愛猫との別れから心を少し楽にするための方法4つ

愛猫との別れから心を少し楽にするための方法4つ

最愛の愛猫が亡くなってしまった時は、誰でも悲しい気持ちに暮れてしまうものです。今回はそんな方のために、辛い気持ちを少しだけ和らげる方法をいくつか紹介していきます。気持ちの整理をしながら少しずつ心の元気を取り戻しましょう。

1283view

愛猫とのお別れを乗り越える方法を紹介

猫の形をした雲

どんなに元気な猫だったとしても、いつかは必ずお別れの日がやってきます。もし、愛猫が亡くなってしまった場合、悲しい気持ちをすぐに消すことは難しいですが、それでもお別れを受け入れるためにできることならいくつかあります。愛猫とのお別れは辛いですが、その中でも心を楽にできる以下の方法をぜひ試してみてください。

1. たくさんの幸せを与えてもらったことに感謝する

猫と女性

猫が亡くなってしまった場合、飼い主さんによっては「自分がもっとちゃんと面倒を見てあげれば、長生きできたのかも…」と自分を責めてしまう人もいることでしょう。しかし、そのようなネガティブな気持ちを抱えているだけでは、愛猫とのお別れが辛くなるばかりです。

なので「愛猫がいてくれたおかげで、こんなに楽しい毎日を過ごせた」「愛猫とたくさんの思い出を作ることができた」といったような”感謝する気持ち”に切り替えてみましょう。愛猫に向けた感謝の手紙を書いて、気持ちを整理するのもおすすめですよ。

2. 無理をせず思いっきり悲しむ

悲しむ女性

どんなに明るく取り繕ったとしても、愛猫が亡くなってしまった悲しみはそう簡単に消すことはできません。そんな時は思いっきり泣いて、愛猫が亡くなったことを悲しむのもひとつの方法です。気持ちが落ち着くまで思いっきり泣いて、心の整理を行いましょう。

きっと天国の愛猫も「自分のことをこんなに愛してくれていたんだな」と感謝してくれることでしょう。

3. ペットを亡くしたことがある人に話を聞いてもらう

手を取り合う人

自分一人では悲しい気持ちを消化することができない場合は、ペットを亡くしたことがある人に自分の気持ちを打ち明けて、話を聞いてもらうのもおすすめです。

ペットを亡くしたことがある人なら、愛猫との別れがとても辛いということもよく分かってくれるでしょうし「自分はこのような方法でペットロスを乗り越えた」というアドバイスをくれる可能性もあります。それに、辛い気持ちを吐き出すことにより、心を少しだけ楽にすることができますからね。

4. からだと心をゆっくり休める

眠る女性

愛猫が亡くなった後は猫の葬儀を行ったり、遺品を片づけたりといった「やるべきこと」もいくつか出てきます。しかも、学校や仕事、家事といった日常生活の合間にこのようなことをしなくてはいけないため、心もからだも疲れが溜まりやすく気持ちも落ち込みやすくなります。

なので、無理をせずからだと心を休める時間を確保しましょう。可能であれば、学校や仕事を1日だけお休み・早退するといった対策も大事です。

まとめ

羽の生えた猫

愛猫とのお別れは避けられませんが、亡くなった後の立ち振る舞いや考え方によって、辛い気持ちをほんの少しだけ和らげることはできます。心が元気を取り戻すまで時間はかかるかもしれませんが、焦らずに少しずつ愛猫とのお別れを受け入れていきましょう。

スポンサーリンク