埼玉にある「彩湖」は『さくら猫』の天国だった

埼玉にある「彩湖」は『さくら猫』の天国だった

地域には特定の飼い主がいないが、地域の認知と合意で共同飼育されている猫を「地域猫」。その地域猫を避妊手術している印として耳の先端をカットしている猫を「さくら猫」といいます。今回はそのさくら猫の憩いの場を紹介します。

510view

埼玉の湖「彩湖」とは?

河川敷

埼玉には意外と多くの湖があります。狭山湖、宮沢湖とマイナーながらも素晴らしい景観の湖が数多くあります。その中でも一時期有名になった湖が埼玉にあります。それが「彩湖」です。

オリンピック会場の候補になった湖

東京オリンピックのボート、カヌー会場に選ばれそうになってたのがこの彩湖でした。
結局落選してしまいましたが、全国的に彩湖の名が知れ渡ったのは事実だと思います。

ベンチで寝る猫

彩湖は地域猫(さくら猫)の憩いの場

そんな彩湖ですが地域猫たちの憩いの場としても有名です。
全体的にいるわけではありませんが、一部に猫スポットがありそこに集中しています。
ボランティアの方が世話をするエリアがあってそこをメインで生息しているみたいです。
主に駐車場に集中しているようで、特に北駐車場に多く集まるそうです。

猫たちの印象

ボランティアの方たちがお世話をしているおかげか、猫たちは毛並みがきれいで極度にやせ細っているような子は見かけませんでした。ちゃんとしたキャットフードを与えているみたいなので健康面も良好みたいです。

ケガをしている個体もいないみたいで、猫同士も仲がいい個体が多いようです。
基本は野良なので警戒心は強い傾向にありますが中には近づいて頭をすりすりしてくる子もいます。こちらから近づいても逃げない子も。もしかしたら元飼い猫なのかもしれません・・。

ベンチであくびをする猫
目をつぶっている猫
大あくびをする猫

アクセス

武蔵浦和駅から車で13分ほど
武蔵浦和駅から彩湖道満グリーンパークまでバスが出ていますのでそちらを利用しても良いですね。

まとめ

彩湖は有名なレジャースポットです。休日には多くの人が訪れます。多くの人が訪れると勿論なにかしらの問題は出てきます。

中には猫たちがかわいいからと言って勝手にえさをあげたりする人たちがいますが絶対にやめてください。決められた餌をあげているのにいつもと違う餌をあげてしまいますと猫たちの健康面に支障が出る危険があります。

彩湖に行く際には、ゴミはきちんと持ち帰るようにしましょう。ビニールやプラを猫たちが食べてしまい思わぬ不幸を招いてしまう可能性がありますので、レジャースポットとして猫たちにとってきちんとしたマナーを持って彩湖に訪れましょう。

スポンサーリンク