猫が心を許すのはどんな人?主な特徴5つ

猫が心を許すのはどんな人?主な特徴5つ

大抵の猫は警戒心が強く、特に初対面の相手には慎重に接します。心を開いてくれるまでは、時間がかかるかも。ですが、猫への接し方によって、心を開き易くすることはできるかもしれません。どんな特徴を持つ人だったら、猫が心を開いてくれるのか、チェックして行きましょう!

5188view

1. 優しく接してくれる人

優しい

「優しい人」は誰だって大好きです。もちろん猫も、優しく接してくれる人は大歓迎でしょう。優しく声をかけ、ナデナデしてくれて受け入れてくれるこんな人なら猫は心を許します。

猫は相手の気持ちを察するのが得意ですから、たとえ初めは警戒していても優しい気持ちを持っていれば、それを察して近寄ってくることもあります。猫には気持ちが見透かされると思って接した方が良いでしょう。

2. 怖がる事をしない

怖がる

猫が怖がる事をしないのも猫が心を許してくれる重要ポイントです。大きな音を立てる、急激な動きなどは猫が怖がります。なるべく静かに、ゆっくりと行動する事をオススメします。

保護したばかりの猫は体が汚れていて、シャンプーをしたい衝動にかられるかもしれませんが、水が苦手な猫にとって、シャンプーは地獄でもあります。体力の消耗も心配です。どうしても必要な場合は仕方ありませんが、猫がある程度慣れるまではペット用ウェットティッシュで拭くだけにするなどして、人に恐怖感を抱かないように注意しましょう。

3. お世話をしてくれる

お世話

猫は人の動きを良く見ていると言います。自分の身の周りのお世話をしてくれる人をしっかりと見極めて、懐いているようです。

ですから、猫に心を開いて欲しかったら猫のお世話を積極的に行うと良いでしょう。ご飯の用意はもちろんトイレ掃除、猫の体のケア、寝床の掃除などできることはたくさんあります。心を込めて、お世話してあげましょう。

4. 声が高く小さめな人

声

猫は声が低い男性よりも、声の高い女性に懐きやすいと言います。なぜなら低い声は猫にとって、威嚇や猫を襲う動物を連想させてしまうから。猫と接する時はなるべく声を高めにした方が良いようです。

また、大きな声よりも小さめな声の方が良いでしょう。猫は大きな音が苦手です。声も例外ではありません。ですから、高くて小さめな声で猫に接した方が心開いてくれ易くなるでしょう。

5. 猫のペースに合わせてくれる

ペース

猫は、自分のペースを大切にする生き物です。それを著しく乱されるとストレスを感じてしまうでしょう。犬のように人に従うのではなく、自分に従う動物ですので猫のペースに合わせてあげることが、大切です。無理に従わせようとすると抵抗され、ますます心を閉ざしてしまう可能性があります。猫の意思を尊重して、合わせてあげれば猫も快適さを感じて心を開いてくれることでしょう。

もちろん、尊重しすぎも良くありません。ダメなものはダメと、毅然とした態度で接することも時には必要となります。都合の良い人と猫に認識されないよう、ご注意ください。

まとめ

もも

筆者宅にいる猫の1匹は、元々近所にいた野良猫でした。出会った当初はまだ小さかったので心配になり、声をかけるなどしていましたが、最初は警戒されて逃げられてました。でも、ある時心が通じたのか猫の方から寄って来てくれたのです。その経験から、きっと猫を思う気持ちが通じたのだと思っています。

すぐには心を開いてくれなくても、猫に対する愛情を持っていれば必ず伝わると筆者は信じています。早く猫と仲良くなれると良いですね!

スポンサーリンク