猫が不安を感じているときにするべきこと5つ

猫が不安を感じているときにするべきこと5つ

猫が不安を感じていると、姿勢を低くしていたり隠れたり、どことなくオドオドしたような、そんな態度をとることがあります。そんな不安を和らげる為に、飼い主さんがするべきことは、一体何でしょうか?

2040view

1. 不安の原因を突き止める

不安そうな猫

なぜ猫が不安を感じているのか、その原因をまず、突き止めてあげましょう。猫が不安を感じるのは、「環境が変わった」「大きな音がする」「他の猫の存在」「分離不安」などです。

最近、家の中で何か変化したことはないか、近所で工事などをしていないか、庭に野良猫が現れるようになった、飼い主さんと離れるとそわそわするなど、どうして猫が不安なのか、探ってみてください。

2. 可能な限り原因を取り除く

物かげから見る猫

原因が分かったら、それを可能な限り取り除くようにしてあげましょう。引っ越しなどで環境が変わった場合は、猫の匂いがついたものを置いたり、フェリウェイというフェロモン剤を使ってあげると、安心することがあります。

特に気をつけたいのが、「分離不安」です。分離不安とは、飼い主さんの姿が見えないと猫が不安に陥ってしまう精神的な症状です。

外出するルーチン「バッグを持つ」「上着を着る」「鍵の音がする」などを見て、猫が不安になってしまうことがあるので、それらのルーチンを崩すなどの対策が必要となります。対策法はかかりつけ医に相談して、見つけると良いでしょう。

3. 猫が安心できる場所を作る

箱の中の猫

猫が安心できる場所が、家の中にありますか?猫は身を隠す場所があると、それだけでストレスが和らぐことが分かっています。段ボールなどで大丈夫なので、猫が落ち着ける隠れ家を、作ってあげましょう。

4. フェロモン剤を使う

眠る猫

先ほど少し登場しましたが、「フェリウェイ」というフェロモン剤を使うのも、猫の不安を和らげる方法です。

フェリウェイには猫の体から分泌されるフェイシャルフェロモンが含まれている為、フェリウェイを使うと猫がそれを感じて、安心できる材料になるのです。

例えば、移動する時や引っ越し先などにフェリウェイを使うと、それだけで猫が安心できる場所に早変わりします。コンセントに差し込む拡散タイプと手軽に使えるスプレータイプがありますので、1つ用意しておくと何かと、猫の不安を軽減するのに役立つでしょう。

5. 猫の匂いがついているものを置く

タオルにくるまる猫

いつも猫が下敷きにしているタオルや毛布、ベッドなど、猫の匂いが染み付いているものを置いておくと、それだけでも安心してくれます。

初めて行く場所などに持って行ってあげると良いでしょう。引っ越しをした時は、家具を一新したい気分になりますが、猫のものに関しては、今まで使っていたものをそのまま使用した方が安心しますので、猫目線で考えてあげましょう。

まとめ

仔猫たち

猫はストレスに弱い生き物なので、あまりに不安を感じると体調を崩す原因にもなってしまいます。猫の様子がいつもと違うと思ったら、なぜそうなのか原因を探してあげましょう。

そして適切な対応をすることで、いつものマイペースな猫に、戻ってくれるでしょう。

スポンサーリンク