猫が抱っこさせてくれる人とさせてくれない人の違い4つ

猫が抱っこさせてくれる人とさせてくれない人の違い4つ

ふわふわでやわらかい猫、抱っこしたくなりますよね。しかし、抱っこされることを許す人と、抱っこお断りな人がいるんです。猫が抱っこされる時にどのように人を選ぶのかまとめました。

2857view

1. 猫との信頼関係の有無

人の横に座る白茶猫

猫を抱っこする際に重要なことは、猫との信頼関係です。初めて会う人、おうちに猫を迎え入れて間もないときは、どんな人でも抱っこをさせてくれない可能性があります。また、家族の中でも普段猫と接しないという人は、猫が抱っこをさせてくれないことが多いでしょう。

警戒心が強いなど猫の性格も影響します。我が家の猫は警戒心が強いため、普段あまりふれあわない家族が抱っこすると、とても嫌がってしまいます。

どんなに信頼関係ができていても、動物病院に連れていった、薬を飲ませた、お風呂に入れたなど、猫が嫌がるイベントの直後は、抱っこを断られてしまうことが多いです。猫のためにしたことなのに、ちょっと悲しいですよね。

2. 抱っこをするタイミング

頭をなでられる猫

猫を抱っこするタイミングの見極めができないと、抱っこを嫌がられてしまいます。猫がリラックスしている時や、体をなでて落ち着いたところを狙うと、抱っこさせてくれる可能性が高いです。

猫が遊んでいる時、ごはんを食べている時などに抱っこすると猫が嫌がります。また、抱っこできても、しっぽを叩きつけるように振ったら、イライラをアピールしているので、抱っこを終わりにしてあげましょう。

3. 猫が嫌いなニオイの有無

たばこを吸う人と猫

猫は強いニオイが苦手です。香水やタバコのニオイなどがする人には、猫は近づかないことがあります。猫と触れ合うとあらかじめ分かっているときは、ニオイがするものは控えたほうが良いですね。我が家の猫も、タバコのニオイがする家族の抱っこはお断りのようで、すぐに逃げてしまいます!

4. 抱っこの仕方の好き嫌い

抱っこされる猫

猫が自然に生きている状態では「抱っこ」はないので、抱っこされることがとても不安に感じます。なので、正しい抱っこができない人には、抱っこさせてくれないことが多いでしょう。

猫を抱っこするときは、お尻を支えて優しく抱っこします。力が入りすぎていたり、仰向けに抱っこしようとすると嫌がるので注意しましょう。抱っこに慣れたら、たってみたり、歩いてみたりすると、高い位置からまわりを見下ろせることができるので、猫が喜びます。

まとめ

抱っこされる耳折れの猫

猫とふれあえる機会があれば抱っこしたいですよね。猫を抱っこしようとしたら逃げてしまったという経験がある方は、多いと思います。抱っこさせてくれる人との違いが気になりますよね。その違いは、信頼関係、抱っこするタイミング、ニオイ、抱っこの仕方などです。

初めて会う猫を抱っこするときは、猫がリラックスしているタイミングや、抱っこの仕方に注意してみてください。抱っこOKな人、NGな人の違いを知って、猫と仲良くなりましょう!

スポンサーリンク