体が大きい猫の種類4選

体が大きい猫の種類4選

体が大きい品種の猫というと「メインクーン」などが有名ですが、実はそれ以外にも大型の品種の猫がたくさんいるのをご存じでしょうか。今回は代表的な大型猫の品種について詳しく紹介していきます。

984view

存在感が大きい!大型猫の種類を紹介!

ノルウェージャンフォレストキャット

存在感が大きくて、穏やかな性格の猫が多い大型種の猫。今回はそんな「癒しのオーラ」が満載な可愛い大型猫を紹介していきましょう。これを見たら大きくてモフモフな大型猫の虜になってしまうかも!?

1.メインクーン

メインクーン

メインクーンは「イエネコの中で最も大きい品種」といわれている大型猫です。平均体重はオス猫で約6~8kgほどあり、大きなオス猫だと体重が9kgを超えることも珍しくありません。モフモフの毛が特徴的な長毛種で、四角っぽい顔出ちをしています。

性格は非常に穏やかで、さまざまな生き物や人間とフレンドリーに接する猫が多いです。その温厚な性格からメインクーンは「穏やかな巨人」と呼ばれることもあります。

2.ラグドール

ラグドール

ラグドールは、ペルシャ猫を品種改良して誕生した大型猫です。ブルーの美しい瞳や、上品なポイントカラーが特徴的な猫になっています。平均体重はオス猫だと約6~9kgほどあり、成猫になるにつれてずっしりと重たくなります。

落ち着いた性格で、人懐っこい傾向にあります。抱っこされてもじっとしている子が多いので”ぬいぐるみ”という意味を持つ「ラグドール」が命名されたといわれています。

3.ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットは北欧出身の大型猫です。雪国出身の猫なので、寒さから身を守るためのモフモフな毛が生えています。平均体重はオス猫で約5~7kgほどあり、大型に分類できる品種といえるでしょう。ただし、からだが完全に成長するまで時間がかかる傾向にあり、生まれてから約3~5年もの年月をかけて徐々に大きくなっていきます。

性格はとても穏やかで、好奇心旺盛な子が多いです。フレンドリーな一面も持っているので、多頭飼いするのにも向いているでしょう。

4.サイベリアン

サイベリアン

サイベリアンはロシア出身の大型猫です。メインクーンに近い血統の猫ともいわれていますが、詳しいルーツについては分かっていません。平均体重はオス猫で約4~9kgkgほどあります。ノルウェージャンフォレストキャットと同じく寒い地域出身の猫であるため、もふもふの長毛に覆われています。また、筋肉質でがっしりとした体格も特徴的といえるでしょう。

性格は温和で、我慢強い傾向にあります。ただし、警戒心が強い一面もあるため、飼い主さん以外の見慣れない人が来た時に怖がってしまうこともあるようです。

まとめ

マミ

大型の猫は大きいゆえに一見怖そうに見えるかもしれませんが、実は温厚で優しい性格の子がたくさんいます。初めて猫を飼う人にもおすすめできる品種がたくさんいるので、ぜひこれから猫を飼う人は大型猫も検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク