫が何を感じているのかを察知し、適切な対応をするように心がけましょう。

スポンサーリンク