なぜ?猫が箱に入りたがる5つの理由

なぜ?猫が箱に入りたがる5つの理由

猫と言えば箱、箱と言えば猫(?)。それほど、両者の間には密接な関係があります。ぴっちりサイズの箱にきゅうきゅうになって収まる猫の姿は、もはや猫の代名詞と言っても過言ではないでしょう。でもなんでそんなに、箱に入りたがるのでしょうか?

863view

1. 身を守っている

箱から顔を出す猫

どうしてそんなに、箱に入りたがるかって?それは、箱にすっぽりと身を包めば、ダレにも襲われないからにゃ。とおっしゃってマス。

体全体を箱に囲まれていれば、いくら強敵でも猫を襲う事は中々、出来ないですよね?(正面から狙われれば、攻撃が直撃しそうな気がしなくもないですが)てな訳で、猫は箱にすっぽりと、入りたがるのです。

2. 自分の世界に浸りたい

箱の中の猫

自分の世界に浸り、誰にも邪魔されたくない時も、箱にIN!箱に囲まれて安心しつつ、1匹の気ままな時間を、満喫します。

もし猫が箱に入ってボ〜ッとしていたら、自分の世界に入り込んでいる可能性が。可愛い姿につい構いたくなってしまいますが、そ〜っとしておいた方が喜ばれるかもしれません。

3. 何があるか確認している

箱からしっぽを出す猫

箱の中に、何か獲物がいないか確認するのも、猫が箱に入りたがる理由の1つです。野生では、小さなほら穴や木のウロなどに、獲物が隠れている事があるからです。

なので、見慣れない箱を見ると、本能が働くのでしょう。とりあえず入って中を確認して、もし何もなければそのまま寝床にしたり、居心地がイマイチなら、興味を失います。

新しい箱があると必ず1度は入ってみるのは、そんな訳があるのですね!

4. 体にフィットしてるのが好き

箱の中の猫

猫はジャストサイズの箱が大好き。やはり、体をぴったり囲まれていると、安心するようです。場合によっては、体よりも明らかに小さな箱に、ギチギチに収まる場合も、ありますね。

一見苦しそうですが、どうも猫は安心してるみたいです。たとえぷよぷよのお肉がはみ出ていようと、引っ張られて変顔になっていようと、そのままにしておいてあげてください。

5. 家の中が寒いから

箱の中の猫

人は24度、猫は30度〜38度が快適に感じると言われています。つまり、人が快適に思う温度は、猫には少々寒いのです。その為、暖を取るために、箱に入りたがるという可能性も。

段ボール箱は特に、保温性があって温かく、過ごせますからね!ぬくぬくと過ごせてしかも、体全体が囲われて安心できる箱は、猫にとって母猫に守られているのと、同じ感じなのかもしれません。

まとめ

さくら

猫が箱に入りたがる理由、いくつかありました。野生では猫は、穴に入って過ごす事があります。家には穴がないので、箱が穴の代わりになります。猫にとって箱は、野生の血を思い起こさせるものなのかもしれません。

スポンサーリンク