猫もお月見気分♪『ヨーグルトの月見団子&おイモのお月さま』手作りおやつのレシピ

猫もお月見気分♪『ヨーグルトの月見団子&おイモのお月さま』手作りおやつのレシピ

2019年の中秋の名月は9月13日。お月さまだけじゃなく、猫さまにもお供えできる、お団子とおイモのレシピです。お団子は水抜きヨーグルトを使い、濃厚ながらも喉越しはスムーズに。サツマイモと卵黄の黄色いお月さまを添えて、猫と一緒にお月見を楽しみましょう!

384view

愛猫のために作った手作り『月見団子とおイモのお月さま』

お月さまの下で淡く光る白玉のお団子は、どうしてあんなに美味しそうに見えるのでしょうね。

是非、愛猫とも味わいたいものですが、もちもちしたお団子が喉に詰まっては大変ですので、ふわふわの水抜きヨーグルトを片栗粉で湯通しして、雰囲気だけでも近づけてみました。

お月見といえば、もうひとつ。古くは、この時期にとれるサトイモやサツマイモをお月さまにお供えし、無事の収穫を感謝するものでした。今でもお月見にサトイモを食べる風習が残る地域も多く、中秋の名月は芋名月とも呼ばれます。

また、”月見”といえば料理の中の卵黄も放っておけません。

サツマイモと卵黄は、どちらも猫ちゃんが食べたがることの多い食材。カロリーが高いので普段はあまりあげられませんが、お月見ですから特別に、ほっくり黄色い小さなお月さまにして添えました。(※あくまでおイモはオマケです。嚥下力に自信のない猫ちゃんは、念のためにお控え下さい)

猫のための月見団子とお月さまのレシピ

材料(1食分)

材料一覧

団子

  • 水抜きヨーグルト(無糖) 大さじ1
  • 片栗粉 適量

お月さま

  • サツマイモ 少量(1.5cm角程度)
  • ゆで卵の卵黄 小さじ1程度
  • オリーブオイル 適量

作り方

① ヨーグルトは冷蔵庫で1~2日かけて、固めに水抜きしておきます。

② 水抜きヨーグルトをトリュフを作る時のようにスプーン2本で小さく丸め、薄く片栗粉をまぶします。

団子まるめる

③ 煮立ったお湯にさっとくぐらせ、すぐに冷水で冷やします。

団子を湯通し

④ 茹でたサツマイモとゆで卵の黄身をすりつぶし、オリーブオイルをで少し垂らしたスプーンで混ぜ合わせます。

⑤ ヨーグルトのお団子を盛りつけ、丸く型抜きした④を添えて完成です。

完成したところ

▲完成!▲

愛猫の反応は!?

真っ先に、ヨーグルトのお団子に取り掛かりました。舌のざらつきを最大限に利用して口に運びます。

お団子を食べる

口の中でお団子が潰れた瞬間の「すっぱい!!」というような表情といったら!

猫の味覚では、酸っぱいものを忌避する野生の本能がはたらくはずなのですが…。脂肪分に惹かれてか、不思議とヨーグルトを好む猫は多いようです。

乳酸菌は猫の腸内細菌とも良い仕事をしてくれるので、Win×2な関係ですね。

すっぱい顔

サツマイモもうまうまと平らげました。途中、上あごにくっついて、しきりに「むっちゃむっちゃ」しておりましたが、お味自体は気に入ってくれたみたいです。

おイモを食べる

おイモも卵黄も、人間でもたまにむせてしまう代物ですので、猫に与えるときは、しっとり加減に気を付けて、あまり押し固めないようにして下さいね。

まとめ

個体差はありますが、猫の胃袋の容量はだいたい牛乳瓶1本程度(180ml~240ml)程度。そのため、猫用のレシピは人間用に比べて、ほんのわずかな量しか使いません。

今回のレシピで残った「茹でサツマイモ・茹で卵・水抜きヨーグルト」は、全部混ぜて塩コショウとマヨネーズで和えると人間用のポテトサラダにもなります。

人間用サラダ

ほのかな甘味とさっぱりした酸味のコントラストが美味しいので、こちらも併せてお試し下さいね。ヨーグルトを水抜きした後のホエー(乳精)も適度に入れるとパサつきすぎず、お好みの固さに調節できますよ

今回、猫が食べても差し支えのない食材を選んではいますが、万が一にも食後に異常が見られた時は、ただちに動物病院を受診して、食べた食材の内容をお伝えください。

また、どのような食材にも猫によってはアレルギーの可能性があります。初めて与える食材は少量から始めて様子を見てください。特に子猫やシニア猫、持病のある猫や食事療法中の猫に手作りおやつを与えたい場合は事前に獣医師への相談が不可欠です。

猫は完全肉食動物ですが、少量の穀物や野菜は食物繊維の働きを期待して、レシピに取り入れる事があります。しかし、人間のように消化吸収はできないため、総量が小さじ1杯を超えないようにして、常食はお避け下さい。

おやつはあくまで猫と飼い主の心の栄養です。体の栄養は日常食のフードでしっかり摂取していきましょう!

スポンサーリンク