猫を撫でて『シャー』と威嚇される5つの理由

猫を撫でて『シャー』と威嚇される5つの理由

猫を撫でている時に「シャー」と威嚇されるのは、ちょっぴり悲しい気持ちになりますよね。そこで本記事では、猫に威嚇されてしまう理由や、威嚇されないためのコツを紹介していきます。なぜかいつも猫に威嚇されてしまうという人はぜひ参考にしてみてください。

901view

こんな行動は猫に威嚇されてしまうかも!?

威嚇する猫

「ニャーン」といって猫に甘えてもらいたいと思っているのに、なぜかいつも猫に「シャー」と威嚇されてしまう…。そんな悩みを抱えている人はもしかしたら無意識のうちに「威嚇されるような行動」をとっているのかもしれません。

猫はどのような行動を嫌い、なぜその行動を嫌がるのか、理由とともに解説していくので、ぜひ猫とスキンシップをとる時の参考にしてみてください。

1. 大きな音を立てながら猫に近寄って撫でようとしている

威嚇する猫

大きな足音を立てて猫に近寄るような人に対して、猫は恐怖を覚えてしまいがちです。可愛い猫に早く近づきたい!という気持ちは分かりますが、まずは「猫を怖がらせないこと」を最優先にして、少しずつそっと近づくようにしましょう。

2. 猫の目を見つめ続けながら撫でようとしている

猫を見つめる女性

人間同士の場合、相手の見つめるのは「好意」に繋がることもあります。しかし、猫が相手の場合は「好意」ではなく「敵意」を意味してしまうのです。喧嘩寸前の猫同士をよく観察してみると、お互いに目をじっと見つめ合っていることが分かります。

猫の目を見つめてしまうと「お前のこと警戒してるぞ!」と伝えていることになってしまうので、威嚇されてしまうのも仕方ないですよね。なので、猫の目を見つめないで、目以外の場所を見るようにしたり、ゆっくりとまばたきをして、敵意がないことを表しましょう。

3. 猫を見下ろしながら撫でようとしている

嫌がる猫

猫よりも遥かに体の大きい人間に上から見下ろされると、猫は威圧感を覚えてしまい、抵抗するために威嚇してくることがあります。

つい無意識のうちにやってしまいがちな行動ですが、猫の目線で考えたら怖がって威嚇しまうのも納得できますよね。猫と接する時は、できるだけ猫と同じ目線、もしくは猫よりも低い位置に行ってコミュニケーションをとるようにしましょう。

4. 大声で話しかけながら撫でようとしている

鳴く猫

猫は大きな足音だけでなく、大きな声も苦手です。なので、できるだけ声のボリュームを抑えて、小声で話すようにしましょう。ちなみに、猫が低い音よりも高い音を好む傾向にあります。そのため、猫に話しかける時はなるべく「高い声」を意識するのも重要なポイントです。

5. 無理やりスキンシップをとろうとしている

にらみつける猫

猫に限った話ではなく、人間同士でもそうですが、相手が嫌がっているのに無理やりスキンシップをとろうとするのは嫌われる原因になりますし、威嚇されるのも当然です。

猫は警戒心の強い生き物なので、猫と仲良くなりたいのであれば、自分から触ることは一切せず、まずは猫のほうから寄ってくるのを待ってみましょう。一見遠回りな行動のようにも思えますが、実はこれが猫と仲良くなるための大きな秘訣なのです。なので、ぜひ試してみてください。

まとめ

にらみつけている猫

猫に威嚇されるのにはきちんとした理由があります。その理由を理解したうえで、猫との接し方に注意すれば、きっと猫の反応も変わってくるでしょう。

スポンサーリンク