猫の手作りごはんレシピ♪暑い季節にさっぱりと『白身魚とトマトのゼリー寄せ』で美味しく水分補給!

猫の手作りごはんレシピ♪暑い季節にさっぱりと『白身魚とトマトのゼリー寄せ』で美味しく水分補給!

水分補給を兼ねた低カロリーのひんやりおやつです。材料を加熱してゼラチンを溶かし、冷やすだけの簡単レシピ。白身魚と夏野菜のゼリーは見た目も涼しく、出汁の香りが食欲を刺激します。夏の暑さに飽きた愛猫に是非!

569view

愛猫のために作った手作り『ゼリー寄せ』

暑いと食欲がわかない時ってありますよね。猫もおんなじで、食べないわけではないのだけれど、いまいち食べ方に勢いがなくなってしまう子もいるようです。ごはんやおやつは猫にとって大きな楽しみの一つ、せっかくなら美味しく楽しんでもらいたいですよね。

我が家の猫は暑くても関係なくガツガツしていますが、人間用の晩酌のアテに作った煮凝りに興味を示していたので、猫には好物のお魚を、ひんやりとしたゼリーで固めてみました。夏場に不足しがちな水分も補給できてカロリーも控え目です。

猫のためのゼリー寄せのレシピ

材料(2~3食分)

材料一覧
  • 白身魚 少量
  • トマト 少量(ミニトマト1個)
  • 水100ml
  • ゼラチン3g
  • かつおぶし (香りづけ程度)

作り方

① 白身魚とトマトを細かく刻みます。

② 鍋にゼラチン以外の材料をすべて入れて煮立てます。

鍋で煮ている様子

③ 火を止めてゼラチンをよく溶かし込みます。

④ 型に流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

⑤ 3時間ほどして固まったらお皿に盛りつけて完成です。

完成したところ

愛猫の反応は!?

実際に食べてもらいました。写真がブレブレになるほどの勢いです。口の中でゼリーを転がす感触を楽しんでいるようにも見受けられました。

がっついている

食べ尽くした後も、いつまでもお皿を舐めていましたので、とっても気に入ってくれたみたいです!

お皿を舐める

我が家の猫はトマトジュースが好きなので、今回トマトを使いましたが、勿論抜いても大丈夫ですし、ブロッコリーを細かくして入れたり、白身魚の代わりに細かくしたササミなんてのも良いですね。

愛猫ちゃんのお好きなものをひんやり美味しく固めちゃいましょう!

まとめ

当初、ゼリーみたいになったら可愛いかな、とシリコンのマフィン型で固めてみたのですが、うまく離型せず、上記の画像のようにジュレ状になってしまいました。

試しに、プルンと型から外れるくらいの固さでも作ってみたのですが、そちらは猫が齧るのに苦労していました。やはり適当な器で固めて、一食分をスプーンでほぐしながら盛り付けてあげるのが一番食べやすいようです。

魚もゼラチンも、猫が好む風味の良質なたんぱく質ですが、傷みやすいので早めに使い切りましょう。猫が食べても差し支えのない食材を選んではいますが、万が一、食後に異常が見られた場合にはただちにかかりつけの動物病院を受診してください。

また、どのような食材にもアレルギーの可能性があります。初めて与える食材の場合は少量から始めて様子を見てください。特に子猫やシニア猫、持病のある猫や食事療法中の猫に手作りおやつを与えたい場合は事前に獣医師にご相談下さいね。

スポンサーリンク